現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX の Visual Studio 2008年を使用して Visual Basic プロジェクトをビルドした後、IDE のパフォーマンスが低下可能性があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

946344
現象
次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft Visual Studio 2008年を使用して、Microsoft Visual Basic のプロジェクトをビルドします。
  • Visual Basic プロジェクトには多数の XML コメントで、1 つのファイルが含まれます。
  • ファイルは、デザイナーが生成したファイル データセットや Web の参照と考えられます。
このシナリオでは、IDE で次のパフォーマンス問題が発生する可能性があります。
  • IDE でソリューションをビルドして、ソリューションを再構築するために時間がかかります。
  • デバッグを開始するのには、f5 キーを押したとき、応答時間が遅いが発生します。
  • 低速な応答時間コード エディターで発生します。
  • IntelliSense での低速の応答時間が発生します。
原因
Visual Studio 2008年コンパイラの XML ドキュメントが含まれているサイズの大きいファイルを処理する方法のため発生します。
解決方法

修正プログラムの情報



サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムを MSDN コード ギャラリーからダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

メモ MSDN コード ギャラリーの修正プログラムを入手できる言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合コード ギャラリー リソース ページがその言語の利用できないためにです。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。


この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Avvspkdh.dll9.0.21022.4334,8162008 年 1 月 29 日03: 17
Mcee.dll9.0.21022.43367,6082008 年 1 月 29 日03: 17
Mpishim.exe9.0.21022.4326,1122008 年 1 月 29 日03: 17
Msvb7.dll9.0.21022.434,069,8802008 年 1 月 29 日03: 17
Msvsmon.exe9.0.21022.433,004,4162008 年 1 月 29 日03: 17
回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: XML コメントの生成を無効にします。

プロジェクトの XML コメントの生成を無効にするには、次の手順のいずれかを使用します。

Visual Studio 2008

  1. ソリューション エクスプ ローラーで右クリックします。 プロジェクト名、し プロパティ.
  2. で、 コンパイル タブオフにし、 [XML ドキュメント ファイルを生成します。 チェック ボックスします。
  3. で、 ファイル メニューをクリックして すべて保存します。.

Visual Basic 2008 Express Edition

  1. プロジェクトのバックアップを作成します。
  2. メモ帳で、プロジェクトの .vbproj ファイルを開きます。
  3. 見つけて、すべて削除、 <documentationfile></documentationfile> .vbproj ファイル内の要素。

    メモ 通常、.vbproj ファイル内の 2 つの要素が削除されます。

方法 2: XML コメントを削除します。

XML コメントを削除するには、デザイナーで生成されたファイルに対して次の手順を実行します。
  1. で、 編集 メニューのポイント [検索と置換、し クイック置換します。.
  2. で、 検索対象 ボックスの種類 '''.
  3. で、 交換してください。 ボックスの種類 ''、し すべて置換します。.
メモ いずれか、次の操作を行う場合は、次の手順を繰り返す必要があります。
  • このコード ファイルを生成したデザイナー ファイルを保存します。
  • Web 参照を更新します。
  • ファイルを右クリックしをクリックして カスタム ツールを実行します。.

方法 3: XML コメントを含むファイルを保存するのには、別のプロジェクトを作成します。

デザイナーで生成されたファイルを格納する新しいクラス ライブラリ プロジェクトを作成します。次の手順の例としては、これを行うには
  1. データセットが含まれているファイルを格納する新しいクラス ライブラリ プロジェクトを作成するか、Web への参照が含まれています。
  2. 元の Visual Basic のプロジェクトでは、新しいクラス ライブラリ プロジェクトへの参照を追加します。
  3. XML ドキュメント ファイルを無効にするのには、方法 1 を使用します。
メモ Visual Basic コードに import ステートメントを追加する必要があります。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明
プロジェクトの XML ドキュメントを生成する方法の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
vs 2008 vb 2008

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:946344 - 最終更新日: 08/10/2011 13:50:00 - リビジョン: 3.0

  • kbqfe kbpubtypekc kbmt KB946344 KbMtja
フィードバック