メイン コンテンツへスキップ
Support
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。
レコーディング マネージャーによる保存と公開

[保存と公開] オプションを使って、レコーディングの名前を変更したり、場所を変更したりすることができます。また、インスタント メッセージ、参加者ビデオ、パノラマ ビデオなどを、レコーディングに含めるよう選ぶこともできます。

保存して発行する

  1. Skype for Business を開いて、[ツール]、[レコーディング マネージャー] の順にクリックします。

  2. レコーディングを強調表示し、[発行] をクリックします。

  3. [レコーディング ファイル名] ボックスにレコーディングの新しい名前を入力します。

  4. レコーディングの場所を変更するには、[保存先] ボックスの横にある [参照] をクリックして、ビデオの保存先のフォルダーに移動します。

最初の設定では、レコーディングには音声、ビデオ、IM、発表されたコンテンツ (画面共有や PowerPoint スライドなど) が含まれます。必要に応じて、レコーディングからコンテンツの一部を削除できます。

  1. [オプション] をクリックし、不要なコンテンツをオフにします。

    • 音声

    • 参加者ビデオ

    • パノラマ ビデオ

    • インスタント メッセージ

    • 発表されたコンテンツ

[OK] をクリックすると、レコーディングは選んだコンテンツを含めて新しい場所に保存されます。

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×