重要: Excel for Microsoft 365 と Excel 2021 では、Power View は 2021 年 10 月 12 日に削除されます。 別の方法として、Power BI Desktop で提供される対話型のビジュアル エクスペリエンスを使用できます。これは無料でダウンロードできます。 Excel ブックを Power BI Desktop に簡単にインポートすることもできます。 

Power View SharePoint サーバーは、SQL Server 2012 Service Pack 1 (SP 1) Reporting Services Add-in for Microsoft SharePoint Server 2010 および 2013 の機能であるブラウザー ベースの Silverlight アプリケーションです。 レポート (RDLX ファイル) Power View作成、開き、保存はすべて、SharePoint Server 2010 および 2013 で行います。

注: 

Power View Server でレポートをSharePointする

レポートを作成Power View、Power View Server 2010 または 2013 のデータ モデル ファイルからSharePointを開始します。 モデルまたはモデルへの接続は、SharePoint Server ドキュメント ライブラリまたはPower Pivotギャラリー (データ モデルを含む発行済み Microsoft Excel ブック用の豊富なプレビューとドキュメント管理を提供する特別な目的の SharePoint Server ドキュメント ライブラリ) に含まれます。

ギャラリーからPower Viewレポートを作成 PowerPivot するには

  • 右上隅にある[Power View レポートの作成] アイコンをクリックして、Excel (XLSX) ファイルを開きます。

Power View Server ドキュメント ライブラリからSharePointレポートを作成するには

Power Viewデザイン環境が開き、レポートを作成するビューが開き、共有データ ソース (RSDS) または BISM 接続ファイル (BISM) のフィールドが [フィールド リスト] に一覧表示されます。

この記事の内容

ページの先頭へ

既存のレポートをPower Viewする

PowerPivot ギャラリーでレポートを開く場合は、特定のビューでレポートを開くことを選択できます。

レポートギャラリーでレポートを PowerPivot するには

  1. このInternet Explorer、レポートをホスト PowerPivot ギャラリー サイトにPower Viewします。

  2. レポートの画像をクリックします。

    レポートは、そのビューで閲覧モードで開きます。

  3. レポートを編集するには、左上 隅にある [レポート の編集] をクリックします。

SharePoint Server ドキュメント ライブラリでレポートを開く

  1. このInternet Explorer、レポートをホストしているドキュメント ライブラリSharePointホーム ページにPower Viewします。

  2. レポートを閲覧モードで開く場合は、レポートのタイトルをクリックします。

  3. レポートを編集するには、左上 隅にある [レポート の編集] をクリックします。

ページの先頭へ

レポートを保存する

Power View レポート (RDLX ファイル) を、Power View を起動したモデルと同じ SharePoint サーバー上の共有ドキュメント ライブラリまたは Power Pivot ギャラリーに保存します。

  1. レポートを保存するには、[ファイル] メニューの [Power View 名前 を付けて 保存]をクリックします

    レポートを初めて保存すると、既定の場所はモデルが保存されているフォルダーになります。

    別の場所に保存するには、その場所を参照し、[保存] を クリックします

  2. [名前 を付けて保存 ] ダイアログ ボックスの [ ファイル名 ] フィールドに、ファイルの名前を入力します。

  3. 既定では、[プレビュー画像を レポートで保存する ] チェック ボックスがオンになっています。 プライバシー上の理由から、プレビュー画像を保存しないでクリアする必要がある場合があります。

    プレビュー 画像を使用するかどうかを決定するには 、「各ビューの画像をレポートと一緒に保存するかどうかを選択する」を参照してください。

  4. [保存] をクリックします。

    レポートが保存されます。 ブラウザーをPower Viewサイトに戻りSharePointブラウザーの [戻る] ボタンをクリックします。

    注: レポートは編集できますが、ライブラリまたはフォルダーに保存する権限SharePoint持てない場合があります。

Power View のアクセス許可

Power Viewは、SharePointアクセス許可を使用して、レポートへのアクセスPower Viewします。 SharePoint フォルダーに対して [アイテムを開く] アクセス許可がある場合は、閲覧モードまたは編集モードで、そのフォルダー内Power Viewレポートを開きます。 そのため、必要に応じて編集モードでレポートを変更できます。 ただし、変更を保存できるのは、コピー先のライブラリまたはフォルダーに対する [アイテムの追加] アクセス許可を持っている場合、または既存のドキュメントを上書きするための [アイテムの編集] アクセス許可がある場合のみです。

アイテムを開く権限を持っている場合、レポートを PowerPoint にエクスポートできます。 ただし、保存していない変更がある場合は、PowerPoint にレポートをエクスポートすることはできません。 したがって、アイテムを開くアクセス権限しか持っていない場合、レポートをそのままエクスポートすることはできますが、レポートを変更してからエクスポートすることはできません。 これを行うには最初に変更を保存する必要があり、そのためには「アイテムの追加」または「アイテムの編集」権限が必要です。

RDLX ファイル形式

Power View RDLX ファイル形式でファイルを作成します。 これらは、2012 SP 1 Reporting Services (SSRS) Report Builderまたは SQL Serverで作成した RDL ファイルと互換性がありません。 RDL ファイルを開く、または編集Power Viewまたは編集することはできません。

ページの先頭へ

[PowerPoint から Power View にエクスポートSharePoint

対話型バージョンのレポートを、レポート内の Power ViewからSharePointエクスポートPowerPoint。 Power View の各ビューは、別々の PowerPoint スライドになります。

注: 2 つのバージョンの Power View があります。Power View 2013 の Excel と Power View Server 2010 と SharePoint 2013 の 2 つのバージョンです。 エクスポートできるのは、PowerPoint Server Power ViewのSharePointです。

PowerPoint にエクスポートされたPower Viewの操作は、読み取りモードと全画面モードで Power View ビュー Power View操作するのと似ています。 PowerPoint のスライド ショー モードおよび閲覧表示モードでは、レポート作成者が各ビューに追加した視覚エフェクトとフィルターを操作できますが、視覚エフェクトとフィルターを作成することできません。

詳細については、「レポートレポートをエクスポートする」Power Viewを参照PowerPoint。

ページの先頭へ

レポートのデータを更新する

ページを更新することなく、Power Viewレポートのデータを更新できます。

  • [クイック アクセス ツール バー] の [更新Power Viewボタンをクリックします。

注: ブラウザーで [更新]ボタンをクリックし、[このページから離れる] をクリックすると、レポートを最後に保存してから行った変更は失われます。

ページの先頭へ

SharePoint Server の Power Viewレポートでビューを印刷する

デザイン モードまたは読Power Viewモードからレポートを印刷できますが、全画面モードでは印刷できません。 Power View、現在のビューを 1 度に 1 つ印刷します。

  1. ビューを印刷するには、[ファイル] メニューの [Power View]クリックします

    ブラウザーの [印刷] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. [印刷] をクリックします。

[印刷] ダイアログ ボックスの設定に関係なく、ビューは常に横向 きに 印刷されます。 ビューに表示される情報が正確に出力されます。 たとえば、次Power Viewします。

  • 視覚エフェクトにスクロール バーがある場合、印刷時に表示される視覚エフェクトの部分。

  • タイル コンテナー内の選択されたタイル。

  • [フィルター] 領域 (展開されている場合)。

  • 再生軸を含む散布図またはバブル チャートの現在のフレーム。

ページの先頭へ

Power Viewに基づいてレポートを作成する

このSharePoint、常にデータ Power Viewから開始します。 モデルは次の場合があります。

データ モデルの表形式Excelについて

データ モデルは、分析ワークロードとレポート ワークロード専用に設計された次世代モデルです。 データ モデルは、次を含むさまざまなデータ ソースからデータをインポートできます。

  • SQL Server

  • DB2

  • OData

  • Oracle

  • Teradata

  • その他

Excelでデータ モデルを作成し、Excel の PowerPivot を使用してデータ モデルを拡張し、SharePoint Server または PowerPivot ギャラリーのドキュメント ライブラリにモデルを保存できます。 IT に重点を置く組織のモデル開発者は、SQL Server Data Tools (SSDT) でモデルを作成し、SQL Server 2012 Service Pack 1 Analysis Services (SSAS) サーバーにデプロイします。

ページの先頭へ

さらに詳しい情報

Power Pivot ギャラリーを使用する

レポートをPower ViewにエクスポートPowerPoint

データ モデルの共有データ ソースを作成する

BI セマンティック モデル接続を使用する

Power View の多次元モデル オブジェクトについて

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×