Windows Azure のパックの Web サイトのバージョン 2 用の更新プログラムのロールアップ 11

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3174243
概要
この資料では、Windows Azure パック Web サイトのバージョン 2 の更新プログラムのロールアップ 11 で修正される問題について説明します。さらに、更新プログラムのロールアップのインストール手順が含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • UseWebDeploySCM構成値は、UR9 が False を true に設定からを変更されました。
  • 外部のファイル サーバーの構成を使用している場合は、FTP 経由でファイルをアップロードに失敗しました。
  • FileServerType パラメーター、 セット WebsitesConfigPowerShell コマンドレットでは、大文字小文字を区別します。
  • DataService コンポーネントは、ディスクの空き容量が不足している大量の HTTP のログを生成します。これは、構成可能な制限 (DataServiceMaxLogSizeInMB) を超える DataService ログをクリーンアップするためのクリーンアップ操作を実装します。既定では、この制限値は 1024年に設定されます。この既定の設定を変更するには、Web 管理コンソールでは、コント ローラーの役割の設定] 領域で値を編集できます。
  • ドメインに参加している展開で、Windows 認証が有効では、Web ジョブを実行している、プロセスの環境ブロックは正しく設定されません。環境変数との問題を展開するその他のサービスに接続するときの問題が発生、たとえば、SQL Server および LDAP サービスです。
  • 4.6.1 の.NET Framework のサポートを追加します。
  • ランタイムです。SITEUSAGECOUNTERS_INCREMENTUSAGECOUNTERS クエリは、非常に高い頻度で実行されます。SQL Server の展開で causeshigh の CPU 使用率がこの。これは、Runtime.SiteQuotas と Runtime.OwnersQuotas に追加のインデックスを追加することによって解決されています。
  • TrustUnlisted WAP での Web サイトに従っていません。
  • Web 管理コンソールを使用しているときに「準備ができていません」とマークされているコント ローラーを削除する機能を追加します。
  • 手動のインストール時に構成済みの外部のファイル ・ サーバ・ オプションを使用する場合は、既定の Sku はインストールされていません。
  • PHP のフレームワークと同期して、Microsoft Azure アプリケーション サービスを PHP の 7.0 (x86 と x64) と関連付けられている SQL Server ドライバーの追加にアップグレードします。

フレームワークとコンポーネントの更新プログラムがこの更新プログラムのロールアップに含まれています。

.NET Framework を更新します。
  • 4.6.1 の.NET Framework 開発者パック (KB3105179)
バージョンと新しいバージョンがインストールされている PHP を更新しました。
  • PHP 5.4.45
  • PHP 5.5.36
  • PHP 5.6.22
  • PHP 7.0.7 x86 と x64
WinCache は、バージョンと新しいバージョンがインストールされている更新されます。
  • WinCache 53 (1.3.7.9-5.3)
  • WinCache 54 (1.3.7.10-5.4)
  • WinCache 55 (1.3.7.10-5.5)
  • WinCache 56 (1.3.7.10-5.6)
  • WinCache70 x86 と x64 (2.0.0.6-7.0)
取得し、Windows Azure パック Web サイトのバージョン 2 の更新プログラムのロールアップの 11 をインストールする方法

ダウンロード情報

Windows Azure パック Web サイトのバージョン 2 の更新プログラム パッケージは、Windows Update または手動でダウンロードして利用できます。

2014 年 4 月にすべての Web ワーカー ロールの要件は、対象のオペレーティング システムが Windows Server 2012 R2 の場合は、展開 Visual C++ 2015年再頒布可能なサポートするためにパッケージをアップグレードします。インストールされていない場合は、Web ワーカー ロール マークされません準備ができて Web ワーカーを Web 管理コンソールでログに記録は依存関係に失敗したことを示します。

方法 1: Windows Update

入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストール、Operations Manager のコンポーネントがインストールされているコンピューターにこれらの手順に従います。

  1. 開始] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。
  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。
  5. 必要な更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリックします。
  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。
  7. Web サイトの管理コンソール スナップインで、デスクトップに表示するを待ちます。(これも、[スタート] メニューから検索可能。次に、これらの手順に従います。

    1. コンソールを開きます。
    2. Web サイト コント ローラーを起動します。
    3. 役割のアップグレード ・ プロセスを監視します。

方法 2: マイクロソフトの更新プログラム カタログ

手動でダウンロードおよび Microsoft Update カタログからのインストールの更新プログラム パッケージがあります。

インストール手順

インストールとアップグレードの手順については、 Windows Azure のパックのインストールを開始する: Web サイトTechNet web サイトのトピックです。次の手順では、Windows Azure パック Web サイトのバージョン 2 の更新プログラムのロールアップの 11 にアップグレードする方法について説明します。更新プログラム ロールアップ 6 に、インストールとアップグレードのプロセスが大幅に変更されたことに注意してください。したがって、ドキュメントを確認する時間をかけてください。

アップグレードを監視し、アップグレードの状態を確認するのには、このリンクで提供される追加のガイダンスがあります。

実行可能ファイルの他のストアのデータに加えられた変更のためこの更新プログラムはロールバックできません。

この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル

変更されるファイルファイル サイズバージョン
UpdateService.msi 1,144 KB51.1.15
関連情報
について説明します 用語集を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3174243 - 最終更新日: 07/20/2016 21:03:00 - リビジョン: 1.0

Windows Azure Pack

  • kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter atdownload kbmt KB3174243 KbMtja
フィードバック