システム センター構成マネージャーで現在の分岐、1602年のバージョンでの変更の概要

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3168240
概要
システム センター構成マネージャーの現在の分岐のバージョン 1602年には、問題を回避して、機能を向上させるためのもので、多くの変更が含まれています。このリストは、すべての変更が含まれていないが、代わりに、製品開発チームでは、広範な顧客ベースに最も関係があると認識している作業をキャプチャします。これらの変更の多くは、製品の問題と製品の改善のためのアイデアについてお客様からのフィードバックの結果です。更新 1602年は、階層の最上位のサイトにインストールされているコンソールの更新プログラムとして使用できます。詳細については、 システム センター構成マネージャーから 1511年に 1602年のバージョンを更新するためのチェックリスト.

修正される問題

クライアント

  • 時、 利用状況データからユーザー デバイス アフィニティを自動的に構成します。 クライアントの設定になっています。 No、まだ保留中のユーザー関係を生成することを示す状態メッセージです。クライアントでは、この状態メッセージが存在することでにクライアントの設定を変更した場合、将来的に更新を送信できません。 [はい].クライアント上の UserAffinity.log ファイルには、以下のようなメッセージが記録されます。
    同じ状態メッセージの存在を参照してください。(前に送信された)ユーザーの同じ状態のメッセージの送信をスキップ 'ドメイン \ ユーザー名'

  • クライアントのインストールに失敗します 修正プログラム = パラメーターが使用され、パスには名にスペースが含まれます。これは、文字列全体が引用符で囲まれている場合でもに発生します。クライアント上の ccmsetup.log では、以下のようなエラーが記録されます。次の例では、「C:\Temp\Test パス」のパスをを使用します。
    パッチ 'C:\Temp\Test' にはアクセスできません。


  • Configuration Manager 2007 の現在の分岐結果 Windows Embedded オペレーティング システムの再起動の構成マネージャーにクライアントをアップグレードしています。これは、.NET Framework の前提条件がインストールされている場合でも、 /norestart パラメーターを使用するとします。埋め込まれたクライアント上の ccmsetup.lof ファイルには、以下のようなメッセージが記録されます。
    システムをメンテナンス モードでは、クライアントには、セットアップを完了して再起動が必要なために、再起動を強制することです。
    Ccmsetup.exe は、再起動を強制的に指定されています。コンピューターを再起動します。
    CcmSetup は、7 のリターン コードで終了します。

  • 別のイントラネットおよびインターネット接続の管理ポイント (INF MP) を使用している構成マネージャー サイトのイントラネット クライアントが自動アップグレード プロセス中に INF MP を接続しようとするされます。これは、イントラネット クライアントは、Active Directory と通信できない場合に発生します。Ccmsetup.log ファイルには、以下のようなエラーが記録されます。
    サイト 'PRI' の AD から MP の 0 のレコードを取得します。
    GetADInstallParams が 0x87d00215 で失敗しました。
    クライアントから MP を検索
    INF MP 'https://infmp.contoso.com' が見つかりました
    割り当てられた MP 'https://intranetmp.contoso.com' が見つかりました
    2 を検出、クライアントから MP(s)。
    使用可能な場合に HTTPS を使用するクライアントが設定されています。現在の状態は、480 です。
    Ccm のメッセージの応答を受信できませんでした。ステータス コード = 403
    MP エラー 0x80004005 のためには、' https://infmp.contoso.com' からのサイトのバージョンを取得できませんでした。

  • マシン ポリシーは、そのコンピューターのオペレーティング システムのイメージが再作成した後、既存のクライアントに削除可能性があります。これは、すべてのポリシー ファイルがダウンロードされ、処理される前に、SMS エージェントのホスト、クライアント サービスが再起動された場合に発生します。PolicyAgent.log ファイルには、以下のようなエラーが記録されます。
    ポリシー
    [CCM_Policy_Policy5.PolicyID="ScopeId_guid/Application_guid/CA",PolicySource="SMS:PRI",PolicyVersion="1.00] が無効な DTS ジョブを指しています。

  • 構成マネージャーのクライアントは、Windows サーバー オペレーティング システムを実行しているコンピューターにインストールされているがときに、配置できますをメンテナンス モードに不必要に次の条件に該当する場合。
    • 新しいクライアント用更新プログラムが利用できる場合は、クライアントを自動的にアップグレードします。 オプションが有効になります。
    • サーバーをアップグレードしないで オプションを選択します。
    • クライアントの新しいバージョンが行われる環境で使用できます。


  • Mac OSX のクライアントでは、複数のアプリケーションを展開すると、1 つの展開には、コンピューターの再起動が必要です、再起動後に発生するインストールは完了しません。


  • 内容が保護された配布ポイントで使用可能ではない場合は、クライアントが保護されていない配布ポイントへのフォールバックを許可します。 設定は、自動クライアント アップグレード パッケージを使用可能なようになりました。


  • 探索データの名前「ル」で始まるユーザー設定の Active Directory 属性の存在の不正確な値が生じる、 オペレーティング システムの名前とバージョン プロパティです。ADSysdis.log カスタム属性を持つ各コンピューターは、次のようなエントリが含まれます。
    情報: プロパティ operating_Systemコンピューター名 設定されていません。

  • 製品のクライアントの展開をクリックすると、管理者以外のユーザーとして、管理者コンソールを実行するときにノードを使うと、次のエラー メッセージが発生します。
    構成マネージャー: WQL クエリにエラーがあります。

  • 構成マネージャーの現在のブランチの最新のバージョンにアップグレードすると、管理ポイントのクライアントのインストール ディレクトリに対するアクセス許可が正しく設定されない可能性があります。これは、結果、クライアント プッシュ インストール方法を使用してクライアントをインストールできないことになります。管理ポイント上の IIS のログは、次のようなエントリに含まれます。
    ManagementPoint_IP PROPFIND/CCM_Client - 443- Client_IP ccmsetup - 401 5 0 46
    ManagementPoint_IP PROPFIND/CCM_Client - 443- Client_IP ccmsetup - 401 5 0 31

  • クライアント展開のエラーの詳細 実稼動環境のクライアントの展開、管理コンソールでノードのグラフでは、先にスコープされているコレクションが指定されていません。

  • デバイス ポリシーは、サーフェスのハブ デバイスには適用されません。


  • クエリ、および条件は、10 の Windows ベースのコンピューターで予期しない結果を返すように Windows Update エージェントのバージョンを使用するクエリ ベースのコレクションです。ハードウェア インベントリ データに Windows Update エージェントのバージョンが 6.x の範囲、10.0.10240.16397 など、10.x の範囲ではなく 6.0.10240.16397 などで誤って報告されるためです。

  • 3 gb 以上のビデオ メモリを持つビデオ アダプターが次のようにアダプター RAM の負の値を表示します。 -1024 または 02,031,6126.ハードウェア インベントリ データの場合、エラー値が表示します。 -1024.

オペレーティング システムの展開

  • このスケジュールをタスク シーケンスにのみ適用します。 メンテナンス ウィンドウのオプションは、スタンドアロン (非 OS の展開) のタスク シーケンスには適用されません。

  • 事前のプロビジョニングの BitLocker のタスク シーケンスのステップでは、機能制限状態でトラステッド プラットフォーム モジュールを残します。

  • 定義されているポート、 次の範囲から UDP ポートを使用します。 マルチキャスト対応の配布ポイントに設定されていません。

  • フォーマットとパーティションのディスクのタスク シーケンスのステップで設定を残りのディスク領域の 1% の回復パーティションのサイズ

  • _SMSTSOSUpgradeActionReturnCode タスク シーケンスの変数が、不適切なリターン コードを格納します。これは、結果、誤った結果を返すデータに基づいて評価します。

  • 以前にインストールされたクライアントが含まれているオペレーティング システム イメージの展開の結果で応答停止状態で、 構成マネージャーのクライアントを初期化しています。 インストールの手順です。

ソフトウェアの配布とコンテンツの管理

  • HTTPS 通信用に構成された配布ポイントは、HTTP 通信を使用して、他のサイトのプロパティが変更された後にリセットされます。たとえば、新しいソフトウェアの更新ポイントをインストールすると、HTTP 通信に戻すには配布ポイントをトリガーできます。その他の配布ポイントの設定は変更される場合も。

  • コンテンツ ライブラリにパッケージの情報を書き込むとき、SMS Executive サービスが突然終了する可能性があります。

  • 転送率の制限スケジュール サイト サーバー上で同じ場所に配置すると、配布ポイントのプロパティではタブは表示されません。

  • リモート配布ポイントは 1 つのサイトから削除されている場合は、管理コンソールで重複していて、別に追加します。

  • 配布を完全に展開するのには失敗しているのではなく、「中」状態でハングで旧バージョン アプリケーション結果を展開しようとしていますいます。これは、階層内の他のアクティブな導入の流れを中断できます。

  • 配布ポイントには、[許可するイントラネットとインターネット接続] オプションが有効になっている場合に、パッケージの検証] ボタンが無効になります。

  • パッケージ転送マネージャーが配布ポイントにコンテンツを送信するときに、SMS Executive サービスの配布マネージャー コンポーネントが停止した場合、ポリシーのデータを更新できません可能性があります。

ソフトウェアの更新

  • 10 の Windows サービスを提供、管理コンソールのノードでは、検索条件を定義するユーザーをことはできません。

  • 既定で、 言語 列は、10 の Windows サービスを提供、管理コンソールのノードでは表示されません。

  • アップグレード カテゴリは下にある、 クラス分け タブのソフトウェアの更新ポイント (SUP)、10 の Windows の機能のアップグレードの WSUS のサポートを有効にする更新プログラムをインストールした後もします。これは、SUP は、上流のデータ ソースの場所から同期するように構成し、後で Microsoft Update から同期に変更し、場合に発生します。

  • ソフトウェアの更新 同期プロセス (SMS_WSUS_Sync_Manager) は、構成項目が追加された新しい同時に廃棄された構成項目が削除されるときに応答を停止するかもしれません。
  • 次の機能のクライアント プラットフォームとして Mac OS X 10.11 を対象となることができます。
    • アプリケーション構成の管理
    • 設定の管理

サーバーの展開とインフラストラクチャ

  • サイトのアップグレード プロセスでは、または TestDBUpgrade コマンド ライン オプションには、サイトで分散型のビューが有効になっている場合があります。
  • 場合、サイトのインストールが失敗したポリシー 暗号化、ハッシュ、および署名のための FIPS 準拠アルゴリズムを使用してください。 サイト サーバーには有効です。

1602 のバージョンに含まれる追加の変更

エンドポイントの保護

  • マルウェア対策ポリシーの除外リストは、デバイス ・ パス (たとえば、\device\mvfs) と変数のパス (%exchangeinstallpath%) の今すぐ追加できます。

オペレーティング システムの展開

  • 複数の機能強化が加えられた、 タスク シーケンス インポートおよびエクスポート処理します。




  • オペレーティング システムのアップグレード パッケージをオフラインでサービスはサポートされています。

  • 新しい省略可能なタスク シーケンスの変数では、 SMSTSWaitForSecondReboot、ソフトウェア更新プログラムのインストールは、2 つの再起動を必要とする場合、より適切にクライアントの動作を制御することがあります。前にこの変数を設定する必要があります、 ソフトウェア更新プログラムをインストールします。 ソフトウェア更新プログラムの「二重再起動」のため、フェールオーバーをタスク シーケンスを防止する手順です。 SMSTSWaitForSecondReboot 2 つ目の再起動が発生するのに十分な時間を許可するコンピューターの再起動後、タスク シーケンスの実行プロセスを一時中断する期間を指定する値 (秒単位) です。などの設定 SMSTSWaitForSecondReboot600 追加のタスク シーケンスの手順を実行する前に再起動した後 10 分間の一時停止の結果です。これは、便利な場合 1 つの何百もの更新プログラムを適用します。 ソフトウェア更新プログラムをインストールします。 タスク シーケンスのステップです。値は、発生または環境内の更新プログラムの量によっては、軽減できます。後のタスク シーケンス手順をトリガーする場合、コンピューターが再起動、1 秒間 SMSTSWaitForSecondReboot 戻るの待機を減らすために変数を設定することができます。 0.これにより、ソフトウェア更新プログラムを適用した後、追加の遅延はありません。

  • アクションの出力終了コード タスク シーケンスのステータスを監視する場合、列が表示されます。

  • カテゴリ 列は、管理コンソールの [ブート イメージのプロパティを表示するときに提供されています。

  • 改善、 オペレーティング システムの展開 UEFI の 64 ビット コンピューターに 32 ビット イメージを展開するなど、UEFI 対応のコンピューターに不適切なプラットフォームを使用してイメージの配置を防ぐために処理します。

サーバーの展開とインフラストラクチャ

ソフトウェアの更新

  • ソフトウェアの更新ポイントがサイト サーバーから離れたリモート コンピューターがクライアント数をサポートするために WSUS の要件を満たしている場合に最大 15万クライアントもサポートできます。

含まれている修正プログラム

  • 3125905 Windows アプリケーションのパッケージを参照] ダイアログ ボックスが不足しているシステム センター構成マネージャーからバージョン 1511 です。
  • 3118485 SQL Server 2014年構成項目システム センター構成マネージャーでのエラーの検出を設定するには"が返されます
  • 3127032 10 の Windows のアップグレードは、システム センター構成マネージャーをダウンロードしていません。
  • 3101706 DistMgr はプル システム センター構成マネージャーでバージョン 1511年の DPs からの .pul ファイルの処理に時間がかかる
  • 3122677 動的変数] ボックスの一覧で、タスク シーケンスが引き続きかどうかは、アプリケーションのインストールが失敗した場合、または既にインストールされているアプリケーションを再インストール
  • 3139572 条項および条件の法令遵守の設定エラーを生成するシステム センター構成マネージャーで
  • 3140781 更新されたクライアントのセットアップがシステム センター構成マネージャーの 1511年のバージョンで利用可能
  • 3142341 Windows サービスでシステム センター構成マネージャーでは削除します。
  • 3145401 サービス接続ポイントでは、システム センター構成マネージャーでは接続していません。
  • 3122637 モバイル デバイスがシステム センター構成マネージャーで記載されていません。

適用対象

この資料は、次に該当します。
  • システム センター構成マネージャー現在分岐では、バージョン 1602

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3168240 - 最終更新日: 06/10/2016 05:52:00 - リビジョン: 3.0

System Center Configuration Manager, v1602 released March 2016

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbmt KB3168240 KbMtja
フィードバック