更新プログラム ロールアップ 1 システム センター 2016年サービス管理の自動化について

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3190604
概要
Microsoft システム センター 2016年サービス管理オートメーション全般的な可用性更新プログラムのロールアップでは使用できます。この更新プログラムのロールアップ パッケージには、サービス管理の自動化に次のセキュリティ拡張機能が含まれています。

  • AES 準拠 Rijndael Rijndael から SMA の機密情報を暗号化するアルゴリズムに変更します。

定期的なメンテナンス ルーチンの一部としてこの更新プログラムのロールアップを適用することをお勧めします。

入手してシステム センター 2016年サービス管理の自動化のための更新プログラム ロールアップ 1 をインストールする方法


ダウンロード情報

サービス管理の自動化のための更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

重要 センター 2016年のサービス管理の自動化のシステム用の更新プログラムのロールアップ 1 は、セキュリティ更新プログラムに含まれます。セキュリティ更新プログラムを削除することはお勧めしません。ただし、コントロール パネルのプログラムと更新プログラムの機能を使用して、更新プログラム ロールアップ 1 を削除する場合があります。これを行うには、サービス管理の自動化のバイナリはロールバックを以前の状態にですが、データベースがロールバックします。この更新プログラムのロールアップを適用する前に、サービス管理の自動化のデータベースをバックアップすることをお勧めします。
Microsoft Update
入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストール、aService 管理の自動化コンポーネントがインストールされているコンピューターでこれらの手順に従います。

  1. [開始] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。
  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。
  5. 、更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリックします。
  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

2016 またはそれ以降、お使いのコンピューターが Windows Server を実行している場合は、これらの手順に従います。

  1. 開始] をクリックし、[設定] をクリックします。
  2. [設定] では、更新プログラムの & のセキュリティをクリックします。
  3. [場所] タブの [ Windows UpdateMicrosoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。
  5. 、更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリックします。
  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

手動でダウンロード
Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

インストール手順

この更新プログラムを適用するには、次の手順に従います。

  1. .Cab ファイルをダウンロードします Microsoft 更新プログラム カタログ.
  2. .Msp ファイルを取得するのには .cab ファイルを抽出し、各コンピューター上の適切な .msp ファイルを適用します。

    注: <b> 更新プログラムのロールアップ パッケージには、.msp ファイルが含まれます。特定のコンピューターに関連するすべての .msp ファイルを適用します。SMA のサーバーが保持している特定の役割ごとに 1 つの .msp ファイルを適用 (web サービスの役割を持つサーバーには、KB3190604_WebServiceInstaller_x64.msp を適用など)。

この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル

Runbook 作業者
変更されるファイルファイル サイズバージョンと変更された日付
Orchestrator.Shared.dll758 KB7.3.358.0
SqmBase.dll43 KB7.3.358.0

Web サービス
変更されるファイルファイル サイズバージョンと変更された日付
Orchestrator.Shared.dll758 KB7.3.358.0

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3190604 - 最終更新日: 10/13/2016 03:02:00 - リビジョン: 1.0

  • kbfix kbqfe atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB3190604 KbMtja
フィードバック