Windows Server 2016 の累積的な更新: 2016 年 9 月 26 日

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3192366
概要
この更新プログラムは、機能強化が含まれています、Windows サーバーの 2016 年の機能を強化するために修正します。

この更新プログラムの既知の問題

問題

場合にこの更新プログラム (KB3192366) のインストールが失敗します RSAT のリモート アクセスの Powershell 機能は、コンピューターに既にインストールされています。

回避策

方法 1: コマンド プロンプト

KB3192366 をインストールする前に、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
mofcomp %windir%\System32\wbem\en-us\RAMgmtPsProvider_Uninstall.mfl
注:

  • パスは、インストールされている言語に基づいて変更してください。次のパスにすべてのインストールされている言語パックコマンドを実行します。
    %windir%\System32\wbem\<Language locale>\ RAMgmtPsProvider_Uninstall.mfl
    たとえば、次のコマンドを実行します。
    mofcomp %windir%\System32\wbem\en-us\ RAMgmtPsProvider_Uninstall.mflmofcomp %windir%\System32\wbem\fr-fr\ RAMgmtPsProvider_Uninstall.mfl
  • %Windir%\System32\wbem\en-us\RAMgmtPsProvider_Uninstall.mfl ファイルをお持ちでない場合、インストールまたは KB3192366 の削除の影響を与える問題必要はありません。
方法 2: オフライン インストール

  1. 管理者特権でコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

  2. Install.wim イメージをマウントします。次に例を示します。
    Dism /Mount-Image /ImageFile:C:\test\images\install.wim /index:1 /MountDir:C:\test\offline
  3. ダウンロード KB3176936 ローカル ディスクと、更新プログラム KB3176936 を使用して、Windows イメージを使用します。次に例を示します。
    Dism /Add-Package /Image:C:\test\offline /PackagePath:C:\MSU\Windows10.0-KB3176936-x64.msu
  4. 次のコマンドを実行して、リモート アクセスの PowerShell の機能を無効にします。
    Dism /Image:C:\test\offline /Disable-Feature /FeatureName:RemoteAccessPowerShell
  5. 次のコマンドを実行して、リモート アクセス管理ツールの機能を無効にします。
    Dism /Image:C:\test\offline /Disable-Feature /FeatureName:RemoteAccessMgmtTools
  6. KB3192366 をローカル ディスクにダウンロードし、KB3192366 を使用して Windows イメージを更新します。次に例を示します。
    Dism /Add-Package /Image:C:\test\offline /PackagePath:C:\MSU\Windows10.0-KB3192366-x64.msu
  7. 次のコマンドを実行して、リモート アクセス管理ツールを有効にします。
    Dism /Image:C:\test\offline /Enable-Feature /FeatureName:RemoteAccessMgmtTools
  8. 次のコマンドを実行して、リモート アクセスの PowerShell の機能を有効にします。
    Dism /Image:C:\test\offline /Enable-Feature /FeatureName:RemoteAccessPowerShell
  9. 依存する他のすべての役割を再度有効にします。など、Windows Server に関する重要事項のエディションで、WSS の製品のパッケージ機能を無効に RemoteAccessPowerShell または RemoteAcessMgmtTools のいずれかの機能が無効になっています。したがって、手順 7 と 8 では RemoteAccessPowerShell と RemoteAcessMgmtTools を有効にした後に WSS の製品のパッケージを有効にする必要があります。これを行うには、(例) 次のコマンドを実行します。
    Dism /Image:C:\test\offline /Enable-Feature /FeatureName:WSS-Product-Package
  10. Install.wim イメージをマウント解除します。次に例を示します。
    Dism /Unmount-Image /MountDir:C:\test\offline /commit
この更新プログラムの入手方法
重要: この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、 言語パックを Windows に追加します。.

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは自動的にダウンロードされ、インストールされます。

方法 2: マイクロソフトの更新プログラム カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、 Microsoft 更新プログラム カタログ

必要条件

この更新プログラムをインストールするための必要条件はありません。

再起動に関する情報

この更新プログラムの適用後に、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムは置き換えられません。
ファイル情報
この累積的な更新プログラムで提供されているファイルの一覧をダウンロードして、 3192366 の累積的な更新プログラムのファイル情報.
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3192366 - 最終更新日: 10/06/2016 00:42:00 - リビジョン: 6.0

Windows Server 2016

  • kbsurveynew atdownload kbfix kbexpertiseadvanced kbcontentauto kbmt KB3192366 KbMtja
フィードバック