信頼性プログラムのロールアップ 3179949 4.6 と 4.6.1 の.NET Framework の Windows Vista SP2、Windows 7 SP1、Windows Server 2008 SP2、および Windows Server 2008 R2 SP1 の

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3179949
4.6 と 4.6.1 は、Microsoft.NET Framework の信頼性プログラムのロールアップ 3179949 について説明します。この更新プログラムには、.NET Framework の 4.6 と 4.6.1 で信頼性の累積的な機能強化が含まれています。参照してください。前提条件 この更新プログラムを適用します。

この信頼性プログラムのロールアップでは、次のオペレーティング システムの利用可能です。
  • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
  • Windows Server 2008 R2 SP1
  • Windows Server 2008 SP2
  • Windows Vista SP2

詳細

この更新プログラムの入手方法

方法 1:

この更新プログラムは Windows を更新するオプションの更新プログラムです。

方法 2:

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Microsoft 更新プログラム カタログ

必要条件

この更新プログラムを適用するには .NET Framework4.6 または 4.6.1 がインストールされている、必要に応じて必要があります。

Windows インストーラー 3.1 またはそれ以降のバージョンがコンピューターにインストールする必要もあります。Windows インストーラーの最新バージョンを入手するには、次のマイクロソフト web サイトに移動します。

http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=132022

この更新プログラムのコマンドライン スイッチ

この更新プログラムでサポートされているさまざまなコマンド ライン スイッチの詳細については、次を参照してください。 コマンド ライン オプション MSDN サイトです。

再起動の必要性

影響を受けるファイルを使用している場合にこの更新プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要があります。この更新プログラムを適用する前に、すべての.NET Framework ベースのアプリケーションを閉じることをお勧めします。

アンインストール情報を更新します。

この更新プログラムを削除するには、コントロール パネルで、プログラム追加と削除] または [プログラムと機能] を使用します。

ファイル情報

この信頼性に関する更新プログラムで提供されているファイルのリストは、信頼性に関する更新プログラム 3179949 のファイル情報をダウンロードしてください。

ダウンロードダウンロード、x86 パッケージ ファイル情報を今すぐです。

ダウンロード今すぐダウンロード、x64 パッケージのファイル情報です。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3179949 - 最終更新日: 09/21/2016 01:24:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft .NET Framework 4.6, Microsoft .NET Framework 4.6.1

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB3179949 KbMtja
フィードバック