セルに日付または時刻を入力すると、既定の日付と時刻の形式で表示されます。 この既定の形式は、コントロール パネルで指定されている地域の日付と時刻の設定に基づいており、コントロール パネルで設定を調整すると変更されます。 他のいくつかの日付と時刻の形式で数値を表示できます。そのほとんどがコントロール パネルの設定の影響を受けありません。

この記事の内容

数値を日付または時刻として表示する

入力時に日付と時刻の書式を設定できます。 たとえば、セルに「2/2」と入力すると、Excel自動的に日付として解釈され、セルに2-Feb が表示されます。 これが望みではない場合 (たとえば、2009年 2 月 2 日または 2009 年 2 月2日をセルに表示する場合) は、次の手順で説明したように、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスで別の日付形式を選択できます。 同様に、セルに「9:30 a」または「9:30 p」と入力すると、Excel はこれを時刻として解釈し、午前9 時 30分または午後9 時 30分に表示されます。 ここでも、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスで時刻 の表示方法 をカスタマイズできます。

  1. [ホーム] タブの [数値] で、[数値] の横にあるダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

    [数値] のダイアログ ボックス起動ツール

    Ctrl キーを押しながら 1 キーを押して、[ セルの書式設定] ダイアログ ボックス を開く方法があります。

  2. [カテゴリ] ボックスの一 覧で、[日付] または [時刻]クリックします

    [セルの書式設定] ダイアログ ボックス

  3. [種類 ] ボックス の一覧で、使用する日付または時刻の形式をクリックします。

    注: アスタリスク (*) で始まる日付と時刻の形式は、コントロール パネルで指定された地域の日付と時刻の設定の変更に応答します。 アスタリスクが付いていない書式は、コントロール パネルの設定による影響は受けません。

  4. 他の言語の形式で日付と時刻を表示するには、[ロケール (場所)] ボックスで必要な言語設定 をクリック します。

    [セルの書式設定] ダイアログ ボックスで選択された [ロケール] ボックス

    ワークシート上の選択範囲のアクティブ セルの数値が [サンプル]ボックスに表示され、選択した数値の書式設定オプションをプレビューできます。

    [セルの書式設定] ダイアログ ボックスで選択された [サンプル] ボックス

ページの先頭へ

ユーザー設定の日付または時刻の形式を作成する

  1. [ホーム] タブで、[数値] の横にあるダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

    [数値] のダイアログ ボックス起動ツール

    Ctrl キーを押しながら 1 キーを押して、[ セルの書式設定] ダイアログ ボックス を開く方法があります。

  2. [カテゴリ] ボックスで、[日付] または [時刻] をクリックし、作成するスタイルに最も近い表示形式を選択します。 (ユーザー設定の表示形式を作成する場合は、最初から開始するよりも、既存の形式から開始する方が簡単です)。

  3. [分類] ボックスの [ユーザー定義] をクリックします。 [種類 ] ボックスに、手順 3 で選択した日付または時刻の形式に一致する形式コードが表示されます。 組み込みの日付または時刻の形式は変更または削除できないので、上書きする心配はありません。

  4. [種類 ] ボックス で、必要な書式を変更します。 次の表のコードを使用できます。

    日、月、年    

表示結果

使用するコード

1 ~ 12 (月)

m

01 ~ 12 (月)

mm

Jan ~ Dec (月)

mmm

January ~ December (月)

mmmm

J ~ D (月名の最初の文字)

mmmmm

1 ~ 31 (日)

d

01 ~ 31 (日)

dd

Sun ~ Sat (曜日)

ddd

Sunday ~ Saturday (曜日)

dddd

00 ~ 99 (年)

yy

1900 ~ 9999 (年)

yyyy

"h" または "hh" コードの直後、または "ss" コードの直前に "m" を使用すると、Excel では月ではなく分が表示されます。

時間、分、秒

表示結果

使用するコード

0 ~ 23 時間

h

00 ~ 23 時間

hh

分 (0 ~ 59)

m

分 (00 ~ 59)

mm

秒 (0 ~ 59)

s

00 ~ 59 の秒

ss

午前 4 時

h AM/PM

時刻 (午後 4 時 36 分)

h:mm AM/PM

時刻 (4:36:03 P)

h:mm:ss A/P

経過時間 (時間)例: 25.02

[h]:mm

経過時間 (分)例: 63:46

[mm]:ss

経過時間 (秒)

[ss]

秒の分数

h:mm:ss.00

AM と PM     形式に AM または PM が含まれている場合、時間は 12 時間のクロックに基づいており、"AM" または "A" は午前 0 時から正午までの時刻を示し、"PM" または "P" は正午から午前 0 時までの時刻を示します。 含まれていない場合、24 時間表示に基づきます。 "m" または "mm" コードは、"h" または "hh" コードの直後、または "ss" コードの直前に表示される必要があります。それ以外の場合Excel分ではなく月が表示されます。

ユーザー設定の表示形式を作成していない場合は、作成するのが難しい場合があります。 ユーザー設定の表示形式を作成する方法の詳細については、「ユーザー設定の表示形式を作成 または削除する」を参照してください

ページの先頭へ

ヒントまたは時刻を表示するためのオプション

  • 既定の日付または時刻の形式をすばやく使用するには、日付または時刻を含むセルをクリックし、Ctrl + Shift + # または Ctrl + Shift + @ キーを押します。

  • 日付または時刻の書式を適用した後にセルに ##### が表示される場合、セルの幅がデータを表示するのに十分ではない可能性があります。 列の幅を拡大するには、セルを含む列の右境界をダブルクリックします。 この操作により、列の幅が数値に合わせて自動的に調整されます。 列の右の境界をドラッグして、列の幅を適切な大きさにすることもできます。

  • [カテゴリ] ボックスの一覧で [全般]を選択して日付または時刻の書式を元に戻Excel番号が表示されます。 日付または時刻を再度入力すると、Excelの日付または時刻の形式が表示されます。 2010年 1 月など、特定の日付または時刻の形式を入力するには、[カテゴリ]ボックスの一覧で [テキスト] を選び、テキストとして書式設定できます。

  • ワークシートに現在の日付をすばやく入力するには、空のセルを選び、Ctrl キーを押しながら;(セミコロン)、必要に応じて Enter キーを押します。 ワークシートを再度開く、または数式を再計算する度に現在の日付に更新される日付を挿入するには、空のセルに「=TODAY()」と入力し、Enter キーを押します。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×