現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows ベースのプログラムでヘルプを開いたときのエラー: "機能が含まれない" または "ヘルプがサポートされていない"

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:917607
現象
この問題が発生したときは、次のいずれかのエラー メッセージが表示されます。

開いてすべてのエラー メッセージを見る
このプログラムのヘルプは、以前のバージョンの Windows で使用されていた Windows ヘルプ形式で作成されているため、Windows Vista ではサポートされていません。
このプログラムのヘルプは、このバージョンの Windows に含まれていない機能に依存する Windows ヘルプ形式で作成されています。ただし、Windows ヘルプ形式で作成されたヘルプを表示できるようにするプログラムをダウンロードすることができます。
このプログラムのヘルプは、このバージョンの Windows に含まれていない機能に依存する Windows ヘルプ形式で作成されています。詳細については、マイクロソフトのヘルプとサポートの Web サイトを参照してください。

解決方法
この問題を解決するには、お使いの Windows のバージョン用の Windows ヘルプ プログラム (WinHlp32.exe) をダウンロードしてインストールします。このプログラムのダウンロードに関する重要な注意事項
  • Internet Explorer を使用してリンクを開きます。
  • ダウンロード ページを開いたときに "検証が必要" というメッセージが表示される場合は、[続行] をクリックして、画面の指示に従ってください。
  • ファイルをダウンロードするよう求められたら、64 ビット版 Windows の場合は "x64" を含むファイル名を選択し、32 ビット版 Windows の場合は "x86" を含むファイル名を選択します。以下の自動検出情報を使用して選択してください。
    現在 32 ビット オペレーティング システムを使用しています。
  • Windows ヘルプ プログラムは、Windows Server 2012 以降のバージョンの Windows Server ではサポートされていません。
WinHlp32.exe をインストールするとき、またはヘルプを使用するときに問題が発生した場合は、「詳細情報」セクションを参照してください。


上級ユーザー向けの詳細
この問題は、Windows ヘルプが古いバージョンの Windows ヘルプ プログラム (WinHlp32.exe) を使用してコンテンツを表示すると発生します。
WinHlp32.exe 更新プログラムのインストール中に発生することがある既知の問題

Windows Update エラー 80070422



この問題の手動による解決
WinHlp32.exe 更新プログラムのダウンロード中に Windows Update エラー 80070422 が表示された場合は、Windows Update サービスの設定を変更してからサービスを再度開始する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. 開始] をクリックし、種類 サービス [検索の開始] または [検索プログラムおよびファイルのテキスト ボックスです。
  2. プログラムの一覧から [サービス] をダブルクリックします。管理者のパスワードまたは確認を求められた場合、パスワードを入力するか確認。
  3. 右クリックし、 Windows 更新プログラム し、し、[プロパティ] をクリックします。
  4. [全般] タブで、[スタートアップの種類] が [自動] と選択されていることを確認します。
  5. サービスの状態の横にあるサービスが開始されているかどうかを確認してください。開始されていない場合は、開始] をクリックします。管理者のパスワードまたは確認を求められた場合、パスワードを入力するか確認。
  6. [OK] をクリックします。
WinHlp32.exe のインストール後に発生する可能性のある既知の問題
WinHlp32.exe の以前のリリースで発生し、再発が確認された既知の機能上の問題を以下に示します。以下の既知の問題がこの資料に記載されている WinHlp32.exe のバージョンにのみ適用されます。
  • マクロが使用できません。

    既定で、Windows ヘルプでは、次のマクロが無効になります。
    • ExecFile
    • RegisterRoutine
    • ShellExecute
    • ShortCut
    • Generate
    • Test
    • ExecProgram
    ただし、.hlp ファイル内の他のすべてのマクロは過去のリリースと同じように機能します。したがって、Windows Vista 用の Windows のヘルプ、Windows 7、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 をインストールした後、これらのマクロに依存する .hlp ファイルを開く場合、ファイルの一部の機能が正しく動作しない可能性があります。このような場合は、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
    このマクロの実行には問題があります。(1037)
    これらのマクロを使用する必要がある場合は、「ネットワーク管理者向けのレジストリ エントリおよびグループ ポリシー」に記載されているグループ ポリシーまたはレジストリを使用する回避策を使用して、マクロを有効にすることができます。
  • イントラネット上に格納されている .hlp ファイルアクセスできない

    デフォルトでは、イントラネット サイトに格納されている .hlp ファイルに WinHlp32.exe を使用してアクセスすることはできません。リモート ファイルを開くしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    ヘルプ ファイルを表示できません。、もう一度ヘルプ ファイルを開くと、引き続きこのメッセージが表示される場合は、ヘルプ ファイルを別のドライブにコピーし、直してください。
    イントラネット サイトに格納されている .hlp ファイルにアクセスする必要がある場合は、「ネットワーク管理者向けのレジストリ エントリおよびグループ ポリシー」に記載されているグループ ポリシーまたはレジストリを使用する回避策を使用して、ファイルのブロックを解除できます。
  • 非対話型のユーザー アクセスがブロックされている

    システム プロセスなどの非対話型ユーザーによる .hlp ファイルへのアクセスがブロックされています。このエラーが発生したとき、ユーザーはエラー メッセージを受け取りません。
  • ドラッグ アンド ドロップ機能が無効になっている

    アプリケーションのドラッグ アンド ドロップ機能のサポートが無効になっています。このエラーが発生したとき、ユーザーはエラー メッセージを受け取りません。
  • "ヘルプの使い方" ファイルとの依存関係

    "ヘルプの使い方" というタイトルのヘルプ ファイルが、Windows Vista および Windows Server 2008 から削除されました。次のファイルが削除されました。
    • Windows.hlp
    • Winhlp32.hlp
    • Winhlp32.cnt
    • Winhelp.cnt
    • Nocntnt.cnt
    注:
    • これらのファイルは Windows 7 または Windows Server 2008 R2 には含まれていません。
    • これらのファイルに依存する .hlp ファイルを開こうとすると、エラーが返される場合があります。
WinHlp32.exe に関係のある互換性の問題に対処する方法
WinHlp32.exe を使用して 32 ビット ヘルプ ファイルを表示できます。このリリースには、グループ ポリシーの設定とアプリケーションの互換性の問題を回避するために使用できるレジストリ サブキーが提供されています。たとえば、グループ ポリシー設定とレジストリ サブキーは、.hlp ファイル内のマクロとイントラネット サイトに格納されている .hlp ファイルにアクセスするに関連する問題を解決するのには使用できます。ただし、ユーザーは、不明なソースからのヘルプ ファイルを表示する場合、コンピューターに置かれるリスクの詳細これらのポリシーまたはこれらの設定を有効にする場合。したがって、このセクションに記載されているアプリケーションの互換性の回避策を実装するかどうかを決定する際に注意を使用してください。

WinHlp32.exe をインストールするかどうか、およびどのようなポリシー変更およびレジストリ変更を行うかを決定する際には、以下の質問を役立ててください。
  • WinHlp32.exe を削除することによって影響を受けるアプリケーションや機能は必要ですか。
    • WinHlp32.exe が必要なアプリケーションはいくつありますか。アプリケーションの数は、機能の変更の影響を受けますか。これらのアプリケーションがどのように重要なのでしょうか。
    • この変更で機能が損なわれたことによる深刻度はどの程度ですか。
  • 現在のセキュリティ要件およびセキュリティ機能はどのようになっていますか。
    • WinHlp32.exe の機能を使用できることと、セキュリティを可能な限り強化することでは、どちらがより重要ですか。
    • ローカルまたは会社のファイアウォールなど、外部のセキュリティ対策を導入することによって、WinHlp32.exe をインストールし、この資料に記載されているポリシーまたはレジストリの変更を行っても問題がないという十分な確信が得られますか。
  • 現在の組織では、コンテンツが .hlp 形式で提供されていますか。
    • WinHlp32.exe 機能を使用しないように、プログラムやコンテンツを変更できますか。.Hlp 形式には、.chm、.html、.xml などの別のファイル形式になっているヘルプ コンテンツを変換するには、たとえば、ことができますでしょうか。
    • 現在の組織で .hlp ファイルがイントラネット サイトに格納されていますか。ローカルでこれらのファイルを代わりにインストールすることができますか。
WinHlp32.exe をインストール後に単一コンピューター上でマクロを有効にする方法
この資料に記載されている WinHelp32.exe をインストールすると、特定のマクロが無効になります。この問題の詳細については、既知の問題」を参照してください。

ここでは、レジストリ キーを修正することによって、これらのマクロを再度有効にする手順が記載されています。お使いのコンピューターが管理された環境の場合は以下の手順、IT 部門に最初に相談します。IT 部門は、再度マクロを有効にしない決定する場合や、グループ ポリシーを使用してそれらを再度有効にする可能性があります。IT 部門は、続行する前に、この資料全体を読んでください。

警告: この資料は、このリリースの Windows ヘルプを変更することによって発生する問題への対処方法に関する情報を提供します。ただし、マイクロソフトでは、特定の環境においてどのレジストリ キーおよび値を変更するのが適切であるかについては推奨事項を提供していません。管理された環境にある場合、これらの回避策の利点と、実際に使用した場合のリスクをどのように見積もるかの判断は、個々の IT 部門で行ってください。より安全なのは、レジストリを使用した回避策を使用しないことです。

<b>この作業の手順を実行するには、管理者アカウントを使用してコンピューターにログオンする必要があります。管理者アカウントを使用すると、コンピューターに対して、標準アカウントなどの他のアカウントでは行えない変更を行うことができます。

管理者アカウントを使用してログオンするには、使用しているコンピューターの管理者アカウントのパスワードが必要です。お使いのコンピューターで次の手順を実行する場合の多い既に管理者アカウントを使用してログオンします。職場のコンピューターでこれらの手順を実行している場合は、システム管理者への問い合わせが必要になる場合があります。

単一コンピューターでの手動でのマクロの有効化

重要 このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。

WinHlp32.exe のインストール後に単一のコンピューター上でマクロを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. 管理者アカウントを使用してログオンします。
  2. キーを押して、 Windows ロゴ キー + R、種類 regeditと入力し、[OK] をクリックします。
    ユーザー アクセス制御のアクセス許可 場合は、administratorpassword または確認を求められたら、パスワードを入力または [続行] をクリックします。
  3. 64 ビット版の Windows では、次のレジストリ サブキーを見つけて選択します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft

    64 ビット版の Windows では、次のレジストリ サブキーを探して選択します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft
  4. [編集] メニューから[新規作成] を選択し、[キー] をクリックします。
  5. タイプ WinHelp、し、Enter キーを押します。
  6. WinHelp キーをクリックします。
  7. [編集] メニューで、[新規] をクリックし、[DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
  8. タイプ AllowProgrammaticMacros、し、Enter キーを押します。
  9. [編集] メニューの [修正] をクリックします。
  10. [値データ] ボックスで、次のように入力します。 116 進数の [情報] 領域でをクリックし、[ OK] をクリックします。
  11. レジストリ エディターを終了します。
WinHlp32.exe のインストール後に単一のコンピューター上でイントラネット上に格納されている .hlp ファイルのブロックを解除する方法
この資料に記載されている WinHelp32.exe ファイルをインストールすると、イントラネット サイトに格納されている .hlp ファイルはブロックされます。この問題の詳細については、既知の問題」を参照してください。

この資料には、レジストリ キーを変更してこれらの .hlp ファイルのブロックを解除する手順が記載されています。お使いのコンピューターが管理された環境の場合は以下の手順、IT 部門に最初に相談します。IT 部門は、再度マクロを有効にしない決定する場合や、グループ ポリシーを使用してそれらを再度有効にする可能性があります。

重要 この資料にはセキュリティ設定を低くする方法、またはコンピューターのセキュリティ機能を無効にする方法を示す情報が含まれています。特定の問題を回避するためにこれらの変更を行うことができます。これらの変更を行う前に、特定の環境でこの回避策の実装に関連付けられているリスクを評価することをお勧めします。この回避策を実装する場合は、コンピューターを保護するために、適切なの追加の手順がかかります。

警告: この資料は、このリリースの Windows ヘルプを変更することによって発生する問題への対処方法に関する情報を提供します。ただし、マイクロソフトでは、特定の環境においてどのレジストリ キーおよび値を変更するのが適切であるかについては推奨事項を提供していません。管理された環境にある場合、これらの回避策の利点と、実際に使用した場合のリスクをどのように見積もるかの判断は、個々の IT 部門で行ってください。より安全なのは、レジストリを使用した回避策を使用しないことです。

<b>この作業の手順を実行するには、管理者アカウントを使用してコンピューターにログオンする必要があります。管理者アカウントを使用すると、コンピューターに対して、標準アカウントなどの他のアカウントでは行えない変更を行うことができます。

管理者アカウントを使用してログオンするには、使用しているコンピュータの管理者アカウントのパスワードが必要です。個人のコンピューターでこれらの手順を実行している場合は、ほとんどの場合、既に管理者アカウントでログオンしています。職場のコンピューターでこれらの手順を実行している場合は、システム管理者への問い合わせが必要になる場合があります。


イントラネット上の単一のコンピューターに格納されている .hlp ファイルの手動ブロック解除

重要 このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。

WinHlp32.exe のインストール後に .hlp ファイルのブロックを解除するには、次の手順を実行します。
  1. 管理者アカウントを使用してログオンします。
  2. Windows ロゴ キー + R キーを押して、regeditと入力し、[OK] をクリックします。
    ユーザー アクセス制御のアクセス許可 場合は、administratorpassword または確認を求められたら、パスワードを入力または [続行] をクリックします。
  3. 64 ビット版の Windows では、次のレジストリ サブキーを見つけて選択します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft

    64 ビット版の Windows では、次のレジストリ サブキーを探して選択します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft
  4. [編集] メニューから[新規作成] を選択し、[キー] をクリックします。
  5. タイプ WinHelp、し、Enter キーを押します。
  6. WinHelp キーをクリックします。
  7. [編集] メニューで、[新規] をクリックし、[DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
  8. タイプ AllowIntranetAccess、し、Enter キーを押します。
  9. [編集] メニューの [修正] をクリックします。
  10. [値データ] ボックスで、次のように入力します。 116 進数の [情報] 領域でをクリックし、[ OK] をクリックします。
  11. レジストリ エディターを終了します。
ネットワーク管理者向けのレジストリ エントリおよびグループ ポリシー
警告: この回避策によって、コンピューターやネットワークが、悪意のあるユーザーやウイルスなどの悪質なソフトウェアからの攻撃を受けやすくなる場合があります。この資料の情報は、ユーザーが記載されている回避策を自己の判断で使用することを前提に提供されているものであり、この回避策をお勧めするものではありません。この回避策は、自己の責任において使用してください。

警告: この資料は、このリリースの Windows ヘルプを変更することによって発生する問題への対処方法に関する情報を提供します。ただし、マイクロソフトでは、特定の組織においてどのレジストリ キーおよび値を変更するのが適切であるかについては推奨事項を提供していません。これらの回避策の利点と、実際に使用した場合のリスクをどのように見積もるかの判断は、個々の IT 部門で行ってください。より安全なのは、レジストリを使用した回避策を使用しないことです。

ダウンロード版の WinHlp32.exe をインストールすると、このリリースの Windows ヘルプにおける 2 つの既知の問題を回避するためのグループ ポリシーおよびレジストリ エントリが提供されます。ネットワーク管理者および個々のユーザーは、以下のグループ ポリシーまたはレジストリ エントリを使用することにより、マクロを再度有効にし、イントラネット サイトに格納されている .hlp ファイルがブロックされないようにすることができます。ローカル コンピューターのグループ ポリシー設定と現在のユーザーのグループ ポリシー設定の 2 つのグループ ポリシーが提供されています。ユーザーのレジストリ設定を使用して、各機能を管理することもできます。

それぞれの機能に関して、優先順位は次のようになっています。
  • ローカル コンピューターのグループ ポリシー
  • 現在のユーザーのグループ ポリシー
  • ユーザーのレジストリ設定
ある機能に関してポリシーもユーザーのレジストリ設定も設定されていない場合、その機能の動作は「 既知の問題 」に記載されているとおりになります。

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  • マクロを有効にする方法

    ネットワーク管理者は、[Allow programmatic macros in WinHlp32.exe] ポリシーを使用して .hlp ファイル内のマクロを有効または無効にすることができます。管理者は、グループ ポリシー管理コンソール (GPMC) を使用して、このグループ ポリシー設定を管理できます。グループ ポリシーの詳細については、「関連情報」を参照してください。

    この機能に関してローカル コンピュータのグループ ポリシーも現在のユーザーのグループ ポリシーも設定されていない場合は、ユーザーがこの機能のユーザー レジストリ設定を変更して .hlp ファイル内のマクロを有効または無効にすることができます。この設定を変更するには、まず次の新しいサブキーをレジストリに追加する必要があります。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WinHelp
    という名前の DWORD 値を追加する必要がありますし、 AllowProgrammaticMacros このサブキーです。AllowProgrammaticMacros の値を 1 に設定すると、マクロは有効になります。この値を 0 に設定すると、マクロは無効になります。このレジストリ値が存在しない場合は、マクロは無効になります。
  • イントラネット上に格納されている .hlp ファイルのブロックを解除する方法

    ネットワーク管理者は、[llow WinHlp32.exe to access .hlp files stored on intranet sites] グループ ポリシー設定を使用して、イントラネット上に格納されている .hlp ファイルのブロックを解除できます。管理者は GPMC を使用してこのグループ ポリシー設定を管理できます。グループ ポリシーの詳細については、「関連情報」を参照してください。

    この機能に関してどちらのグループ ポリシーも設定されていない場合は、ユーザーがこの機能のユーザー レジストリ設定を変更してイントラネット サイトに格納されている .hlp ファイルをブロックするかどうかを設定できます。この設定を変更するには、まず次の新しいサブキーをレジストリに追加する必要があります。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WinHelp
    という名前の DWORD 値を追加する必要がありますし、 AllowIntranetAccess このサブキーです。AllowIntranetAccess の値を 1 に設定すると、イントラネット サイトに格納されている .hlp ファイルは使用可能になります。この値を 0 に設定すると、イントラネット サイトに格納されている .hlp ファイルはブロックされます。このレジストリ値が存在しない場合は、イントラネット サイトに格納されている .hlp ファイルはブロックされます。
.hlp ファイルをリリースしているヘルプ コンテンツ プロバイダー
Windows Vista 以降、古いヘルプ コンポーネント (WinHlp32.exe) は、新しいバージョンの Windows 用に機能が追加された新しいヘルプ コンポーネントに置き換えられます。

WinHlp32.exe テクノロジは、Windows の今後のリリースでは、現在の形ではサポートされません。このため、ソフトウェアを開発する場合、この Windows ヘルプ プログラムを使用しないことを強くお勧めします。.hlp ファイルに依存するプログラムをリリースしているソフトウェア開発者には、.chm、.html、.xml など、代替のヘルプ ファイル形式に移行することをお勧めします。また、WinHelp API からの呼び出しも、新しいコンテンツ ソースに変更する必要があります。ヘルプ コンテンツの形式を変換できるサードパーティ製のツールがいくつか提供されています。

注: Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008、および Windows Server 2008 R2 には、16 ビットの .hlp ファイル用の WinHelp.exe がまだ含まれています。WinHelp.exe プログラムは、16 ビット .hlp ファイル用のバージョンの Windows ヘルプです。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:917607 - 最終更新日: 07/23/2016 01:39:00 - リビジョン: 43.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows 8.1, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Business, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Starter, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Home Premium 64-bit edition, Windows Vista Home Basic 64-bit edition, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Web Server 2008 R2

  • kbquadrantinstall kbresolve kbtshoot kbhelp kbexpertisebeginner kbinfo kbcip kbconsumer kbmt KB917607 KbMtja
フィードバック
epeat="language in languagesListForLargeScreens track by $index" class="col-sm-6 col-xs-24 ng-scope"> Paraguay - Español
Venezuela - Español
.appendChild(m);