Accessでインポート ウィザードまたはエクスポート ウィザードを実行すると、使用した設定を定義として保存して、いつでも操作を繰り返し実行できます。 定義には、入力を行わずに操作を繰り返す必要があるすべての情報が含まれている。 たとえば、Excel ブックからデータをインポートする定義には、ソースの Excel ファイルの名前、インポート先データベースの名前、既存のテーブルにデータを追加したかどうか、データを新しいテーブルにインポートしたかどうか、主キー情報、フィールド名などの詳細が格納されます。

Access でサポートされているファイルの書式設定を含め、インポート操作またはエクスポート操作を保存できます。 リンク設定操作や、データシート分のみをエクスポートする操作の詳細を保存することはできません。

定義の主な目的は、ユーザーが入力操作を繰り返さなくてもインポートやエクスポートが行えるように、すべての主な詳細を保存することですが、定義は非常に柔軟です。 たとえば、定義を再び実行する前に、ソース ファイル名やターゲット ファイル名を変更できます。 これにより、いくつかの異なるソース ファイルやターゲット ファイルを使って 1 つの定義を使用できます。

書式設定されたデータを Excel または Word にエクスポートする定義は、現在のフィルターやソース オブジェクトの列設定を Access で繰り返すようになります。 定義を実行するときにソース オブジェクト (テーブル、クエリ、フォーム、またはレポート) が開いている場合、Access は、現在表示されているデータのみをエクスポートします。 ソース オブジェクトが開いていない場合は、そのオブジェクトで最後に保存された設定がエクスポートするデータを指定します。

インポート定義やエクスポート定義のスケジュールを作成する

  1. Access からインポート操作またはエクスポート操作を開始します。

    インポート ウィザードとエクスポート ウィザードは、[外部データ] タブにあります。 インポート ウィザードは [インポート/リンク] グループ、エクスポート ウィザードは [エクスポート] グループにあります。

  2. ウィザードに表示される手順に沿って操作します。 [OK] または [完了] をクリックした後、Access が操作を正常に完了した場合、[インポート操作の保存] または [エクスポート操作の保存] がウィザードのページに表示されます。

  3. ウィザードのページで [インポート操作の保存] または [エクスポート操作の保存] をクリックして、操作の詳細を定義として保存します。

    Access により、追加のコントロール セットが表示されます。 次の図は、利用できるコントロールが表示されたダイアログ ボックスです。

    [インポート操作の保存] ダイアログ ボックス

  4. [名前を付けて保存] ボックスに定義の名前を入力します。

  5. [説明] ボックスで説明を入力して、後で自分や他のユーザーが操作を特定しやすくします。

  6. 操作を実行するタイミングを通知する Outlook タスクを作成するには、[Outlook タスクの作成] をクリックします。

  7. [インポートの保存] または [エクスポートの保存] をクリックして、定義を保存します。 Access は、現在のデータベースで定義を作成して格納します。

  8. ウィザード ページの [インポート操作の保存] または [エクスポート操作の保存] のいずれかで [Outlook タスクの作成] をクリックすると、Outlook タスク ウィンドウが表示されます。 タスクの詳細を入力して、[保存して閉じる] をクリックします。

他に必要な情報はありますか?

ビデオ: インポートまたはエクスポート操作の詳細の保存

ここでは、インポート操作またはエクスポート操作の詳細を保存する例について説明するビデオを示します。 このビデオでは、保存済みインポート定義またはエクスポート定義を実行するマクロを作成する方法も示します。

注: このビデオは Access 2010 を使用して記録されましたが、同じ基本的な手順は新しいバージョンにも適用されます。

ご利用のブラウザーではビデオがサポートされていません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×