機密データが承認されたユーザーのみが表示されるように、プライバシー レベルは正しく構成するために重要です。 さらに、データソースを他のデータ ソースから分離して、データの結合に望ましくないデータ転送の影響を与えないようにする必要があります。 プライバシー レベルを誤って設定すると、信頼できる環境の外部から機密データが漏洩する可能性があります。 プライバシーを理解し、ニーズに合った適切なレベルに設定してください。

セキュリティ    データ ソースに機密性の高いデータまたは機密データが含まれている場合は、プライバシー レベルを [プライベート] に設定します

2018 年 5 月、ヨーロッパのプライバシー法である一般データ保護規則 (GDPR) が有効にされました。 GDPR は、欧州連合 (EU) の人々に商品やサービスを提供する企業、政府機関、非営利団体、その他の組織、または EU の居住者に関連するデータを収集して分析する新しい規則を課しました。 GDPR は、場所に関係なく適用されます。

大事な    制限的な分離レベルではデータ ソース間の情報交換がブロックされますが、機能性が低下したり、パフォーマンスに影響を与えたりする可能性があります。

  1. [データ ソース] ダイアログ 設定表示するには、次のいずれかの操作を行います。

    Power Query エディター    [ファイルの>オプション] を選択し、[設定>データ ソース] を設定。

    Excel   [データ の取得>データ ソースの>を選択設定。

  2. [アクセス 許可の編集] を選択します。 [ アクセス許可の編集] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [プライバシー レベル]で、ドロップダウン リストからオプションを選択します

    。[なし] プライバシー   設定はありません。 このオプションの設定には注意してください。 プライバシーに関する規制がそれ以外の場合は維持される必要があります。 このプライバシー設定は、テストおよびパフォーマンス上の理由から、制御された開発環境で使用できます。

    プライベート     機密情報が含まれており、データ ソースの可視性が承認されたユーザーに制限される場合があります。 他のデータ ソースから完全に分離されています。 たとえば、Facebook データ、株価賞を含むテキスト ファイル、従業員レビューを含むブックなどです。

    組織     データ ソースの可視性を信頼できるユーザー グループに制限します。 すべてのパブリック データ ソースから分離されますが、他の組織データ ソースには表示されます。 一般的な例は、信頼Microsoft Wordアクセス許可が有効になっているイントラネット SharePointサイト上のドキュメントです。

    パブリック     すべてのユーザーにデータの可視性を提供します。 [パブリック] とマークできるのは、ファイル、インターネット データ ソース、ブック データのみです。 たとえば、Wikipedia ページのデータや、パブリック Web ページからコピーされたデータを含むローカル ファイルなどです。

  4. [OK] を選択します。 

プライバシー レベルでは、プライベートや組織など、さまざまなレベルのプライバシーに設定されている複数のデータ ソースのデータを誤って結合する可能性があります。 クエリによっては、信頼できるスコープの外部にある可能性がある別のデータ ソースに、プライベート データ ソースから誤ってデータを送信する可能性があります。 Power Query は、各データ ソースを分析し、定義されたプライバシー レベル ( パブリック組織、プライベート) で分類 します。 この分析により、望ましくないデータ転送がある場合にデータが結合されません。 このデータ保護のプロセスは、クエリがクエリフォールドと呼ばれる手法を使用する場合にも発生する可能性があります。 クエリのフォールディングの詳細については、「データ ソース エラーの 処理」を参照してください

[高速結合] オプションは、データを結合するときに Power Query でプライバシー レベルの設定を使用するかどうかを決定するブック設定です。 これらのオプションは、既定では有効になっていません。 

注意: [ブックの設定] で [プライバシー レベルを無視して、パフォーマンスを向上する] を選んで [高速結合] を有効にすると、承認されていないユーザーに機密データが開示される可能性があります。 データ ソースに機密 データや 機密データが含まれていると確信できる場合を限り、高速結合は有効にしません。

  1. [クエリ オプション] ダイアログ ボックスを 表示するには:

    Power Query エディター    [ ファイルの選択>オプション] と [クエリ オプション] >設定] を選択します

    Excel   [Data >Get Data>クエリ オプション]を選択します

  2. 左側のウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。

    GLOBAL    [ プライバシー]を選択し、右側のウィンドウで次のいずれかを設定します。

    • 各ソースのプライバシー レベルの設定に従って常にデータを結合する    

    • 各ファイルのプライバシー レベルの設定に従ってデータを結合する データの結合時に、プライバシー レベル設定がデータ ソース間の分離レベルを決定するために使用されます。 この設定により、パフォーマンスと機能が低下する可能性があります。 プライバシー分離ゾーン間でデータをマージすると、一部のデータ バッファリングが発生します。

    • 常にプライバシー レベルを無視し、パフォーマンスを向上させる可能性があります     [プライバシー レベル] 設定を無視して結合します。 この設定により、パフォーマンスと機能が向上する可能性がありますが、Power Query では、ブックに結合されたデータのプライバシーを確保することはできません。

    現在のブック[ プライバシー]を選択し、右側のウィンドウで次のいずれかを設定します。

    • 各ソースのプライバシー レベルの設定に従ってデータを結合する データの結合時に、プライバシー レベル設定がデータ ソース間の分離レベルを決定するために使用されます。 この設定により、パフォーマンスと機能が低下する可能性があります。 プライバシー分離ゾーン間でデータをマージすると、一部のデータ バッファリングが発生します。

    • プライバシー レベルを無視し、パフォーマンスを向上させる可能性がある     [プライバシー レベル] 設定を無視して結合します。 この設定により、パフォーマンスと機能が向上する可能性がありますが、Power Query では、ブックに結合されたデータのプライバシーを確保することはできません。

  3. [OK] を選択します。

関連項目

Power Query for Excel のヘルプ

プライバシーに関する補足Excel

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×