コンテンツの校閲者が誤って文書を変更しないようにする場合は、校閲用に送信する前に、文書を読み取り専用に変更することができます。 他には、書式設定と編集を制限する方法もあります。

ドキュメントを読み取り専用ファイルに設定すると、ドキュメントを読み取りまたはコピーできますが、変更することはできません。 レビュー担当者の 1 人が読み取り専用ファイルを変更しようとすると、文書に新しい名前を付け、または新しい場所に保存することでのみ変更を保存できます。

注: 文書を読み取り専用にしても、文書の新しいコピーを作成したり、異なる名前や場所で保存したりすることは防げません。

編集を制限する

  1. [校閲]、[編集の制限] の順にクリックします。

    [校閲] タブの [編集の制限]

  2. [編集の制限] の [ユーザーに許可する編集の種類を指定する] チェック ボックスをオンにし、一覧に [変更不可 (読み取り専用)] と表示されることを確認します。

    [編集の制限] ウィンドウ

  3. [はい、保護を開始します] をクリックします。

    [編集の制限] ウィンドウ

  4. 表示されるボックスに、覚えておくことができるパスワードを入力し、確認のためもう一度パスワードを入力します。

    パスワードは省略可能です。 ただし、パスワードを追加しないと、誰でも [保護の中止] をクリックし、文書を編集することができます。

関連項目

文書、ブック、プレゼンテーションの保護の追加または削除

読み取り専用で保存する

  1. [Microsoft Office ボタン] Office ボタンの画像 をクリックし、以前に文書を保存したことがある場合は [保存] または [名前を付けて保存] をクリックします。

  2. [ツール] をクリックします。

  3. [全般オプション] をクリックします。

  4. [読み取り専用を推奨] チェック ボックスをクリックします。

  5. [OK] をクリックします。

  6. 文書を保存します。 既に文書を保存している場合は、別のファイル名で保存する必要があります。

読み取り専用を削除する

  1. [Microsoft Office ボタン] Office ボタンの画像 をクリックし、以前に文書を保存したことがある場合は [保存] または [名前を付けて保存] をクリックします。

  2. [ツール] をクリックします。

  3. [全般オプション] をクリックします。

  4. [読み取り専用を推奨] チェック ボックスをオフにします。

  5. [OK] をクリックします。

  6. 文書を保存します。 既に文書を保存している場合は、別のファイル名で保存する必要があります。

ページの先頭へ

書式設定と編集を制限する

コンテンツの校閲者が誤って文書を変更しないようにするための、2 つ目の方法は次のとおりです。

  1. [校閲] タブの [保護] グループで [文書の保護] をクリックします。

  2. [校閲制限オプション] で、[書式設定と編集の制限] をクリックします。

  3. [書式設定と編集の制限] 作業ウィンドウで、[書式の制限]、[編集の制限]、および [保護の開始] の順に移動して、必要な書式設定と編集を行います。

書式設定と編集の制限を解除する

  1. [校閲] タブの [保護] グループで [文書の保護] をクリックします。

  2. チェック マークを外すには、[校閲制限オプション] で [書式設定と編集の制限] をクリックします。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×