イベント 1000、4999、および 9775 は、Store.exe が Exchange Server 2010 の SP3 メールボックス サーバーがクラッシュするときにログに記録されます。

現象

Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービス (Store.exe) は、Microsoft Exchange Server 2010 サービス パック 3 (SP3) のメールボックス サーバーがクラッシュします。さらに、次のイベントがアプリケーション ログに記録されます。



原因

この問題は、 LogFailedSDUpdateEvent関数は、advapi32.dll ファイルのConvertSecurityDescriptorToStringSecurityDescriptor関数を呼び出すために発生します。ただし、セキュリティ記述子では、破損が発生します。次に、 ConvertSecurityDescriptorToStringSecurityDescriptor関数は、アクセス違反の例外をスローします。

解決策

この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。

Exchange Server 2010 のサービス パック 3 の更新プログラムのロールアップ 3 のの説明

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ConvertSecurityDescriptorToStringSecurityDescriptor関数の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×