Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

Word で削除できない最後の段落があり、それが文書の最後に新しい空白のページとして押し出されてしまうことがあります。 このページを削除するには、前のページに最後の段落を収めます。 最も確実な方法は、最終段落を非常に小さくする方法です (1 ポイント)。

  1. Ctrl + Shift + 8 (Mac では ⌘ + 8) キーを押して段落のマークを表示します。

  2. 段落のマークを選択します。

  3. [フォント サイズ] ボックス内を選択し、「01」と入力し、Enter キーを押します。

    フォント サイズを 1 に設定する

    これで段落は前のページに収まり、不要な空白のページは削除されます。

  4. Ctrl + Shift + 8 (Mac の ⌘ + 8) キーを再度押して、段落マークを非表示にします。

これでも前のページに段落を収めることができない場合、下余白を少なくします ([レイアウト] タブ、[余白]、[ユーザー設定の余白] に進み、下余白を 0.3 インチなどに設定します)。

ヒント: 段落記号の横に四角形の行頭文字がある場合、段落の改 ページ前 のオプションがオンになっている可能性があります。 オフにするには、空の段落を右クリックし、[段落設定 ] ([ホーム] タブ) を選択し、dialog ボックスの [行と改ページ] タブで、[前に改ページ] をオフにします。

PDF に変換する

文書を PDF として保存し、最後のページを残すことで、末尾の空白ページを取り除くことができます。

  1. [ファイル>名前を付けて保存] に移動し、ファイルを保存する場所を選び、[名前を付けて保存] の種類[PDF] を選択します。

    [ファイルの種類] ボックスで、PDF を選択します。

  2. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで [オプション] を選択します。

  3. [ページ範囲] で [ページ指定] を選択し、空白でないページを指定します。 たとえば、文書の 5 ページ目が取り除けない空白ページである場合、1 から 4 ページ目を指定します。

    [開始] および [終了] ボックスにページの範囲を指定します。

  4. [OK] を選択し、[保存] を選択します

改ページは、新しいページを開始する場所を Word に伝えます。 手動で改ページを行うと、文書に不要な空白のページができてしまう場合があります。

  1. 手動の改ページを表示するには、段落記号の表示に切り替えます。

    Ctrl + Shift + 8 キー (Mac の場合は⌘+ 8) キーを押します。

  2. これで改ページを選択して削除することができます。

    Word のページの下部にある改ページ

セクション区切りの問題

文書の途中でセクション区切りを削除すると、書式設定の問題が発生することがあります。 このような場合には、セクション区切りで新しいページが生成されないようにします。 これを行うには、次の操作を実行します。

  1. セクション区切りをダブル選択します。

  2. [ページ設定] ダイアログ ボックスの [レイアウト] タブで、[セクションの開始] ドロップダウンを選択し、[連続] を選択します。

  3. [OK] をクリックします。

奇数、偶数、および次に空白ページが発生する


次のページ、奇数ページ、偶数ページのセクション区切りでは、文書に空白のページが作成される場合があります。 文書の最後に空白ページが生じ、そこにセクション区切りがある場合、そのセクション区切りの直前にカーソルを置いて、Delete キーを押します。

ヒント: セクション区切りをより簡単に見つけるには、[表示] タブで [下書き] に切り替えてみます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×