注: スマホ同期 (Windows にリンク) アプリは Microsoft Phone Link という名前に変更されました。 さらに、Android 用の Your Phone Companion アプリは Link to Windows という名前に変更されました。 詳細については、Microsoft Phone Link と Link to Windows の紹介に関する記事を参照してください。

モバイル アプリを PC で直接使用する

アプリにより、PC で Android アプリを表示して操作できるようになりました。 テイクアウトのメニューを見ながら夕食のプランについてテキスト メッセージのやり取りをするというようなことが、大きな画面で、キーボードとマウスを使ってできます。 

Android アプリを PC にお気に入りとして追加したり、スタート メニューやタスク バーにピン留めしたりすることができます。また、別のウィンドウで開き、PC 上のアプリと並べて使用することができます。 PC で Android アプリを使用する方法について説明します。  

自分で自分にメールを送る必要はもうありません。 ドラッグ アンド ドロップだけで解決です。

デバイスから他方のデバイスへドラッグすれば、Android デバイスと PC の間でファイルや画像を転送できるようになりました。 まず スマホ連携リンク アプリでスマートフォン画面を開いてから、デバイス間で対象ファイルをドラッグします。 いくつか例外があるため、ファイルのドラッグ アンド ドロップの詳細についてはこちらをご覧ください。  

ファイルのドラッグ アンド ドロップは、スマートフォンの画面に適合する一部の Samsung デバイスで使用可能です。 電話画面の設定と使用の詳細については、こちらを参照してください。  

デバイス間でのコピー/貼り付け

休暇中の写真をデバイスに転送するために、もう自分で自分にメールで送信する必要はありません。 Android デバイスからコピーして PC に貼り付ける (またはその逆) だけです。 通常のショートカット キーを使用: テキストまたは画像を選択してコピーし、デバイスを切り替えて貼り付けます。 

この機能を有効にするには、スマホ連携リンク アプリを開き、[設定] > [デバイス間のコピーと貼り付け] の順に移動します。 [スマートフォンと PC の間でコピーして貼り付けたコンテンツに、このアプリがアクセスし、転送することを許可します] のトグルが [オン] になっていることを確認します。 

この機能は、Surface Duo および一部の Samsung デバイスで動作します。 この機能をサポートしている Samsung デバイスをお持ちでない場合でも、スマホ連携リンク アプリの [フォト] タブを使用して、スマートフォンから PC に画像を共有できます。 詳細情報

最新の写真 2000 枚を表示して操作できます

多くの写真がスマートフォンで撮影されます。 熱心な スマホ連携リンク アプリ ユーザーから、直近の写真 25 枚以上にアクセスする機能が欲しいという声が寄せられていました。  そこで今回、Android デバイスのカメラロールから最新の写真 2,000 枚を PC に表示して操作できるようになりました。

これを行うには、スマホ連携リンク アプリを開いて [設定] > [機能] に移動し、[フォト] で、[スマートフォンからの写真の表示をこのアプリに許可する] のトグルをオンにします。

お使いの PC で電話をかけたり受けたりすることができます

私用の通話や仕事の通話に応答するのに、Android デバイスをわざわざ取り出す必要はありません。 PC から通話に応答することができます。PC スピーカー、マイク、より大きな画面を使って、通話時のエクスペリエンスを拡張することもできます。 

これをセットアップするには、スマホ連携リンク アプリを開き、[通話] に移動して、セットアップの手順に従います。 お使いの PC で Windows 10 Version 1903 以上を実行している必要があります。また、スマートフォンには Android 7.0 以上が必要です。

スマホ連携リンク アプリの新機能を他の人より先に試してみませんか?

Windows Insider Program に参加し、新機能を最初に使用するユーザーの 1 人として、アプリの品質向上にご協力ください。 サインアップはこちら

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×