現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

USB 記憶装置を使用できないようにする方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

問題の説明
Windows XP、Windows Server 2003、または Windows 2000 を実行しているコンピューターに接続されている USB 記憶装置へのユーザーによる接続を禁止する必要があると仮定します。この資料では、これを行うために使用可能な 2 つの方法について説明します。
解決方法
ユーザーによる USB 記憶装置への接続を禁止するには、状況に合わせて以下の手順を実行します。

コンピューターに USB 記憶装置がインストールされていない場合

コンピューターに USB 記憶装置がインストールされていない場合は、以下のファイルに対するユーザーまたはグループのアクセス許可とローカル システム アカウントのアクセス許可に [拒否] を設定します。
  • %SystemRoot%\Inf\Usbstor.pnf
  • %SystemRoot%\Inf\Usbstor.inf
この操作を実行すると、ユーザーがコンピューターに USB 記憶装置をインストールできなくなります。 Usbstor.pnf ファイルおよび Usbstor.inf ファイルに対するユーザーまたはグループのアクセス許可に拒否を設定するには、以下の手順を実行します。
  1. エクスプローラーを起動し、%SystemRoot%\Inf フォルダーに移動します。
  2. [Usbstor.pnf] ファイルを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックします。
  4. [グループ名またはユーザー名] ボックスの一覧に、アクセス許可を [拒否] に設定するユーザーまたはグループを追加します。
  5. [UserName or GroupName のアクセス許可] または [アクセス許可] ボックスの一覧で、[フル コントロール] の横の [拒否] チェック ボックスをオンにします。

    : また、[拒否] の一覧にシステム アカウントを追加します。
  6. [グループ名またはユーザー名] ボックスの一覧で、システム アカウントを選択します。
  7. [UserName or GroupName のアクセス許可] または [アクセス許可] ボックスの一覧で、[フル コントロール] の横の [拒否] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
  8. [Usbstor.inf] ファイルを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  9. [セキュリティ] タブをクリックします。
  10. [グループ名またはユーザー名] ボックスの一覧に、アクセス許可を [拒否] に設定するユーザーまたはグループを追加します。
  11. [UserName or GroupName のアクセス許可] または [アクセス許可] ボックスの一覧で、[フル コントロール] の横の [拒否] チェック ボックスをオンにします。
  12. [グループ名またはユーザー名] ボックスの一覧で、システム アカウントを選択します。
  13. [UserName or GroupName のアクセス許可] または [アクセス許可] ボックスの一覧で、[フル コントロール] の横の [拒否] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

コンピューターに USB 記憶装置がインストールされている場合


コンピューターに USB 記憶装置がインストールされている場合、レジストリを変更することにより、コンピューターへのユーザーによる接続が行われても記憶装置が決して機能しないように設定することができます。この問題を解決するには、「Fix it で解決する」に進んでください。自身でこの問題を解決する場合は、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する


この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] リンクをクリックします。続いて [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。





: このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

: 操作しているコンピューターに問題がない場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。

問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。

自分で解決する

重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows XP でレジストリをバックアップおよび復元する方法
コンピューターに USB 記憶装置がインストールされている場合は、次のレジストリ キーにある Start 値を 4 に設定します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\UsbStor
この操作を実行した場合、ユーザーがコンピューターに USB 記憶装置を接続しても、その記憶装置は動作しません。Start 値を設定するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ キーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\UsbStor
  4. 詳細ウィンドウで、[スタート] をダブルクリックします。
  5. [値のデータ] ボックスに「4」と入力し、[16 進] をクリックして (選択されていない場合)、[OK] をクリックします。
  6. レジストリ エディターを終了します。

問題が解決されたかどうかの確認

問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、この資料の作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。
詳細
最新のドライバーについては、USB 装置の製造元に問い合わせてください。ハードウェア製造元の情報については、次の Web サイトを参照してください。他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。
fixit fix it
プロパティ

文書番号:823732 - 最終更新日: 09/25/2011 01:52:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)

  • kbmsifixme kbfixme kbinfo KB823732
フィードバック