現象

SharePoint 2010 (以降) にログインしているユーザーが、PowerPivot ブックをアップロードし、次の方法に従って、ブックのデータ更新をスケジュールします。 [powerpivot ブックデータ更新のスケジュール設定] の [資格情報] セクションで、[Secure store Service に保存されている資格情報を使用して接続します。ユーザーが [OK] をクリックしてスケジュールを保存すると、次のエラーが表示されます。 "指定された Secure Store ターゲットアプリケーションは正しく構成されていないか、存在しません" が表示される

原因

PowerPivot は SharePoint の Secure Store メソッドを使用して、Secure Store でユーザーの管理者権限を確認します。 セキュリティで保護されたストアターゲットアプリケーション ID が確認される前に、ユーザーの権限をチェックするために使用する方法には、セキュリティで保護されたストア管理者の権限が少なくとも1つ必要です。 Secure Store アプリケーションの作成、管理、または削除を行います。

回避策

サーバーの全体管理の Secure Store 管理者機能を使用して、ユーザーの権限を付与します。手順サーバーの全体管理で、[アプリケーション管理] を参照し、[サービスアプリケーションの管理] をクリックします。 [Secure Store アプリケーション] リンクの右側をクリックして、行が強調表示されるようにします。 [管理者] ボタンをクリックし、PowerPivot データ更新スケジュール (またはユーザーを含む適切なセキュリティグループ) を編集しようとしているユーザーをフィールドに追加します。  [追加] をクリックし、[ターゲットアプリケーションの管理] をオンにします。[OK] をクリックします。最後に、PowerPivot のスケジュールされた更新に使用する Secure Store ターゲットアプリケーションの管理者グループにユーザーを追加します。 手順11を参照してください。 「ターゲットアプリケーションを作成する」セクションで、「 http://technet.microsoft.com/library/ee806866 (v = section3) .aspx #を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×