MS16-097: Microsoft Graphics コンポーネントのセキュリティ更新プログラム2016年8月9日

概要
このセキュリティ更新プログラムによって、Microsoft Windows 、Microsoft Office 、Skype for Business、Microsoft Lyncの脆弱性が解決されます。これらの脆弱性のうち最も危険なものは、ユーザーが特別に作成されたウェブサイトを訪れたり特別に作成されたドキュメントを開いたりすることで遠隔コード実行が可能になってしまいます。 

脆弱性に関する詳細はMicrosoft セキュリティ情報MS16-097を参照してください。
詳細
重要
  • Windows RT 8.1、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2の全てのセキュリティーアップデートとノンセキュリティーアップデートには2919355 のインストールが必要です。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。
このセキュリティ更新プログラムの関連情報
以下の資料では製品バージョン別に、このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている場合があります。
  • 3178034 MS16-097: Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラムについて2016年8月9日
  • 3176492 Windows 10のための累積アップデート:2016年8月9日
  • 3176493 Windows 10 バージョン1511のための累積アップデート:2016年8月9日
  • 3176495 Windows 10 バージョン1607のための累積アップデート:2016年8月9日
  • 3115109 MS16-0972007 Microsoft Office スイート セキュリティ更新プログラムについて2016年8月9日
  • 3115131 MS16-097Office 2010 セキュリティ更新プログラム2016年8月9日
  • 3115481 MS16-097Word Viewer セキュリティ更新プログラムについて2016年8月9日
  • 3115408 MS16-097Skype for Business 2016 のセキュリティ更新プログラムについて2016年8月9日
  • 3115431 MS16-097Lync 2013 (Skype for Business) セキュリティ更新プログラムについて2016年8月9日
  • 3174301 MS16-097Lync 2010 セキュリティ更新プログラムについて2016年8月9日
  • 3174302 MS16-097Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール) のセキュリティ更新プログラムについて2016年8月9日
  • 3174304 MS16-097Lync 2010 Attendee (管理者レベル インストール) のセキュリティ更新プログラムについて2016年8月9日
  • 3174305 MS16-097Live Meeting Console 用のセキュリティ更新プログラムについて2016年8月9日
更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動アップデートの有効化に関する詳細はアップデートセキュリティの自動化を参照してください。

注: Windows RT 8.1 用のこの更新プログラムは、Windows アップデート を介してのみ利用可能です。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

搭載されている Windows のバージョンに対応するマイクロソフト セキュリティ情報 MS16-097 のダウンロード リンクをクリックします。
詳細

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

 

Windows Vista (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows Vista:
Windows6.0-KB3178034-x86.msu
すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Vista:
Windows6.0-KB3178034-x64.msu
インストール スイッチMicrosoft Knowledge Base Article 934307を参照ください
更新ログ ファイル無効
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
アンインストール情報WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSAによるアップデートをアンインストールするには、コントロールパネルをクリックし、セキュリティをクリックしてください。[ Windows アップデートインストールされたアップデートを表示するをクリックし、アップデートの一覧から選択してください。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3178034 を参照してください。
レジストリ キーの確認この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ キーはありません。

Windows Server 2008 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべての Windows Server 2008 (32 ビット)
Windows6.0-KB3178034-x86.msu
サポートされているすべての Windows Server 2008 (x64 ベース)
Windows6.0-KB3178034-x64.msu
サポートされているすべての Windows Server 2008 (Itanium ベース)
Windows6.0-KB3178034-ia64.msu
インストール スイッチMicrosoft Knowledge Base Article 934307を参照ください
更新ログ ファイル無効
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
アンインストール情報WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSAによるアップデートをアンインストールするには、コントロールパネルをクリックし、セキュリティをクリックしてください。[ Windows アップデートインストールされたアップデートを表示するをクリックし、アップデートの一覧から選択してください。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3178034 を参照してください。
レジストリ キーの確認この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ キーはありません。

Windows 7 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Windows 7 (32 ビット版):
Windows6.1-KB3178034-x86.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 7 (x64 ベース):
Windows6.1-KB3178034-x64.msu
インストール スイッチMicrosoft Knowledge Base Article 934307を参照ください
更新ログ ファイル無効
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
アンインストール情報WUSAによってインストールされたアップデートをアンインストールするには、/アンインストール セットアップスイッチを使用するか、コントロールパネルをクリックし、システムとセキュリティをクリックしてください。ウィンドウズアップデートの下のインストールされたアップデートを表示するをクリックし、アップデート一覧から選択してください。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3178034 を参照してください。
レジストリ キーの確認この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ キーはありません。

Windows Server 2008 R2 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3178034-x64.msu
すべてのサポートされている Itanium ベース エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3178034-ia64.msu
インストール スイッチMicrosoft Knowledge Base Article 934307を参照ください
更新ログ ファイル無効
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
アンインストール情報WUSAによってインストールされたアップデートをアンインストールするには、/アンインストールセットアップスイッチを使用するか、コントロールパネルをクリックし、システムとセキュリティをクリックしてください。ウィンドウズアップデートの下のインストールされたアップデートを表示するをクリックし、アップデート一覧から選択してください。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3178034 を参照してください。
レジストリ キーの確認この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ キーはありません。

Windows 8.1 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (32 ビット版):
Windows8.1-KB3178034-x86.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (x64 ベース):
Windows8.1-KB3178034-x64.msu
インストール スイッチMicrosoft Knowledge Base Article 934307を参照ください
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
アンインストール情報WUSAによってインストールされたアップデートをアンインストールするには、/アンインストール セットアップスイッチを使用するか、コントロールパネルをクリックし、次にシステムとセキュリティをクリックし、更にウィンドウズアップデートをクリックしてください。[ 関連項目[ インストールされた更新プログラムそして更新プログラム一覧から選択してください。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3178034 を参照してください。
レジストリ キーの確認これらの更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされているエディションの Windows Server 2012:
Windows8-RT-KB3178034-x64.msu
すべてのサポートされている Windows Server 2012 R2:
Windows8.1-KB3178034-x64.msu
インストール スイッチMicrosoft Knowledge Base Article 934307を参照ください
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
アンインストール情報WUSAによってインストールされたアップデートをアンインストールするには、/アンインストール セットアップスイッチを使用するか、コントロールパネル をクリックし、次にシステムとセキュリティ, をクリックし、更にWindows アップデートをクリックしてください。[ 関連項目[ インストールされた更新プログラムそして更新プログラム一覧から選択してください。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3178034 を参照してください。
レジストリ キーの確認これらの更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

Windows RT 8.1 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
配置3178034 更新プログラムは、 Windows Update を介してのみ入手可能です。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
アンインストール情報コントロール パネルシステムとセキュリティ Windows Updateの順にクリックします。[ 関連項目[ インストールされた更新プログラムそして更新プログラム一覧から選択してください。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3178034 を参照してください。

Windows 10 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Windows 10 (32 ビット版):
Windows10.0-KB3176492-x86.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 10 (x64 ベース):
Windows10.0-KB3176492-x64.msu
サポートされているすべての 32 ビット版 Windows 10 Version 1511:
Windows10.0-KB3176493-x86.msu
サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 10 Version 1511:
Windows10.0-KB3176493-x64.msu
サポートされているすべての 32 ビット版 Windows 10 Version 1607:
Windows10.0-KB3176495-x86.msu
サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 10 Version 1607:
Windows10.0-KB3176495-x64.msu
インストール スイッチMicrosoft Knowledge Base Article 934307を参照ください
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
アンインストール情報WUSAによってインストールされたアップデートをアンインストールするには、/アンインストール セットアップスイッチを使用するか、コントロールパネルをクリックし、システムとセキュリティをクリックしてください。ウィンドウズアップデートの下のインストールされたアップデートを表示するをクリックし、アップデート一覧から選択してください。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3176492 を参照してください。
マイクロソフトサポート技術情報 3176493を参照してください。
マイクロソフトサポート技術情報 3176495を参照してください。
レジストリ キーの確認これらの更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

Microsoft Word Viewer (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft Word Viewer:
office2003-kb3115481-fullfile-enu.exe
インストール スイッチMicrosoft Knowledge Base Article 912203を参照ください
再起動の必要性一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要になる原因に関する詳細は、Microsoft Knowledge Base Article 887012を参照してください。
削除情報コントロールパネル内のプログラムを追加又は削除する アイテムを使用してください。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3115481 を参照してください。
レジストリ キーの確認該当なし

Microsoft Office 2007 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Microsoft Office 2007:
ogl2007-kb3115109-fullfile-x86-glb.exe
インストール スイッチMicrosoft Knowledge Base Article 912203を参照ください
再起動の必要性一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要になる原因に関する詳細は、Microsoft Knowledge Base Article 887012を参照してください。
削除情報コントロールパネル内のプログラムを追加又は削除する アイテムを使用してください。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3115109 を参照してください。
レジストリ キーの確認該当なし

Microsoft Office 2010 (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされているエディションの Microsoft Office 2010 (32 ビット版):
ogl2010-kb3115131-fullfile-x86-glb.exe
すべてのサポートされているエディションの Microsoft Office 2010 (64 ビット版):
ogl2010-kb3115131-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチMicrosoft Knowledge Base Article 912203を参照ください
再起動の必要性一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要になる原因に関する詳細は、Microsoft Knowledge Base Article 887012を参照してください。
アンインストール情報コントロールパネル内のプログラムを追加又は削除する アイテムを使用してください。
ファイル情報マイクロソフト サポート技術情報 3115131 を参照してください。
レジストリ キーの確認該当なし

Microsoft Live Meeting 2007、Microsoft Lync 2010、Microsoft Lync 2010 Attendee、Microsoft Lync 2013 (Skype for Business)、Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft Live Meeting 2007 Console (3174305):
LMSetup.exe
Microsoft Lync 2010 (32 ビット) の場合 (3174301):
lync.msp
Microsoft Lync 2010 (64 ビット) の場合 (3174301):
lync.msp
Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール) の場合 (3174302):
AttendeeUser.msp
Microsoft Lync 2010 Attendee (管理者レベル インストール) の場合 (3174304):
AttendeeAdmin.msp
すべてのサポートされているエディションの Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) (32 ビット) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic) (32 ビット):
lync2013-kb3115431-fullfile-x86-glb.exe
すべてのサポートされているエディションの Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) (64 ビット) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic) (64 ビット):
lync2013-kb3115431-fullfile-x64-glb.exe
すべてのサポートされている 32 ビット エディションの Skype for Business 2016 および Skype for Business Basic 2016:
lync2016-kb3115408-fullfile-x86-glb.exe
すべてのサポートされている 64 ビット エディションの Skype for Business 2016 および Skype for Business Basic 2016:
lync2016-kb3115408-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチMicrosoft Knowledge Base Article 912203を参照ください
再起動の必要性一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要になる原因に関する詳細は、Microsoft Knowledge Base Article 887012を参照してください。
削除情報コントロールパネル内のプログラムを追加又は削除する アイテムを使用してください。
ファイル情報Microsoft Live Meeting 2007 Console:
Microsoft Knowledge Base Article 3174305を参照ください
すべてのサポートされるエディションの Microsoft Lync 2010:
Microsoft Knowledge Base Article 3174301を参照ください
Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール):
Microsoft Knowledge Base Article 3174302を参照ください
Microsoft Lync 2010 Attendee (管理レベル インストール):
Microsoft Knowledge Base Article 3174304を参照ください
Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic):
Microsoft Knowledge Base Article 3115431を参照ください
Skype for Business 2016 および Skype for Business Basic 2016:
Microsoft Knowledge Base Article 3115408を参照ください
レジストリ キーの確認Microsoft Live Meeting 2007 Console:
無効
Microsoft Lync 2010 (32 ビット):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
バージョン= 7577.4498
Microsoft Lync 2010 (64 ビット):
HKEY_LOCAL_MACHINE\ SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
バージョン= 7577.4498
Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
バージョン= 7577.4498
Microsoft Lync 2010 Attendee (管理レベル インストール):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\94E53390F8C13794999249B19E6CFE33\InstallProperties\DisplayVersion = 4.0.7577.4498
Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic):
無効
Skype for Business 2016 および Skype for Business Basic 2016:
無効

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールのヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション: セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: その他の地域のサポート
悪質な攻撃者のエクスプロイト
プロパティ

文書番号:3177393 - 最終更新日: 08/16/2016 05:26:00 - リビジョン: 3.0

Windows 10, Windows 10 Version 1511, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1, Windows RT 8.1, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows 7 Service Pack 1, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Vista Service Pack 2, 2007 Microsoft Office Suite Service Pack 3, Microsoft Office 2010 Service Pack 2, Word Viewer, Skype for Business 2016, Microsoft Lync 2013, Microsoft Lync 2010 Attendee, Microsoft Office Live Meeting 2007

  • atdownload kbbug kbnofix kbexpertiseinter kblist kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability kbsurveynew KB3177393
フィードバック