現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows 更新プログラムの構成に失敗しました。変更を元に戻しています。コンピューターの電源を切らないでください" というエラーが Windows 更新プログラムをインストールしようとすると発生する

現象
Windows 更新プログラムをインストールしようとすると、次のエラーが表示されます。
Windows 更新プログラムの構成に失敗しました。変更を元に戻しています。コンピューターの電源を切らないでください。

注: この問題が発生する場合は、変更を元に戻すために約 30 分かかることがあり、その後にシステムに Windows ログオン画面が表示されます。
解決方法
この問題を解決するには、方法 1 から始まる以下の方法を使用します。問題が解決しない場合は、次の方法をクリックします。

コンピューターを再起動する (Windows 8 のみ)

Windows 8 を再起動するには、次の手順に従います。
  1. 画面の右上端からスワイプし (マウスを使用している場合は画面の右上隅をポイントし)、[設定] をタップまたはクリックします。
  2. [電源] をタップまたはクリックし、[再起動] をタップまたはクリックします。
  3. Windows 更新プログラムのインストールを再度試行します。

リムーバブル メディアをコンピューターから取り外す (Windows 8、Windows 7、および Windows Vista)

リムーバブル ディスク (ブルーレイ ディスク、DVD、CD)、メモリ カード (CompactFlash カード、セキュア デジタル (SD) カード、メモリ スティック)、USB フラッシュ ドライブなどのすべてのリムーバブル メディアをコンピューターから取り外す必要があります。

これらのリムーバブル メディアは Windows の再起動中にこの問題の原因になることがあります。

Windows Update トラブルシューティング ツールを実行する (Windows 8、Windows 7、およびWindows Vista)。

Windows 8 または Windows 7

Windows Update トラブルシューティング ツールをダウンロードして実行するには、下の [今すぐ実行] ボタンをクリックするか、次の手順に従って開くことができます。

Microsoft fix it banner
Windows Update の一般的な問題を自動的に診断して修復するトラブルシューティング ツールで、この資料で説明されている問題が自動的に解決できる可能性があります。

このトラブルシューティング ツールは、多くの問題を解決します。
詳細情報
今すぐ実行


注: Windows Update トラブルシューティングで表示されるテキストは英語のみの場合があります。Windows Update トラブルシューティングが完了した後に以前の Windows Update の履歴が削除される場合があります。

Windows 8 でインターネットに接続されていない場合は、Windows 8 に含まれる Windows Update トラブルシューティング ツールを使用することができます。ただし、このトラブルシューティング ツールは、上記のリンクされたトラブルシューティング ツールが実行するすべてのトラブルシューティング手順を実行するわけではありません。
  1. 画面の右端から中央にスワイプし、[検索] をタップして (マウスを使用している場合は画面の右上隅をポイントしてからマウス ポインターを下に移動し、[検索] をクリックして)、Windows Update トラブルシューティングを開きます。
  2. トラブルシューティング」と入力し、[設定] をタップまたはクリックして、[トラブルシューティング] をタップまたはクリックします。
  3. [システムとセキュリティ] で [Windows Update で問題を解決する] をタップまたはクリックし、[次へ] をクリックします。

Windows Vista

Windows Update トラブルシューティング ツールを起動するには、下の [今すぐ実行] ボタンをクリックします。
Microsoft fix it banner
Windows Update の一般的な問題を自動的に診断して修復するトラブルシューティング ツールで、この資料で説明されている問題が自動的に解決できる可能性があります。

このトラブルシューティング ツールは、多くの問題を解決します。
詳細情報
今すぐ実行


注:
Windows Update トラブルシューティングで表示されるテキストは英語のみの場合があります。Windows Update トラブルシューティングが完了した後に以前の Windows Update の履歴が削除される場合があります。

Windows 更新プログラムをクリーン ブート状態でインストールする (Windows 8、Windows 7、および Windows Vista)

Windows 更新プログラムをクリーン ブート状態でインストールすると、Windows でインストールされている他のアプリケーションやサービスによって Windows 更新プログラムのインストールがブロックされることを回避できます。Windows でクリーン ブートを実行するには、「Windows 8、Windows 7、または Windows Vista でクリーン ブートを実行して問題のトラブルシューティングを行う方法」を参照してください。

システムの復元を実行する (Windows 8、Windows 7、および Windows Vista)

注: この方法を使用するには、管理者アカウントを使用して Windows にログオンする必要があります。コンピューターが職場のネットワークの一部である場合は、システム管理者に問い合わせてください。管理者として Windows にログオンする方法の詳細については、搭載している Windows のバージョンに応じて次のいずれかのリンクをクリックしてください。Windows のインストール ディスクを使用してコンピューターを起動すると、起動時にシステム回復オプションを実行できます。これを行うには、以下の手順を実行します。

注: CD または DVD から起動できるようにコンピューターが構成されていない場合、または Windows がコンピューターにプレインストールされているが CD または DVD が付属していない場合、続行する方法については、コンピューターに付属するマニュアルを参照してください。または、スキップして次の方法に進みます。

Windows 8

  1. Windows 8 のインストール ディスクをドライブに挿入し、コンピューターを再起動します。
  2. ディスクから起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、任意のキーを押します。
  3. [コンピューターの修復] をタップまたはクリックします。
  4. [トラブルシューティング] をタップまたはクリックし、[詳細オプション] をタップまたはクリックします。
  5. 使用している Windows 8 のバージョンをタップまたはクリックし、[システムの復元] をタップまたはクリックして、必要な復元ポイントをタップまたはクリックし、[次へ] をタップまたはクリックします。
  6. 画面の指示に従って、システムの復元を実行し、再起動を求めるメッセージが表示されたら、コンピューターを再起動します。

Windows Vista または Windows 7

Windows を起動する
  1. Windows Vista または Windows 7 のインストール ディスクをドライブに挿入し、コンピューターを再起動します。
  2. ディスクから起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、任意のキーを押します。
  3. メッセージが表示されたら、[インストールする言語]、[時刻と通貨の形式]、および [キーボードまたは入力方式] のオプションを必要に応じて構成し、[次へ] をクリックします。
  4. [コンピューターを修復する] をクリックします。
復元ポイントを選択する
  1. [システム回復オプション] ページで、修復する Windows オペレーティング システムのバージョンをクリックし、[次へ] をクリックします。
  2. [システム回復オプション] ページで、[システムの復元] をクリックします。
  3. [システムの復元] ページで [次へ] をクリックします。
  4. オペレーティング システムが正常に機能していたことがわかっている時点の復元ポイントを選択し、[次へ] をクリックします。

    復元ポイントの日付は、エラーが初めて発生した時点より前の日付である必要があります。日付を選択するには、[別の復元ポイントを選択する] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. 復元するディスクを指定するように求めるメッセージが表示された場合は、ハード ディスクを選択し、[次へ] をクリックします。
  6. [復元ポイントの確認] ページで [完了] をクリックします。
  7. 復元処理が完了したら、[再起動] をクリックします。

インプレース アップグレードを実行する (再インストール) (Windows 7 および Windows Vista)

インプレース アップグレードを実行すると、現在の Windows のインストールが、インストール DVD のバージョンに復元されます。このアップグレードを実行した後、インストール DVD に収録されていないすべての更新プログラムもインストールする必要があります。コンピューターに Windows がプレインストールされていた場合、インプレース アップグレードの実行方法に関する手順については、コンピューターのマニュアルを参照してください。それ以外の場合は、次の手順を実行します。

注: すべての個人ファイルをバックアップすることを強く推奨します。詳細については、「ファイルをバックアップする」を参照してください。
  1. Windows Vista または Windows 7 の DVD をコンピューターの DVD ドライブに挿入します。
  2. セットアップ画面で、[今すぐインストール] をクリックします。
    • 注: Windows で自動的に DVD が検出されない場合は、次の手順を実行します。
      1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「ドライブ:\setup.exe」と入力します。注: ドライブ プレースホルダーは、コンピューターの DVD ドライブのドライブ文字で、通常は D:\ です。
      2. [プログラム] ボックスの一覧の [Setup.exe] をクリックします。
      3. セットアップ画面で、[今すぐインストール] をクリックします。
  3. [インターネットに接続して最新のインストールの更新プログラムを取得する (推奨)] をクリックします。
  4. プロダクト キーの入力を求めるメッセージが表示されたら、プロダクト キーを入力します。
  5. [Windows のインストール] ページで、アップグレードするオペレーティング システムを選択します。
  6. [はい] をクリックして、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。
  7. インストールの種類を選択する画面が表示されたら、[アップグレード] をクリックします。
  8. インストールが完了したら、コンピューターを再起動します。

次の手順
上記の方法で問題が解決しなかった場合、Microsoft Customer Support Services の Web サイトを使用すると問題の他の解決策を検索できます。Microsoft Customer Support Services Web サイトでは、以下のようなサービスを利用できます。問題が継続する場合は、マイクロソフト サポートに問い合わせることもできます。
詳細

Windows インストールを復元または修復する方法

修復と復元

Windows 7 のスタートアップ修復

Windows Vista のスタートアップ修復

注: これらの Web サイトには、製造元によってシステム回復オプションがコンピューターにインストールされていた場合に使用できるオプションについても記載されています。

Windows Vista でこの問題を回避する方法

Windows Vista でこの問題を回避するには、Microsoft ダウンロード センターから更新プログラム 937287 を入手し、Windows Update Web サイトで提供される他の更新プログラムとは分けて、個別にインストールします。今後の更新プログラムが正常にインストールされるようにするには、使用している Windows Vista のバージョンに適した更新プログラムをインストールしてください。

下記のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
Windows Vista (x86 ベースのシステム)
ダウンロードWindows6.0-KB937287-x86.msu パッケージ
Windows Vista (x64 ベースのシステム)
ダウンロードWindows6.0-KB937287-x64.msu パッケージ
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:949358 - 最終更新日: 04/11/2014 13:51:00 - リビジョン: 11.0

  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 8
  • Windows 8 Pro
  • kbPubTypeKC kbtshoot kberrmsg kbexpertiseinter kbprb KB949358
フィードバック