他のソフトウェア プログラムと同様に、プレゼンテーションに名前を付けてすぐに保存し、作業中に頻繁に変更を保存すると便利です。

新 PowerPoint 2013 バージョンでは、デスクトップ プレゼンテーションをローカル ドライブ (ノート PC など)、ネットワークの場所、CD、DVD、またはフラッシュ ドライブに保存できます。 別のファイル形式で保存できます。

  1. [ファイル] タブで [保存] を選びます。

    [ファイル] > [保存] または [名前を付けて保存]

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • ノート PC などのローカルドライブ、フラッシュ ドライブ、CD ドライブ、または DVD ドライブに保存するには、[コンピューター] をクリックします。

    • SharePoint ライブラリに保存するには、[SharePoint] を選びます。

  3. [名前を付けて保存] の [最近使用したフォルダー] で [参照] を選び、パスとファイル フォルダーを選んでファイルに名前を付けます。

  4. [保存] を選びます。

別のファイル形式でプレゼンテーション ファイルを保存する

注: PDF (.pdf) または XPS (.xps) ファイル形式でファイルを保存するには、「PDF または XPS に保存または変換する」 を参照してください

  1. [ファイル] タブの [名前を付けて保存] を選びます。

  2. [名前を付けて保存] で、次のいずれかの操作を行います。

  3. [最近使用したフォルダー] で [参照] を選び、パスとファイル フォルダーを選んでファイルに名前を付けます。

  4. [ファイルの種類] ボックスの一覧で、ファイル形式を選びます。

  5. [保存] を選びます。

旧バージョンの PowerPoint でプレゼンテーションを保存する

新 PowerPoint 2013 バージョンでは、[名前を付けて保存] ボックスの [ファイルの種類] の一覧からバージョンを選択することで、ファイルを以前のバージョンの PowerPoint に保存できます。 たとえば、PowerPoint プレゼンテーションを、最新の PowerPoint プレゼンテーション形式 (.pptx) でも PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション (.ppt) としても保存できます。

注: 

  • PowerPoint 2013 以降のバージョンでは、 で導入された XML .pptx ファイル形式を使用 2007 Office リリース。 これらのファイルは特別なアドインや機能の低下なしで、PowerPoint 2010 と PowerPoint 2007 で開くことができます。 詳細については、「Open XML Formats とファイル名拡張子」を参照してください。

文書形式を開く

Microsoft Office 、OpenDocument プレゼンテーション形式 (.odp) でプレゼンテーション ファイルを保存する機能をサポートしています。

[名前を付けて保存]または [コピーの保存] コマンドを使用すると、オプションの [種類として保存]の一覧の最後に 、.odp 形式で保存するオプションが一覧表示されます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [名前を付けて保存] をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • PowerPoint 2010 または PowerPoint 2007 でのみ開くことができるプレゼンテーションの場合、[ファイルの種類] ボックスの一覧で、[PowerPointプレゼンテーション (*.pptx) を選択します

    • PowerPoint 2010 以前のバージョンの PowerPoint で開くことができるプレゼンテーションの場合は、[PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション (*.ppt) を選択します

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで、プレゼンテーションを保存するフォルダーまたはその他の場所を選びます。

  4. [ファイル名] ボックスにプレゼンテーションの名前を入力するか、表示されている既定のファイル名で問題がなければそのままにして、[保存] をクリックします。

この後は、Ctrl キーを押しながら Sキーを押すか、画面の上部 ボタンの画像 にある [保存] をクリックして、いつでもプレゼンテーションをすばやく保存できます。

重要:  Office 2007 はサポートされなくなりました。 Microsoft 365 にアップグレードすることで、どんなデバイスでも、どこからでも仕事ができて、かつサポートを受けることができます。

今すぐアップグレードする

  1. [名前を付Microsoft Office ボタン] を Office ボタンの画像、[名前を付けて保存]をクリックします

  2. [名前を付けて保存] をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • PowerPoint 2007 でのみ開くことができるプレゼンテーションの場合は、[ファイルの種類] ボックスの一覧で、[PowerPointプレゼンテーション (*.pptx) を選択します

    • 以前のバージョンの PowerPoint で開くことができるプレゼンテーションの場合は、[PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション (*.ppt) を選択します

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで、プレゼンテーションを保存するフォルダーまたはその他の場所を選びます。

  4. [ファイル名] ボックスにプレゼンテーションの名前を入力するか、表示されている既定のファイル名で問題がなければそのままにして、[保存] をクリックします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×