(Office Insider Beta のみ)
Windows: 2203 (ビルド 15104)
Mac: 16.60 (220304)

配列から指定された行を返します。 

構文

=CHOOSEROWS(array,row_num1,[row_num2],…)

CHOOSECOLS 関数の構文には、次の引数があります:

  • 配列    返される行を含む配列。 必ず指定します。

  • row_num1    返される最初の行番号。 必ず指定します。

  • [row_num2]    返される追加の行番号。 省略可能です。

エラー

Excel では、column_num 引数の絶対値が 0 または配列内の列数を超えた場合、#VALUE エラーを返します。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

A2:B7 の範囲の配列から、行 1、3、5、および 1 の配列を再度返します。

データ

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

数式

=CHOOSEROWS(A2:B7,1,3,5,1)

配列定数 を使用して、A2:B7 の範囲の配列から行 1、3、5、および 1 の配列をもう一度返します。

データ

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

数式

=CHOOSEROWS(A2:B7,{1,3},5,1)

A2:B7 の範囲の配列の最後の 2 行の配列を、4 行目から 3 行目の順に返します。

データ

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

数式

=CHOOSEROWS(A2:B7,-1,-2)

関連項目

配列数式のガイドラインと例

VSTACK 関数

HSTACK 関数

CHOOSECOLS 関数

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×