画面切り替えのタイミングおよび速度を設定する

画面切り替えの継続時間を変更したり、切り替え効果を変更したり、画面切り替え中に再生するサウンドを指定したりもできます。 また、次のスライドに進む前にスライドに費やす時間を指定できます。

[継続時間]で画面切り替えの速度を設定します。 期間が短いほど、スライドは速く進み、数字が大きいほどスライドの進み方がゆっくりになります。

  1. 変更する画面切り替え効果を含むスライドを選択します。

  2. [画面切り替え]タブの [タイミング] グループの [継続時間] ボックスに、必要な時間 (秒) を入力します。

PowerPoint 2010 のリボンの [画面切り替え] タブの [タイミング] グループ

ヒント: すべてのスライド ショーの画面切り替えの速度を同じにしたい場合は、[すべて適用] を クリックします

一部の画面切り替え PowerPoint カスタマイズできます。

  1. 変更する画面切り替え効果を含むスライドを選択します。

  2. [画面切り替え]タブの [このスライドに切り替え] グループで 、[効果のオプション] をクリックし、目的のオプションを選択します。

    [画面切り替え] グループの [効果のオプション]

この例では、ギャラリー の画面切 り替え効果がスライドに適用され、[右から] オプションが 選択されています。

スライドショー中のギャラリー切り替え

プレゼンテーション に [右から] オプション が選択されたギャラリーの画面切り替え。

Advance Slide では、次のスライドに切り替える前にスライドが表示されたままの時間を指定して、画面切り替えのタイミングを設定します。 タイミングが選択されな場合は、マウスをクリックするとスライドが進む。

  1. タイミングを設定するスライドを選びます。

  2. [画面切り替え] タブの [タイミング] グループの [画面切り替えのタイミング] で、次のいずれかの操作を行います。

    PowerPoint 2010 のリボンの [画面切り替え] タブの [タイミング] グループ

    • マウスをクリックするときにスライドを次のスライドに進むには、[マウスクリック時] チェック ボックス オンにします。

    • スライドを自動的に進むには、[後] チェック ボックスをオンにして、必要な分数または秒を入力します。 タイマーは、スライドの最後のアニメーションまたは他の効果が終了すると開始されます。

    • マウスと自動切り取りを両方とも有効にするには、[マウスのクリック時] チェック ボックスと [後] チェック ボックスの両方をオンにします。 [自動的に切り替え] で、分数または秒数を入力します。 スライドは自動的に進むが、マウスをクリックするとすばやく進む。

ヒント: すべてのスライドが同じ速度で進むには、[すべて適用] を クリックします

  1. 変更する画面切り替え効果を含むスライドを選択します。

  2. [画面 切り替え ] タブの [ タイミング ] グループの [サウンド] の 覧で、目的のサウンドを選択します。

    PowerPoint 2010 のリボンの [画面切り替え] タブの [タイミング] グループ

    注: 独自のサウンドを使用する場合は、[サウンド]リストで [その他のサウンド]を選択します。 次に、[オーディオの追加] ダイアログ ボックスで目的のサウンドを選び、[OK]をクリックします。

プレゼンテーションのリハーサルを行う

リハーサルでは、各スライドの所要時間と全スライドに要した時間がタイマーによって記録されます。 発表者ツールに移るとタイマーが自動的に開始します。

  1. 最新の PowerPoint for Mac の場合: スライドショーに移動、>タイミング>設定します。 

    代替テキスト

    PowerPoint for Mac 2011 の場合:[スライド ショー] タブの [発表者ツール] で、[リハーサル] をクリックします。

    [スライド ショー] タブ、[発表者ツール] グループ

  2. プレゼンテーションの練習を始めます。

    各スライドの内容の練習が終わったら、右向きまたは左向きの矢印 次のスライドへ移動するボタンまたは前のスライドに戻るボタン をクリックして、次のスライドまたは前のスライドに切り替えます。

  3. 最後のスライドに到達するか、または発表者ツールを終了すると、PowerPoint では、タイミングを保存することが求められます。

タイマーを一時停止、開始、またはリセットする

発表者ツールに移るとタイマーが自動的に開始します。 ただし、現在のスライドのノートを入力したり休憩したりするために停止する必要がある場合は、タイマーを一時停止して再開できます。 詳細については、次の表を参照してください。

目的

操作

タイマーを一時停止する

[タイマーを一時停止] ボタン をクリックします

タイマーを開始または続行する

[タイマーの開始] ボタン をクリックします

現在のスライドについてタイマーを 0 にリセットする

[タイマーのリセット] ボタン をクリックします

注: 

  • 最後のスライドに到達するか、または発表者ツールを終了すると、PowerPoint では、タイミングを保存することが求められます。

  • リハーサルしたスライドのタイミングは、既定ではオンになりません。 タイミングを使ってプレゼンテーションを行う場合は、スライド ショーを再生する前にタイミングを有効にできます。 [スライド ショー] タブの [設定] で、[タイミングを使用] チェック ボックスをオンにします。

リハーサル中に発表者のノートを追加する

ノート ペインの左側に、プレゼンテーションの作成時に現在のスライドに対して入力した発表者ノートを表示できます。 また、リハーサル中に新しいノートを入力することもできます。

  1. [タイマーを一時停止] ボタン をクリックしてタイマーを一時停止します。

  2. 右側のノート ペイン内をクリックして、会議ノートを入力します。

    注: 発表者ツールを終了すると、入力時に表示されていたスライドのノートの最後に追記したノートが追加されます。

スライドのタイミングを無効にする

以前にプレゼンテーションを記録し、スライド切り替えのタイミングを保存した場合、スライド ショーを再生すると、保存したタイミングに従って自動的に切り替わるスライドが設定される場合があります。 表示中にタイミングを使いたくない場合は、オフにできます。

[スライド ショー] タブの [ 設定]で、[タイミングの使用] チェック ボックスを オフにします。

[スライド ショー] タブの [設定] グループ

関連項目

スライドの画面切り替え効果を追加する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×