個人および小規模ビジネス向けのTeamsでは、連絡先を使用して会議を簡単に作成できます。 今すぐ会議を開始するときにインスタント会議を作成したり、スケジュールされた会議を作成して連絡先と共有したりできます。 会議を作成しても、Teamsのアカウントを持っていませんか? 今すぐサインアップしてください

注: 個人および小規模ビジネス向けのTeams (無料) では、最大 60 分間、最大 100 人の参加者の会議を作成できます。 Teamsサブスクリプションの詳細については、こちらを参照してください

  1. インスタント 会議を作成するには、複数の方法があります。

    • [チャット] タブで、一覧の上部にある [インスタント 会議の開始][今すぐ会議] ボタン をタップします。

    • [予定表] タブをタップし、画面の上部にある [インスタント 会議の開始][今すぐ会議] ボタン をタップします。

  2. [ 編集] [編集] ボタン をタップして、会議の名前を変更できます。

    Teamsモバイル会議の招待のスクリーンショット

  3. [会議の招待の共有][共有] ボタン をタップして、携帯ショートメールなどを使用して会議のリンクを共有します。

  4. [ 会議のリンクのコピー ][会議のリンクをコピー] ボタン をタップして、会議の招待リンクをクリップボードにコピーします。

  5. [会議の開始] をタップして開始します。

    • 会議が作成され、会議のリンクが会議チャットに表示されます。 このリンクはいつでもコピーして共有できます。

  6. オーディオとビデオのオプションを設定し、[ 今すぐ参加] をタップします。 参加者を追加するか、会議への招待 共有して参加できます。
     

    注: 参加する前にユーザーが会議のロビーに入りたくない場合は、会議参加者 [参加者の表示] ボタンタップして無効にし、会議オプション[会議オプション] ボタンし、ドロップダウンでロビーをバイパスできる [すべてのユーザー] を選択Who。

注: Teamsのコミュニティ プレビューで、コミュニティ会議をスケジュールするには、コミュニティの予定表に作成します

  1. [予定表] タブで、画面の右下にある [イベント [追加] ボタン追加 ] をタップします。

  2. [タイトル] フィールドに会議に名前を付けます。

  3. 参加者の名前またはメールを入力して、会議に参加者を追加 できます。

  4. 会議を [終日] に設定することも、開始フィールドと終了フィールドに入力して会議をスケジュールすることもできます。 会議を繰り返したり、詳細を追加したりするように設定することもできます。

  5. [ 送信 [Teams OK] ボタン ] をタップして会議をスケジュールします。

  6. 会議が予定表に表示されます会議をタップしてから、[会議の招待を共有する][共有] ボタン をタップして、携帯ショートメール、Skypeなどを使用して会議のリンクを共有します。

  7. [参加] をタップして会議を開始し、オーディオとビデオのオプションを設定し、[今すぐ参加] を選択して会議をホストとして入力します。

    注: 参加する前にユーザーが会議のロビーに入りたくない場合は、[会議参加者 ][参加者の表示] ボタン、[ 会議オプション [会議オプション] ボタン] をタップして無効にし、ドロップダウンでロビーをバイパスできる [すべてのユーザー] を選択Who。

重要: オプションは、画面サイズによって異なる場合があります。 ボタンが表示されない場合は、[ その他[その他のオプション] ボタン ] をタップして、通話オプションをさらに表示することが必要になる場合があります。

会議では、次を選択できます。

  • チャット[Teams チャット バブル] ボタンして、会議チャットを表示します。

  • 会議の参加者[参加者の表示] ボタンします。ここで、連絡先からメンバーを追加できます。

  • [共有] ボタン写真、ビデオ、またはデバイスの画面を 共有 します。

  • [手を上げる] ボタン通話で挙げます

  • [ビデオオフ] ボタン カメラを有効または無効にします 

  • マイクの ミュート/ミュート解除 [マイク] ボタンします。

  • [モバイル スピーカー オプション] ボタン オーディオ オプションをデバイススピーカー、またはオーディオオフに変更します。

  • より多くの 呼び出しオプションを表示する [その他のオプション] ボタン

    • [保留] ボタン 自分を 保留にします。

    • [ビデオオフ] ボタン 受信ビデオをオフにします

    • [レイアウト] ボタン通話レイアウトを変更します

Teamsコンシューマー/個人が予定表の招待を送信すると、開催者のメールに関連する情報が受信者に提供されます。  これらの招待は、開催者に代わって電子メールまたは携帯ショートメールを介して送信される場合があります。 

電子メール ベースの Microsoft アカウント (Outlook、Hotmail、MSN など) でサインインするユーザーの場合:

  • 電子メール受信者には、開催者の Microsoft アカウントの電子メール アドレスが表示されます。  予定表の招待の準備中に、このメール アドレスがヘッダーの開催者に表示されます。

  • 携帯ショートメール/電話番号ベースの受信者には携帯ショートメールが送信されます。この受信者には、個人および小規模ビジネス向けのTeamsに参加するための招待が含まれています。

電話番号ベースの Microsoft アカウントでサインインするユーザー、または Microsoft 以外のメール (Gmail、Yahoo!など) を使用して電子メール ベースの Microsoft アカウントでサインインするユーザーの場合:

  • 電子メール受信者には、開催者に固有の Microsoft によって作成されたシステムによって生成された電子メール アドレスが表示されます。

  • 携帯ショートメール/電話番号ベースの受信者には携帯ショートメールが送信されます。この受信者には、個人および小規模ビジネス向けのTeamsに参加するための招待が含まれています。

メール アカウントは、Gmail、Yahoo!などを使用して電話番号または電子メール ベースの Microsoft 以外のアカウントの代わりに表示されます。予定表の招待は電子メール ベースのアカウント/メールボックスに関連付けられているためです。

Teamsコンシューマー/個人が予定表イベントを個人用予定表に追加すると、受信者のメールに関連する情報が会議の他の出席者に提供されます。

予定表の招待を受け入れ、個人用予定表に追加し、次の方法でサインインしたユーザーの場合:

  • 電子メール ベースの Microsoft アカウント (Outlook、Hotmail、MSN などに基づく) は、その Microsoft アカウントのメール アドレスが他の出席者/会議参加者に表示されます。

  • Microsoft 以外のメールを使用する電子メール ベースの Microsoft アカウント (Gmail、Yahoo!など) または電話番号ベースの Microsoft アカウント。ユーザーに固有の Microsoft によって作成されたシステム生成電子メール アドレスは、他の出席者/会議参加者に表示されます。

メール アカウントは、Gmail、Yahoo!などを使用して電話番号または電子メール ベースの Microsoft 以外のアカウントの代わりに表示されます。予定表の招待は電子メール ベースのアカウント/メールボックスに関連付けられているためです。

ユーザーはOutlook.com にログインして予定表の招待をエクスポートできます。 メール、連絡先、予定表Outlookインポートおよびエクスポートする方法について説明します。

  1. インスタント 会議を作成するには、複数の方法があります。

    • [チャット] タブで、一覧の上部にある [インスタント 会議の開始][今すぐ会議] ボタン をタップします。

    • [予定表] タブをタップし、画面の上部にある [インスタント 会議の開始][今すぐ会議] ボタン をタップします。

  2. [ 編集] [編集] ボタン をタップして、会議の名前を変更できます。

    iOSのモバイル招待のスクリーンショットをTeamsする

  3. [会議の招待の共有][共有] ボタン をタップして、携帯ショートメールなどを使用して会議のリンクを共有します。

  4. [ 会議のリンクのコピー ][会議のリンクをコピー] ボタン をタップして、会議の招待リンクをクリップボードにコピーします。

  5. [会議の開始] をタップして開始します。

    • 会議が作成され、会議のリンクが会議チャットに表示されます。 このリンクはいつでもコピーして共有できます。

  6. オーディオとビデオのオプションを設定し、参加者を追加するか、会議への招待を共有 して参加します。

注: Teamsのコミュニティ プレビューで、コミュニティ会議をスケジュールするには、コミュニティの予定表に作成します

  1. [予定表] タブで、画面の上部にあるプラス [追加] ボタン をタップします。

  2. [タイトル] フィールドに会議に名前を付けます。

  3. 参加者の名前またはメールを入力して、会議に参加者を追加 できます。

  4. 会議を [終日] に設定することも、[ 開始] フィールドと [ 終了 ] フィールドを使用して会議をスケジュールすることもできます。 会議を繰り返し設定したり、場所を設定したり、 説明を追加したりすることもできます。

  5. [ 完了] を タップして会議をスケジュールします。

  6. 予定表に会議が表示されます。会議をタップし、[会議の招待[共有] ボタン を共有] をタップして、携帯ショートメール、Skypeなどを使用して会議のリンクを共有します。

  7. 予定表で会議をタップし、[参加] をタップして会議を開始し、オーディオとビデオのオプションを設定し、[今すぐ参加] を選択して会議をホストとして入力します。

重要: オプションは、画面サイズによって異なる場合があります。 ボタンが表示されない場合は、[ その他[その他のオプション] ボタン ] をタップして、通話オプションをさらに表示することが必要になる場合があります。

会議では、次を選択できます。

  • チャット[Teams チャット バブル] ボタンして、会議チャットを表示します。

  • 連絡先からメンバーを追加できる 会議参加者[参加者の表示] ボタンします。

  • [共有] ボタン写真、ビデオ、またはデバイスの画面を 共有 します。

  • [手を上げる] ボタン通話で挙げます

  • [ビデオオフ] ボタン カメラを有効または無効にします 

  • マイクの ミュート/ミュート解除 [マイク] ボタンします。

  • [モバイル スピーカー オプション] ボタン オーディオ オプションをデバイススピーカー、またはオーディオオフに変更します。

  • より多くの呼び出しオプションを表示する [その他のオプション] ボタン

Teamsコンシューマー/個人が予定表の招待を送信すると、開催者のメールに関連する情報が受信者に提供されます。  これらの招待は、開催者に代わって電子メールまたは携帯ショートメールを介して送信される場合があります。 

電子メール ベースの Microsoft アカウント (Outlook、Hotmail、MSN など) でサインインするユーザーの場合:

  • 電子メール受信者には、開催者の Microsoft アカウントの電子メール アドレスが表示されます。  予定表の招待の準備中に、このメール アドレスがヘッダーの開催者に表示されます。

  • 携帯ショートメール/電話番号ベースの受信者には携帯ショートメールが送信されます。この受信者には、個人および小規模ビジネス向けのTeamsに参加するための招待が含まれています。

電話番号ベースの Microsoft アカウントでサインインするユーザー、または Microsoft 以外のメール (Gmail、Yahoo!など) を使用して電子メール ベースの Microsoft アカウントでサインインするユーザーの場合:

  • 電子メール受信者には、開催者に固有の Microsoft によって作成されたシステムによって生成された電子メール アドレスが表示されます。

  • 携帯ショートメール/電話番号ベースの受信者には携帯ショートメールが送信されます。この受信者には、個人および小規模ビジネス向けのTeamsに参加するための招待が含まれています。

メール アカウントは、Gmail、Yahoo!などを使用して電話番号または電子メール ベースの Microsoft 以外のアカウントの代わりに表示されます。予定表の招待は電子メール ベースのアカウント/メールボックスに関連付けられているためです。

Teamsコンシューマー/個人が予定表イベントを個人用予定表に追加すると、受信者のメールに関連する情報が会議の他の出席者に提供されます。

予定表の招待を受け入れ、個人用予定表に追加し、次の方法でサインインしたユーザーの場合:

  • 電子メール ベースの Microsoft アカウント (Outlook、Hotmail、MSN などに基づく) は、その Microsoft アカウントのメール アドレスが他の出席者/会議参加者に表示されます。

  • Microsoft 以外のメールを使用する電子メール ベースの Microsoft アカウント (Gmail、Yahoo!など) または電話番号ベースの Microsoft アカウント。ユーザーに固有の Microsoft によって作成されたシステム生成電子メール アドレスは、他の出席者/会議参加者に表示されます。

メール アカウントは、Gmail、Yahoo!などを使用して電話番号または電子メール ベースの Microsoft 以外のアカウントの代わりに表示されます。予定表の招待は電子メール ベースのアカウント/メールボックスに関連付けられているためです。

ユーザーはOutlook.com にログインして予定表の招待をエクスポートできます。 メール、連絡先、予定表Outlookインポートおよびエクスポートする方法について説明します。

  1. インスタント 会議を作成するには、複数の方法があります。

    • Microsoft Teamsを開きます。 [チャット] タブで、一覧の上部にある [新しい会議[ビデオ通話] ボタン ] を選択します。

    • Microsoft Teamsを開きます。 [予定表] タブを選択し、画面の上部にある [会議の [ビデオ通話] ボタン] を選択して、[会議の作成] を選択します。

  2. 会議の名前を入力します。

    Teams Web Meet Now のスクリーンショット。

  3. [ 共有するリンクを取得] を選択すると、クリップボードにコピーして任意の方法で共有できるリンクが生成されます。
     

    注:  [共有するリンクを取得する] を選択した後、会議のロビーに参加する前にユーザーを無効にすることができます。[会議オプションの構成] をクリックすると、既定のブラウザーでドロップダウン メニューでロビーをバイパスWho選択し、[保存] をクリックします。

  4. [ 会議の開始] を選択して開始します。 会議が作成され、会議のリンクが会議チャットに表示されます。
     

    注: [会議のコピー] リンクを選択すると、Windows 11のTeamsで、共有するリンク、Outlook カレンダー経由で共有する、Google カレンダー経由で共有する、または既定のメール経由で共有するリンクを生成できます。

  5. オーディオとビデオのオプションを設定し、[今すぐ参加] を選択します。 事前参加画面で背景をカスタマイズする方法の詳細について説明します

  1. Microsoft Teamsを開きます。

  2. [予定表] タブで、画面の上部にある [新しい会議] を選択します。

  3. [タイトル] フィールドに会議に名前を付けます。

  4. 会議に参加者を追加する名前、電子メール、または電話番号を入力します。

  5. 開始フィールドと終了フィールドに入力して、会議をスケジュールしたり、会議を 終日に設定したりできます。 会議を繰り返し設定したり、場所を追加したり、詳細を追加したりすることもできます。

  6. [保存] を選択して会議をスケジュールします。

  7. [リンクの コピー ][会議のリンクをコピー] ボタン を選択して、会議の招待リンクをコピーし、任意の方法で共有できます。 会議は 予定表にも表示されます。いつでも会議を開き、[ リンクのコピー ][会議のリンクをコピー] ボタン を選択して会議の招待リンクをコピーできます。

    • いつでも会議を開き、[ リンクのコピー ][会議のリンクをコピー] ボタン を選択して会議の招待リンクをコピーできます。

    • [会議のオプション] をクリックすると、会議のプライバシー オプションを構成できます。 既定のブラウザーで新しいタブが開き、ロビーをバイパスWho設定でき、ドロップダウン メニューにオプションWho表示できます

会議では、次を選択できます。

  • [参加者の表示] ボタン 参加者を表示して、 連絡先から参加者を追加します。

  • [Teams チャット バブル] ボタン会議チャットを表示する 会話を表示します。

  • [手を上げる] ボタン呼び出しで手を上げるには、手を げます。

  • [その他のオプション] ボタン通話オプションを表示するための その他のアクション

  • [ビデオオフ] ボタン カメラを有効または無効にします 

  • マイクの ミュート/ミュート解除 [マイク] ボタンします。

  • [共有] ボタン画面を 共有 します。 共有する画面を選択するときは、コンピューターサウンドを 含めるオプションもあります。

Teamsコンシューマー/個人が予定表の招待を送信すると、開催者のメールに関連する情報が受信者に提供されます。  これらの招待は、開催者に代わって電子メールまたは携帯ショートメールを介して送信される場合があります。 

電子メール ベースの Microsoft アカウント (Outlook、Hotmail、MSN など) でサインインするユーザーの場合:

  • 電子メール受信者には、開催者の Microsoft アカウントの電子メール アドレスが表示されます。  予定表の招待の準備中に、このメール アドレスがヘッダーの開催者に表示されます。

  • 携帯ショートメール/電話番号ベースの受信者には携帯ショートメールが送信されます。この受信者には、個人および小規模ビジネス向けのTeamsに参加するための招待が含まれています。

電話番号ベースの Microsoft アカウントでサインインするユーザー、または Microsoft 以外のメール (Gmail、Yahoo!など) を使用して電子メール ベースの Microsoft アカウントでサインインするユーザーの場合:

  • 電子メール受信者には、開催者に固有の Microsoft によって作成されたシステムによって生成された電子メール アドレスが表示されます。

  • 携帯ショートメール/電話番号ベースの受信者には携帯ショートメールが送信されます。この受信者には、個人および小規模ビジネス向けのTeamsに参加するための招待が含まれています。

メール アカウントは、Gmail、Yahoo!などを使用して電話番号または電子メール ベースの Microsoft 以外のアカウントの代わりに表示されます。予定表の招待は電子メール ベースのアカウント/メールボックスに関連付けられているためです。

Teamsコンシューマー/個人が予定表イベントを個人用予定表に追加すると、受信者のメールに関連する情報が会議の他の出席者に提供されます。

予定表の招待を受け入れ、個人用予定表に追加し、次の方法でサインインしたユーザーの場合:

  • 電子メール ベースの Microsoft アカウント (Outlook、Hotmail、MSN などに基づく) は、その Microsoft アカウントのメール アドレスが他の出席者/会議参加者に表示されます。

  • Microsoft 以外のメールを使用する電子メール ベースの Microsoft アカウント (Gmail、Yahoo!など) または電話番号ベースの Microsoft アカウント。ユーザーに固有の Microsoft によって作成されたシステム生成電子メール アドレスは、他の出席者/会議参加者に表示されます。

メール アカウントは、Gmail、Yahoo!などを使用して電話番号または電子メール ベースの Microsoft 以外のアカウントの代わりに表示されます。予定表の招待は電子メール ベースのアカウント/メールボックスに関連付けられているためです。

ユーザーはOutlook.com にログインして予定表の招待をエクスポートできます。 メール、連絡先、予定表Outlookインポートおよびエクスポートする方法について説明します。

  1. インスタント 会議を作成するには、複数の方法があります。

    • [チャット] タブで、一覧の上部にある [新しい会議[今すぐ会議] ボタン ] を選択します。

    • [予定表] タブを選択し、画面の上部にある [会議の [今すぐ会議] ボタン] をクリックして、[会議の作成] を選択します。

  2. 会議の名前を入力します。

    Teams Web Meet Now のスクリーンショット。

  3. [ 共有するリンクを取得] を選択すると、クリップボードにコピーして任意の方法で共有できるリンクが生成されます。

  4. [ 会議の開始] を選択して開始します。

    • 会議が作成され、会議のリンクが会議チャットに表示されます。 このリンクはいつでもコピーして共有できます。

  5. オーディオとビデオのオプションを設定し、[今すぐ参加] を選択します。

  1. [予定表] タブで、画面の上部にある [新しい会議] ボタンを選択します。

  2. [タイトル] フィールドに会議に名前を付けます。

  3. 会議に参加者を追加する名前、電子メール、または電話番号を入力します。

  4. 開始フィールドと終了フィールドに入力して、会議をスケジュールしたり、会議を 終日に設定したりできます。 会議を繰り返し設定したり、場所を追加したり、詳細を追加したりすることもできます。

  5. [保存] を選択して会議をスケジュールします。

  6. [リンクの コピー] [会議のリンクをコピー] ボタン を選択すると、会議の招待リンクをコピーして任意の方法で共有したり、 Google カレンダーを使用して Google カレンダーを使用して会議を作成したり送信したりできます。 会議は予定表にも表示されます。

    • いつでも会議を開き、[ リンクのコピー ][会議のリンクをコピー] ボタン を選択して会議の招待リンクをコピーできます。

会議では、次を選択できます。

  • [参加者の表示] ボタン 参加者を表示して、連絡先から参加者を追加します。

  • [Teams チャット バブル] ボタン会議チャットを表示する 会話を表示します。

  • [手を上げる] ボタン呼び出しで手を上げるには、手を げます。

  • [その他のオプション] ボタン通話オプションを表示するための その他のアクション

    • [設定] ボタン デバイスの設定 にアクセスして、オーディオ デバイスとビデオ デバイスを確認します。

    • [会議オプション] ボタン 会議オプション を開き、ロビーをバイパスできるユーザーやコンテンツを表示できるユーザーを制御します。

    • [会議情報] ボタン 会議情報を選択して、会議のタイトルを表示したり、会議のリンクをコピーしたりします。

    • ビューを変更します。

    • 画面サイズを変更します。

      • フォーカス モードを フォーカス ボタンします。

      • 通話を全画面表示で表示する 通話を全画面表示で表示 します

      • [ビデオオフ] ボタン 受信ビデオをオフにします

  • [ビデオオフ] ボタン カメラを有効または無効にします 

  • マイクの ミュート/ミュート解除 [マイク] ボタンします。

  • [共有] ボタン画面を 共有 します。 共有する画面を選択するときは、コンピューターサウンドを 含めるオプションもあります。

Teamsコンシューマー/個人が予定表の招待を送信すると、開催者のメールに関連する情報が受信者に提供されます。  これらの招待は、開催者に代わって電子メールまたは携帯ショートメールを介して送信される場合があります。 

電子メール ベースの Microsoft アカウント (Outlook、Hotmail、MSN など) でサインインするユーザーの場合:

  • 電子メール受信者には、開催者の Microsoft アカウントの電子メール アドレスが表示されます。  予定表の招待の準備中に、このメール アドレスがヘッダーの開催者に表示されます。

  • 携帯ショートメール/電話番号ベースの受信者には携帯ショートメールが送信されます。この受信者には、個人および小規模ビジネス向けのTeamsに参加するための招待が含まれています。

電話番号ベースの Microsoft アカウントでサインインするユーザー、または Microsoft 以外のメール (Gmail、Yahoo!など) を使用して電子メール ベースの Microsoft アカウントでサインインするユーザーの場合:

  • 電子メール受信者には、開催者に固有の Microsoft によって作成されたシステムによって生成された電子メール アドレスが表示されます。

  • 携帯ショートメール/電話番号ベースの受信者には携帯ショートメールが送信されます。この受信者には、個人および小規模ビジネス向けのTeamsに参加するための招待が含まれています。

メール アカウントは、Gmail、Yahoo!などを使用して電話番号または電子メール ベースの Microsoft 以外のアカウントの代わりに表示されます。予定表の招待は電子メール ベースのアカウント/メールボックスに関連付けられているためです。

Teamsコンシューマー/個人が予定表イベントを個人用予定表に追加すると、受信者のメールに関連する情報が会議の他の出席者に提供されます。

予定表の招待を受け入れ、個人用予定表に追加し、次の方法でサインインしたユーザーの場合:

  • 電子メール ベースの Microsoft アカウント (Outlook、Hotmail、MSN などに基づく) は、その Microsoft アカウントのメール アドレスが他の出席者/会議参加者に表示されます。

  • Microsoft 以外のメールを使用する電子メール ベースの Microsoft アカウント (Gmail、Yahoo!など) または電話番号ベースの Microsoft アカウント。ユーザーに固有の Microsoft によって作成されたシステム生成電子メール アドレスは、他の出席者/会議参加者に表示されます。

メール アカウントは、Gmail、Yahoo!などを使用して電話番号または電子メール ベースの Microsoft 以外のアカウントの代わりに表示されます。予定表の招待は電子メール ベースのアカウント/メールボックスに関連付けられているためです。

ユーザーはOutlook.com にログインして予定表の招待をエクスポートできます。 メール、連絡先、予定表Outlookインポートおよびエクスポートする方法について説明します。

  1. インスタント 会議を作成するには、複数の方法があります。

    • [チャット] タブで、チャット リストの上にある [新しい会議[今すぐ会議] ボタン ] をクリックします。

    • [予定表] タブを選択し、画面の上部にある [会議の [今すぐ会議] ボタン] をクリックして、[会議の作成] をクリックします。

  2. 会議の名前を入力します。

    Teams Web Meet Now のスクリーンショット。

  3. [共有するリンクを取得] をクリックすると、クリップボードにコピーして任意の方法で共有できるリンクが生成されます。

    注:  [共有するリンクの取得] をクリックした後、[会議オプションの構成] をクリックして、会議に参加する前に会議のロビーに入るユーザーを無効にすることができます。 既定のブラウザーで新しいタブが開き、ドロップダウン メニューでロビーをバイパスWho変更できます。 オプションを設定し、[保存] をクリックします

  4. [ 会議の開始] を選択して開始します。

    注: ブラウザーは記録デバイスを使用するためのアクセス許可を求め、会議で話す場合はアクセス権を付与する必要があります。 会議のサウンドを無効にするオプションがあります。

  1. [予定表] タブで、画面の上部にある [新しい会議] ボタンを選択します。

  2. [タイトル] フィールドに会議に名前を付けます。

  3. 会議に必要な出席者を追加 します。

  4. 開始フィールドと終了フィールドに入力して、会議をスケジュールしたり、会議を 終日に設定したりできます。 会議を繰り返し設定したり、場所を追加したり、詳細を追加したりすることもできます。

  5. [保存] を選択して会議をスケジュールします。

  6. [リンクの コピー] [会議のリンクをコピー] ボタン を選択すると、会議の招待リンクをコピーして任意の方法で共有したり、 Google カレンダーを使用して Google カレンダーを使用して会議を作成したり送信したりできます。 会議は予定表にも表示されます。

    • いつでも会議を開き、[ リンクのコピー ][会議のリンクをコピー] ボタン を選択して会議の招待リンクをコピーできます。

    • [会議のオプション] をクリックすると、会議のプライバシー オプションを構成できます。 既定のブラウザーで新しいタブが開き、ロビーをバイパスWho設定でき、ドロップダウン メニューにオプションWho表示できます

会議では、次を選択できます。

  • [ビデオオフ] ボタン カメラを有効または無効にします 

  • マイクの ミュート/ミュート解除 [マイク] ボタンします。

  • [共有] ボタンデスクトップ共有します。

  • [その他のオプション] ボタン通話オプションを表示するための その他のアクション

    • [設定] ボタン デバイスの設定 にアクセスして、オーディオ デバイスとビデオ デバイスを確認します。

    • [会議情報] ボタン 会議の詳細を表示 して、会議のタイトルを表示したり、会議のリンクをコピーしたりできます。

    • 全画面表示ボタンを有効にする 全画面表示を入力します

    • ビューを変更します。

    • Teams会議の終了アイコン 会議終了します

    • [ビデオオフ] ボタン 受信ビデオをオフにします

  • [手を上げる] ボタン呼び出しで手を上げるには、手を げます。

  • [Teams チャット バブル] ボタン会議チャットを表示する 会話を表示します。

  • [参加者の表示] ボタン 参加者を表示し、連絡先から参加者を表示または追加します。

Teamsコンシューマー/個人が予定表の招待を送信すると、開催者のメールに関連する情報が受信者に提供されます。  これらの招待は、開催者に代わって電子メールまたは携帯ショートメールを介して送信される場合があります。 

電子メール ベースの Microsoft アカウント (Outlook、Hotmail、MSN など) でサインインするユーザーの場合:

  • 電子メール受信者には、開催者の Microsoft アカウントの電子メール アドレスが表示されます。  予定表の招待の準備中に、このメール アドレスがヘッダーの開催者に表示されます。

  • 携帯ショートメール/電話番号ベースの受信者には携帯ショートメールが送信されます。この受信者には、個人および小規模ビジネス向けのTeamsに参加するための招待が含まれています。

電話番号ベースの Microsoft アカウントでサインインするユーザー、または Microsoft 以外のメール (Gmail、Yahoo!など) を使用して電子メール ベースの Microsoft アカウントでサインインするユーザーの場合:

  • 電子メール受信者には、開催者に固有の Microsoft によって作成されたシステムによって生成された電子メール アドレスが表示されます。

  • 携帯ショートメール/電話番号ベースの受信者には携帯ショートメールが送信されます。この受信者には、個人および小規模ビジネス向けのTeamsに参加するための招待が含まれています。

メール アカウントは、Gmail、Yahoo!などを使用して電話番号または電子メール ベースの Microsoft 以外のアカウントの代わりに表示されます。予定表の招待は電子メール ベースのアカウント/メールボックスに関連付けられているためです。

Teamsコンシューマー/個人が予定表イベントを個人用予定表に追加すると、受信者のメールに関連する情報が会議の他の出席者に提供されます。

予定表の招待を受け入れ、個人用予定表に追加し、次の方法でサインインしたユーザーの場合:

  • 電子メール ベースの Microsoft アカウント (Outlook、Hotmail、MSN などに基づく) は、その Microsoft アカウントのメール アドレスが他の出席者/会議参加者に表示されます。

  • Microsoft 以外のメールを使用する電子メール ベースの Microsoft アカウント (Gmail、Yahoo!など) または電話番号ベースの Microsoft アカウント。ユーザーに固有の Microsoft によって作成されたシステム生成電子メール アドレスは、他の出席者/会議参加者に表示されます。

メール アカウントは、Gmail、Yahoo!などを使用して電話番号または電子メール ベースの Microsoft 以外のアカウントの代わりに表示されます。予定表の招待は電子メール ベースのアカウント/メールボックスに関連付けられているためです。

ユーザーはOutlook.com にログインして予定表の招待をエクスポートできます。 メール、連絡先、予定表Outlookインポートおよびエクスポートする方法について説明します。

お問い合わせ

詳細については、サポートに問い合わせするか、Microsoft Teams コミュニティに質問してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×