最終的にデータ ソースを設定し、思い通りにデータを整えるのは、とても便利です。 外部データ ソースからデータを更新すると、操作がスムーズに行うのが望みです。 ただし、必ずしもそうではありません。 途中でデータフローを変更すると、データを更新しようとするときにエラーとして発生する問題が発生する可能性があります。 一部のエラーは簡単に修正できる場合があります。一時的なエラーや、診断が困難なエラーがあります。 次に示すのは、発生するエラーを処理するために実行できる一連の戦略です。 

エラーが発生する可能性がある抽出、変換、読み込み (ETL) の概要

データを更新するときに発生する可能性があるエラーには、2 種類があります。

地元の   ブックでエラーが発生したExcel、少なくともトラブルシューティングの作業は制限され、管理しがちです。 更新されたデータが関数でエラーを引き起こしたり、データがドロップダウン リストに無効な条件を作成したりした可能性があります。 これらのエラーは面倒ですが、追跡、特定、修正は非常に簡単です。 Excel、より明確なメッセージと、問題の特定と解決に役立つ対象指定されたヘルプ トピックへのコンテキスト依存リンクによるエラー処理も改善されました。

リモート   ただし、リモート外部データ ソースから発生するエラーは、完全に別の問題です。 通りの向こう側、世界の中途半端、またはクラウド内にある可能性があるシステムで何かが発生しました。 これらの種類のエラーには、別のアプローチが必要です。 一般的なリモート エラーは次のとおりです。

  • サービスまたはリソースに接続できなかった。 接続を確認します。

  • アクセスしようとしているファイルが見つかりませんでした。

  • サーバーが応答していないので、メンテナンス中である可能性があります。 

  • このコンテンツは使用できません。 削除されたか、一時的に使用できない可能性があります。

  • お待ちください。。。データが読み込まれています。

発生する可能性があるエラーに対処するために役立ついくつかの提案を次に示します。

特定のエラーを見つけて保存する    最初に、[クエリと接続&]ウィンドウを確認します([接続]> [&クエリ] を選択し、接続を選択して、フライアウトを表示します)。 発生したデータ アクセス エラーを確認し、提供されているその他の詳細をメモします。 次に、クエリを開いて、各クエリ ステップで特定のエラーを確認します。 すべてのエラーが黄色の背景で表示され、簡単に識別できます。 完全に理解していない場合でも、エラー メッセージ情報を書き込むか画面にキャプチャします。 組織内の同僚、管理者、またはサポート サービスは、何が起こったのかを理解し、解決策を提案するのに役立つ場合があります。 詳細については、「Power Query でのエラーの処理」を参照してください

ヘルプ情報を取得する    [ヘルプとOfficeサイトを検索します。 これには広範なヘルプ コンテンツが含まれているだけでなく、トラブルシューティング情報も含まれるのです。 詳細については、 の最新の問題に関する修正プログラムまたは回避策に関するページをExcel参照Windows。

技術コミュニティを活用する    Microsoft Communityサイトを使用して、問題に特に関連するディスカッションを検索します。 問題を経験した最初のユーザーではない可能性が高く、他のユーザーが問題を処理し、解決策を見つけた可能性もあります。 詳細については、「The Microsoft Excel Community and Office Answers Community」を参照してください

Web を検索する    好みの検索エンジンを使用して、関連するディスカッションや手掛かりを提供する可能性がある追加のサイトを Web 上で検索します。 これには時間がかかる場合がありますが、特に重要な質問に対する回答を探す幅広いネットをキャストする方法です。

サポートOffice問い合わせ      この時点で、おそらく問題をはるかに理解できます。 これにより、会話に集中し、Microsoft サポートに費やされる時間を最小限に抑えるのに役立ちます。 詳細については、「カスタマー サポートのMicrosoft 365とOffice」を参照してください。

問題を解決できない場合でも、他のユーザーが状況を理解して問題を解決するのに役立つ問題を正確に確認できます。

サービスとサーバーに関する問題    断続的なネットワークエラーと通信エラーが原因である可能性があります。 最善の方法は、しばらく待ってやり直す方法です。 場合によっては、問題が解決する場合があります。

場所または空き時間情報の変更    データベースまたはファイルが移動、破損、メンテナンスのためにオフラインにされた、またはデータベースがクラッシュしました。 ディスク デバイスが破損し、ファイルが失われる可能性があります。 詳細については、「ファイルの紛失したファイルを復元する」を参照Windows 10。

認証とプライバシーの変更   アクセス許可が機能しなくなったり、プライバシー設定に変更が行われたりすると、突然発生する可能性があります。 どちらのイベントも、外部データ ソースへのアクセスを妨げる可能性があります。 管理者または外部データ ソースの管理者に問い合わせて、何が変更されたのかを確認します。 詳細については、「データ ソースの設定 とアクセス許可を管理する」および「プライバシー レベルを設定 する」を参照してください

開いているファイルまたはロックされたファイル   テキスト、CSV、またはブックが開いている場合、ファイルに対する変更は、ファイルが保存されるまで更新に含まれません。 また、ファイルが開いている場合はロックされている可能性があります。閉じるまでアクセスできない場合があります。 これは、他のユーザーがサブスクリプション以外のバージョンのアカウントを使用している場合Excel。 ファイルを閉じるかチェックインを求める。 詳細については、「編集のためにロック されているファイルのロックを解除する」を参照してください

バックエンドでのスキーマの変更   誰かがテーブル名、列名、またはデータ型を変更します。 これはほとんど賢明ではありません。大きな影響を与える可能性があります。また、データベースでは特に危険です。 1 つは、データベース管理チームがこれを防ぐために適切な制御を行ったが、エラーが発生する可能性を望む。 

クエリフォールドからのエラーのブロック    Power Query は、可能な限りパフォーマンスを向上させます。 多くの場合、サーバーでデータベース クエリを実行して、より高いパフォーマンスと容量を利用する方が良い場合があります。 このプロセスはクエリフォールドと呼ばれる。 ただし、データが侵害される可能性がある場合、Power Query はクエリをブロックします。 たとえば、ブック テーブルとブックテーブルの間で差し込SQL Serverします。 ブックデータのプライバシーは [プライバシー]に設定されますが、SQL Serverは [組織] に設定されます。 プライバシーは 組織 よりも制限 が厳しいため、Power Query はデータ ソース間の情報交換をブロックします。 クエリの折りたたみは背後で発生します。そのため、ブロック エラーが発生すると驚く場合があります。 詳細については、「クエリフォールディングの基本」、クエリフォールディング、およびクエリ診断を使用したフォールドに関するページを参照してください

多くの場合、Power Query では、問題を正確に確認し、自分で解決できます。

テーブルと列の名前が変更されました    元のテーブルと列の名前または列見出しに変更を加えた場合、データを更新すると、ほぼ確実に問題が発生します。 クエリは、ほぼすべての手順でデータを形成するためにテーブル名と列名に依存します。 データ ソースと一致させる目的がない限り、元のテーブル名と列名を変更または削除しないようにします。 

データ型の変更    データ型の変更により、エラーや意図しない結果が発生する場合があります。特に、引数に特定のデータ型が必要になる可能性がある関数では、 たとえば、数値関数のテキスト データ型を置き換える、数値以外のデータ型に対して計算を行う試みなどです。 詳細については、「データ型を 追加または変更する」を参照してください

セル レベルのエラー   このようなエラーはクエリの読み込みを妨げるのではなく、セルに [エラー] と表示されます。 メッセージを表示するには、[エラー] を含む表のセルで空白を選択 します。 エラーを削除、置換、または保持することができます。 セルエラーの例を次に示します。 

  • 変換    NA を含むセルを数値に変換します。

  • 数学    テキスト値に数値を乗算します。

  • 連結    文字列を結合しようとすると、文字列の 1 つが数値になります。

安全に実験して反復処理する    変換が悪影響を及ぼす可能性が確実ではない場合は、クエリをコピーし、変更をテストし、Power Query コマンドのバリエーションを反復処理します。 コマンドが機能しない場合は、作成した手順を削除して、もう一度やり直してください。 同じスキーマと構造を持つサンプル データをすばやく作成するには、複数の列と行の Excel テーブルを作成し、インポートします([テーブル/範囲からデータ> を選択します)。 詳細については、「テーブルを作成する」と「テーブルからインポートする」をExcelしてください

Power Query エディターでデータを使用して何が可能かを最初に把握すると、おとめ店のお子さんのように感じる場合があります。 しかし、すべての食べ物を食べるという強い抵抗があります。 誤って更新エラーが発生する可能性がある変換を行うのを避けたい。 列をテーブル内の別の位置に移動するなどの一部の操作は簡単であり、Power Query は列名で列を追跡するために、エラーを更新する必要があります。

その他の操作によって、更新エラーが発生する可能性があります。 一般的な経験則の 1 つは、ガイド ライトです。 元の列を大幅に変更しないようにします。 安全に再生するには、コマンド([列の追加]、[カスタム列]、[列の複製] など) を使用して元の列をコピーし、コピーした元の列のバージョンを変更します。 次に示すのは、更新エラーにつながる可能性がある操作と、よりスムーズに処理を行うのに役立ついくつかのベスト プラクティスです。

操作

ガイダンス

フィルタリング

クエリで可能な限り早くデータをフィルター処理し、不要なデータを削除して不要な処理を減らすことで、効率を向上させます。 また、オートフィルターを使用して特定の値を検索または選択し、日付、日時、日付のタイムゾーン列 (月、週、日など) で使用できる種類固有のフィルターを利用します。

データ型と列見出し

Power Query では、最初のソースステップの直後に 2つのステップがクエリに自動的に追加されます。これは、テーブルの最初の行を列見出しに昇格する [ヘッダーの昇格] と [種類の変更] です。この場合、各列の値の検査に基づいて、値が [任意] データ型からデータ型に変換されます。 これは便利ですが、誤った更新エラーを防ぐために、この動作を明示的に制御したい場合があります。

詳細については、「データ型を 追加または変更 する」および「行と列見出しを 昇格または降格する」を参照してください

列の名前 を変更する

元の列の名前を変更しないようにします。 他の コマンドまたは アクションによって追加される列には、[名前の変更] コマンドを使用します。

詳細については、「列の名前を 変更する」を参照してください

列の分割

元の列ではなく、元の列のコピーを分割します。

詳細については、「テキストの列を 分割する」を参照してください

列を結合する

元の列ではなく、元の列のコピーを結合します。

詳細については、「列を結合する 」を参照してください

を削除する

保持する列の数が少ない場合は、[列の選択] を使用して、必要な列を保持します。 

列の削除と他の列の削除の違いを考慮してください。 他の列を削除し、データを更新すると、最後の更新以降にデータ ソースに追加された新しい列は、クエリで [列の削除] ステップが再度実行されると他の列と見なされる可能性があります。 この状況は、列を明示的に削除した場合には発生しません。

ヒント      列を非表示にするコマンドはありません (このコマンドはExcel。 ただし、多数の列がある場合に、その多くを非表示にし、作業に集中する必要がある場合は、列を削除し、作成した手順を忘れ、その手順を削除してから、クエリをワークシートに読み込み戻します。

詳細については、「列を削除する 」を参照してください

値を 置き換える

値を置き換える場合は、データ ソースを編集する必要があります。 代わりに、クエリの値を変更します。 次回データを更新すると、検索した値が少し変更されたか、存在しなくなった可能性があります。そのため、[置換] コマンドは当初の意図した通り動作しない可能性があります。

詳細については、値の置換に関 するページを参照してください。

ピボット ピボット解除

[ピボット列] コマンド を使用すると、列をピボットして値を集計しないときにエラーが発生する可能性がありますが、1 つ以上の値が返されます。 この状況は、意図しない方法でデータを変更する更新操作の後に発生する可能性があります。

一部 の列が 不明で、更新操作中に新しい列を追加する場合は、[他の列のpivot解除] コマンドを使用します。

データ ソース の列数が不明で、更新操作後に選択した列が引き続き選択されていない場合は、[選択した列のみをピボト解除] コマンドを使用します。

詳細については、「ピボット列」と「ピボット解除列」を参照してください。

エラーが発生するのを防ぐ    外部データ ソースが組織内の別のグループによって管理されている場合、外部データ ソースに対する依存関係を認識し、ダウンストリームで問題を引き起こす可能性のあるシステムの変更を回避する必要があります。 データ、レポート、グラフ、およびデータに依存するその他のアーティファクトへの影響を記録します。 通信回線を設定して、影響を理解し、スムーズに動作し続ける必要な手順を実行します。 不要な変更を最小限に抑え、必要な変更の結果を予測するコントロールを作成する方法を見つける。 確かに、これは簡単に言えるので、実行が難しい場合があります。

クエリ パラメーターを使用した将来性    データの場所などへの変更を軽減するには、クエリ パラメーターを使用します。 フォルダー パス、ファイル名、URL など、新しい場所に置き換えるクエリ パラメーターを設計できます。 クエリ パラメーターを使用して問題を軽減する他の方法があります。 詳細については、「パラメーター クエリを 作成する」を参照してください

関連項目

Power Query for Excel ヘルプ

Power Query を使用する場合のベスト プラクティス (docs.com)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×