Office プログラム別の設定方法

Word

個人と開発者は Information Rights Management (IRM) を使用して、文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージにアクセス許可を設定できます。 この結果、許可のないユーザーによる機密性の高い情報の印刷、転送、またはコピーを防止できます。 IRM を使用してファイルのアクセス許可を制限した後は、意図していない宛先にそのファイルが到達した場合でも、アクセスと使用に対する制限が適用されます。 文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージ自体に、アクセス許可が保存されているためです。

IRM を使用して、以下のファイルの種類を保護できます。 また、Outlook で権限が管理されているメッセージに添付された場合、これらのファイルも自動的に権限の管理対象となります。

Word ファイル

ファイルの種類

ファ イル名拡張子

文書

.doc と .docx

マクロを有効にした文書

.docm

Word テンプレート

.dot と .dotx

マクロを有効にしたテンプレート

.dotm

Excel ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

ブック

.xls と .xlsx

マクロを有効にしたブック

.xlsm

Excel テンプレート

.xlt と .xltx

マクロを有効にしたテンプレート

.xltm

XML 形式でないバイナリ ブック

.xlsb

マクロを有効にしたアドイン

.xla と .xlam

PowerPoint ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

プレゼンテーション

.ppt と .pptx

マクロを有効にしたプレゼンテーション

.pptm

PowerPoint テンプレート

.pot と .potx

マクロを有効にしたテンプレート

.potm

スライド ショー

.pps と .ppsx

マクロを有効にしたスライド ショー

.ppsm

Office テーマ

.thmx

関連項目

文書を保存する場合のファイル形式

Excel

個人と開発者は Information Rights Management (IRM) を使用して、文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージにアクセス許可を設定できます。 この結果、許可のないユーザーによる機密性の高い情報の印刷、転送、またはコピーを防止できます。 IRM を使用してファイルのアクセス許可を制限した後は、意図していない宛先にそのファイルが到達した場合でも、アクセスと使用に対する制限が適用されます。 文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージ自体に、アクセス許可が保存されているためです。

IRM を使用して、以下のファイルの種類を保護できます。 また、Outlook で権限が管理されているメッセージに添付された場合、これらのファイルも自動的に権限の管理対象となります。

Word ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

文書

.doc と .docx

マクロを有効にした文書

.docm

Word テンプレート

.dot と .dotx

マクロを有効にしたテンプレート

.dotm

Excel ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

ブック

.xls と .xlsx

マクロを有効にしたブック

.xlsm

Excel テンプレート

.xlt と .xltx

マクロを有効にしたテンプレート

.xltm

XML 形式でないバイナリ ブック

.xlsb

マクロを有効にしたアドイン

.xla と .xlam

PowerPoint ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

プレゼンテーション

.ppt と .pptx

マクロを有効にしたプレゼンテーション

.pptm

PowerPoint テンプレート

.pot と .potx

マクロを有効にしたテンプレート

.potm

スライド ショー

.pps と .ppsx

マクロを有効にしたスライド ショー

.ppsm

Office テーマ

.thmx

関連項目

ブックを保存する場合のファイル形式

PowerPoint

個人と開発者は Information Rights Management (IRM) を使用して、文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージにアクセス許可を設定できます。 この結果、許可のないユーザーによる機密性の高い情報の印刷、転送、またはコピーを防止できます。 IRM を使用してファイルのアクセス許可を制限した後は、意図していない宛先にそのファイルが到達した場合でも、アクセスと使用に対する制限が適用されます。 文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージ自体に、アクセス許可が保存されているためです。

IRM を使用して、以下のファイルの種類を保護できます。 また、Outlook で権限が管理されているメッセージに添付された場合、これらのファイルも自動的に権限の管理対象となります。

Word ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

文書

.doc と .docx

マクロを有効にした文書

.docm

Word テンプレート

.dot と .dotx

マクロを有効にしたテンプレート

.dotm

Excel ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

ブック

.xls と .xlsx

マクロを有効にしたブック

.xlsm

Excel テンプレート

.xlt と .xltx

マクロを有効にしたテンプレート

.xltm

XML 形式でないバイナリ ブック

.xlsb

マクロを有効にしたアドイン

.xla と .xlam

PowerPoint ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

プレゼンテーション

.ppt と .pptx

マクロを有効にしたプレゼンテーション

.pptm

PowerPoint テンプレート

.pot と .potx

マクロを有効にしたテンプレート

.potm

スライド ショー

.pps と .ppsx

マクロを有効にしたスライド ショー

.ppsm

Office テーマ

.thmx

関連項目

PowerPoint でサポートされるファイル形式

Outlook

個人と開発者は Information Rights Management (IRM) を使用して、文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージにアクセス許可を設定できます。 この結果、許可のないユーザーによる機密性の高い情報の印刷、転送、またはコピーを防止できます。 IRM を使用してファイルのアクセス許可を制限した後は、意図していない宛先にそのファイルが到達した場合でも、アクセスと使用に対する制限が適用されます。 文書、ブック、プレゼンテーション、メール メッセージ自体に、アクセス許可が保存されているためです。

IRM を使用して、以下のファイルの種類を保護できます。 また、Outlook で権限が管理されているメッセージに添付された場合、これらのファイルも自動的に権限の管理対象となります。

注: 電子メールメッセージのコンテンツへのアクセス許可を制限する方法については、「 Outlook For Mac 2011 のヘルプ」を参照してください。

Word ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

文書

.doc と .docx

マクロを有効にした文書

.docm

Word テンプレート

.dot と .dotx

マクロを有効にしたテンプレート

.dotm

Excel ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

ブック

.xls と .xlsx

マクロを有効にしたブック

.xlsm

Excel テンプレート

.xlt と .xltx

マクロを有効にしたテンプレート

.xltm

XML 形式でないバイナリ ブック

.xlsb

マクロを有効にしたアドイン

.xla と .xlam

PowerPoint ファイル

ファイルの種類

ファイル名拡張子

プレゼンテーション

.ppt と .pptx

マクロを有効にしたプレゼンテーション

.pptm

PowerPoint テンプレート

.pot と .potx

マクロを有効にしたテンプレート

.potm

スライド ショー

.pps と .ppsx

マクロを有効にしたスライド ショー

.ppsm

Office テーマ

.thmx

関連項目

メール メッセージでの IRM の使用方法

Word の Information Rights Management を使用してドキュメントへのアクセスを制限する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×