インターネット接続の共有を有効にするときに、"エラー メッセージ 依存関係サービスまたはグループを起動できませんでした。エラー 1068" が表示される

Support for Windows XP has ended

Microsoft ended support for Windows XP on April 8, 2014. This change has affected your software updates and security options. Learn what this means for you and how to stay protected.

現象
インターネット接続の共有ウィザードを実行するとき、次のような現象が起こることがあります 次のいずれかのエラー メッセージを受信する
インターネット 接続の共有を有効にするときに、エラーが発生しました。依存関係 サービスまたはグループを起動できませんでした。
-または-
1068: 依存関係サービスまたはグループを起動できませんでした。
解決方法
この問題を自動的に解決するには、「簡易修正ツールで解決する」セクションに進んでください。自分でこの問題を解決するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

簡易修正ツールで解決する

この問題を自動的に解決するには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] をクリックし、簡易修正ツール ウィザードの手順に従います。
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、簡易修正ツール ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

簡易修正ツール 50562

この問題を解決するには、すべての依存関係サービスが開始されていることを確認します。これを行うには、次の手順を実行します。 
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ヘルプ とサポート] をクリックします。
  2. [作業を選びます][ツール を使ってコンピューター情報を表示し問題を 診断する] をクリックします。
  3. [ツール] ボックスの一覧の [システム 構成ユーティリティ] をクリックします。
  4. 右側にある [システム構成ユーティリティを開く] をクリックします。システム構成ユーティリティが開きます。
  5. [サービス] タブをクリックします。
  6. 次のすべてのサービスがオンになっていることを確認します。サービスを オンにするには、クリックしてチェックボックスを選択します。
    • アプリケーション層ゲートウェイ サービス
    • Network Connections
    • Network Location Awareness (NLA)
    • プラグ アンド プレイ
    • Remote Access Auto Connection Manager
    • Remote Access Connection Manager
    • リモート プロシージャ コール (RPC)
    • Telephony
  7. [OK] をクリックし、 [再開] をクリックします。
  8. Windows が再起動した後、インターネット接続の共有 ウィザードを再度実行します。
関連情報
この問題の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
241584サービスが開始されず、"エラー 1058" が表示される

問題が解決されたかどうかの確認

問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。
ICS ICSW fixit fixme fix it
プロパティ

文書番号:827328 - 最終更新日: 01/04/2016 18:34:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition

  • kbsecurity kbmisctools kbmsifixme kbfixme KB827328
フィードバック