目次
×
Box からの切り替え
Box からの切り替え

Box から OneDrive

お知らせで大きなインパクトを与える

職場または学校の OneDrive は Microsoft 365 に含まれているので、デスクトップ、Web、モバイル デバイスで Office を使用してどこからでもファイルのアクセス、アップロード、および共有を行うことができます。 追加のソフトウェアをダウンロードしてインストールしたり、Office アプリでサードパーティの Web サービスにログインしたままにする必要はありません。

OneDrive – [会社名] を探すだけです。

相違点*

Box Business Plus

OneDrive for Business

開く、保存、共有

デスクトップ Office アプリケーションで、Office ファイルを表示、保存、共有するには、追加のソフトウェアをダウンロードする必要があります。

Office モバイル アプリを使用して Office ファイルを表示、保存、共有するには、各 Office モバイル アプリに Box をサービスとして追加する必要があります。

Office オンライン、Office デスクトップ、Office モバイル アプリを使用して、Office ファイルを表示、保存、共有するために、追加のソフトウェアや認証は必要ありません。

共同作業

複数のユーザーが、Box に保存されている Office ファイルをブラウザーで同時に編集できます。

複数のユーザーが、デスクトップ上の Office 2016 またはブラウザーで Office Online を使用して、OneDrive に保存されている Office ファイルを同時に編集できます。

アクセス許可レベル

Co-owner (複数の所有者が許可されます)、Editor、Viewer Uploader、Previewer Uploader、Viewer、Previewer、Uploader

シンプルなレベル:

表示可能、編集可能

コメント、メモ

ファイルおよびフォルダーごとにスレッド形式のコメントをサポートしています。

ノート作成アプリでは、個別のダウンロードが必要です。

Microsoft 365 は、Office ファイル内からのスレッド形式のコメントをサポートしています。

Microsoft 365 の統合された部分である OneNote ノート作成アプリ。

*相違点は 2017 年 2 月時点の Box Business エディションと Microsoft の Office 365 E3 プランに基づくものです。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×