注: この記事は、新しい Microsoft Edge を対象としています。 Microsoft Edge のレガシ バージョンに関するヘルプをご覧ください。

[プライバシーとサービス] の [設定]新しい Microsoft Edge   に移動して、>設定 >を選択できます 。  各プライバシー設定は、好みに応じてオンとオフを切り替えることができます。 各設定については、以下をご覧ください。

追跡防止

トラッカーは、Web サイトで閲覧の動作に関するデータを収集するために使用されます。 Microsoft Edge はトラッカーを検出してブロックするように設計されています。ユーザーは、どのレベルの追跡防止を使用するか選択できます。 追跡防止について詳しくは、こちらをご覧ください

閲覧データのクリア

Microsoft Edge には、アクセスしたサイト、パスワード、フォームに入力した情報などの閲覧データが保存されます。 Microsoft Edgeで閲覧データを消去するには、[設定] >の詳細>プライバシーとサービス>を選択します。 同期がオンになっている場合、この情報は対象のデバイスおよび同期されている他のデバイスから消去されます。 閲覧データの消去について詳しくは、こちらをご覧ください

プライバシー

  • "追跡しない" 要求を送信します。 Web サイトにアクセスすると、"追跡しない" 要求を送信できます。 ただし、サイトによっては、この要求に応答せず、Web 動作の追跡が行われる場合もあります。 この要求に従うかどうかは、アクセス先のサイトによって決定されます。

  • 支払い情報が保存されているかどうかをサイトで確認できるようにする: フォームに短時間で入力できるように、クレジット カードやデビット カードの情報を Microsoft Edge に保存しておくことができます。これにより、支払いに関するフォームに、支払い情報を自動的に入力できます。 支払い情報は、許可されたマーチャントのみと共有されます。

  • 証明書を管理します。 個人認証証明書と Microsoft の信頼できる証明機関を管理できます。

Microsoft Edge の改善にご協力ください

Microsoft では、製品やサービスの品質を向上させるために診断データを使用しています。 このデータは、製品のパフォーマンスや改善が必要な箇所について Microsoft が理解を深めるために使用されます。  

  • ブラウザーの使い方に関するデータを送信して、Microsoft 製品を改善します。 製品の問題を解決し、Microsoft 製品およびサービスの品質向上に役立てるために、デバイスに関連するオプションの診断データを Microsoft と共有するかどうかを制御できます。 これには、新しいエクスペリエンスのテストに基づくデータも含まれます。 この設定をオンにすると、Microsoft Edge を使用する他のアプリケーションからも、このデータを Microsoft と共有することが許可されます。 Windows 10 の Microsoft Edge では、この選択は Windows 診断データ設定によって決まります。 他のオペレーティング システムの Microsoft Edge での選択は、ブラウザーにおける設定によって決まります。 この設定の変更を完了するには、Microsoft Edge を再起動します。

  • Microsoft Edge でアクセスした Web サイトに関する情報を送信して、検索と Microsoft 製品の改善に協力する: アクセスした Web サイトに関する情報を Microsoft と共有するかどうかを制御できます。 この閲覧履歴情報は、検索結果、製品、サービスの品質向上を目的として、傾向やさまざまなトピックを Microsoft が把握するために役立ちます。 この設定を有効にすると、Microsoft Edge を使用する他のアプリケーションからもデータを受け取ることが Microsoft に許可されます。 Windows 10 の Microsoft Edge では、この選択は Windows 診断データ設定によって決まります。 他のオペレーティング システムの Microsoft Edge での選択は、ブラウザーにおける設定によって決まります。 この設定の変更を完了するには、Microsoft Edge を再起動します。

Web エクスペリエンスのカスタマイズ

このアカウントでの閲覧履歴の使用 (広告、検索、ニュース、他の Microsoft サービスの個人用設定を目的とした使用) を Microsoft に許可することにより、Web エクスペリエンスを向上させることができます。 ユーザーからの許可があれば、Microsoft Edge は、ユーザーの閲覧履歴を収集および使用し、より関連性の高い検索結果、広告、ニュースを提供できます。 パーソナライズされた広告とエクスペリエンスについて詳しくは、こちらをご覧ください。

Microsoft クラウド に保存されている データを管理し、Microsoft プライバシー ダッシュボードから 広告設定 を変更できます。

サービス

  • Web サービスを使用して、ナビゲーション エラーを解決します。 ネットワークの問題が発生した場合、Microsoft Edge は、リダイレクションの応答コードを確認http://edge.microsoft.com/captiveportal/generate_204 Cookie なしで要求します。 リダイレクトされた場合、Microsoft Edge は、サインイン ページであると想定して、リダイレクト先を新しいタブで開きます。 これにより、ホテル Wi-Fi などのネットワークへの接続が可能になります。

  • Microsoft Defender SmartScreen。 SmartScreen を使用すると、既知の悪意のあるサイトに移動したり、不審なダウンロードについて通知したりすることが防止されます。 不要な可能性のあるアプリをブロックする機能をオンにした場合、SmartScreen はダウンロードしたファイルの URL をチェックして、不要な可能性のあるアプリとして分類されていないか確認できます。 SmartScreen の詳細については、Windows Defenderしてください。

  • アドレス バー。 [検索候補とおすすめサイト] をオンにした場合、入力した文字が Microsoft Edge から既定の検索エンジンに送信されます。これにより、アドレス バーに検索候補とおすすめ Web サイトのアドレスが表示されるようになります。 ここで、既定の検索エンジンを変更することもできます。

  • 拡張機能が検索エンジン、新しいタブ ページ、ホーム ページの各設定を変更することを許可する: これを有効にすると、Microsoft Edge の構成の変更が拡張機能に許可されます。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×