はじめに

項目番号 6 とスケジュール 10 の法 CXXVII の値で 2007 年の 13 に税を (1 年 2018年 7 月への影響を入力する) が追加されます。

6."課税対象のエンティティはデータを実行、専用の調整、国内の税と関税局の方向に発行された請求書内で、専用の規制に従って、含まれるデータで定義されている、電子チャネル経由で、各請求書のレポート請求する請求書には、またはでの税金が含まれている、プログラムの関数を使用して、HUF 100,000 は国内登録されている他の課税対象のユーザーに渡されます。課税対象のエンティティは、データに関しては、これらの請求書の annulments の変更や、専用の規制に従って、電子チャネルを使用して、レポートを実施するものとも。データ レポートは行うこと別の課税対象のエンティティに渡す税量に達するか、HUF 100,000 を超える請求書になるための変更に関して、専用の規制に従って。」

「13。 1 ~ 8 の点で定義されているしきい値の金額関係なく、この附属書で設定するそれぞれ義務を満たすため、課税対象エンティティを選択可能性があります。」

に従って新しい法律の変更が必要です。

  • メンテナンスには、登録の請求書が発行されます。

  • 自動オンライン請求システムに発行された請求書を持つ xml ファイルを送信し、サービス (システム内での人間の介入なしのマシン ・ インタ フェース) との相互作用を処理します。

  • 請求書データは、BASE64 形式にエンコードされた XML ファイルに埋め込まれている必要があります。

この新しい法律を満たすためにありますが、Microsoft Dynamics AX での変更の要件には、オンライン請求システムを登録する新しい機能が実装されています。この機能には、ユーザーことができます。

  • 特定システムの請求、オンラインweb サービスを自動的にオンライン請求システムに直接データを転送するために使用する必要がありますを設定します

  • 技術的なユーザーのログイン、パスワード、署名、交換用のキーを設定します。

  • 送信と応答が発行された請求書上のプロセスをサポートするために請求書の登録を維持します。

  • 自動的に生成し、必要な形式でオンライン請求システムに XML レポートを送信します。

  • 自動的に受信してからの応答を解釈、オンライン請求システムです

  • 保存し、すべての送信および受信した XML レポートを確認します。

概要

このドキュメントは、Microsoft Dynamics AX 2009 の SP1、AX 2012 R2 と AX 2012 R3 のユーザーのためのガイダンスです。

このガイドを設定し、Microsoft Dynamics AX を使用して、新たな法的要件に従ってオンライン請求システムと対話する方法について説明します。

ドキュメントには、2 つの部分が含まれています。

  • オンライン請求システムのセットアップ。

  • オンライン システムの登録を請求します。

セットアップの一部では、どのように Microsoft Dynamics AX の設定を行う作業を正しく登録する、オンライン請求システムを使用するについて説明します。

請求システムのオンライン 登録の一部では、オンライン請求システム (オンライン請求システム公式 web サイト) との対話を Microsoft Dynamics AX を操作する方法について説明します。

オンライン請求システムのセットアップ

Dynamics AX 請求システムをオンラインで作業する準備が完了する必要があります以下の設定を行う。

  • 技術的なユーザーのログインとパスワードと署名し、交換用のキー。

  • オンライン請求システムのサービスです。

  • マシンのインタ フェースを自動的に実行のバッチです。

  • 財務上の理由からです。

技術的なユーザーのログインとパスワードと署名と交換キーの設定

技術を設定するユーザーのログインとパスワードと署名と代替キーも他のパラメーターを開く元帳 > セットアップ > 売上税 > 外部 > オンライン請求システムのパラメーターです

Online invoicing system parameters

技術的なユーザー ログインとパスワードと署名し、交換用のキー、請求システム (登録の手順に関する情報) をオンラインから取得する必要がありますを入力します。

以下のパラメーターを入力します。

  • プロセスごとの最大の請求書 (< = 100)。

  • レポート期間の開始日 (2018/07/01) です。

  • (必要な場合) は、圧縮を適用します。このパラメーターを選択した場合、システムは xml ファイルを送信する前に請求書データを圧縮します。

オンライン請求サービスのセットアップ

サービス オンラインの請求システムを設定するのには開いている、総勘定元帳 > セットアップ > 税 > 外部 > オンライン システムのサービスの請求書します

オンライン請求システム サービス

新しいレコードを作成し、次のフィールドに入力します。

  • タイプ ([顧客請求書)

  • インターネット アドレス

  • 操作

    • 前処理 - tokenExchange

    • 文書の manageInvoice を送信します。

    • 請求書データを要求する - queryInvoiceData

    • ステータスを確認する - queryInvoiceStatus

マシン インターフェイスのセットアップを自動実行のバッチ

フォームでオンライン請求システムのバッチをアクティブにする (総勘定元帳 > 定期処理 > オンライン請求システム レジスタ) 自動 (以前に設定、[全般] タブでの請求書を選択するためのフィルターを登録するレコードを追加します。):

ジョブをバッチ処理してレコードを追加するには-

可能性がありますに入力する値にかかわらず、タスクの説明など、更新プログラムを「登録」顧客の請求書のレポートのデータです。

バッチで自動送信する必要は、請求書を発行、設定を開くにはシステム管理 > 照会 > バッチ ジョブ > バッチ ジョブ(詳細リンク[AX 2012] バッチ ジョブの作成] の下で、バッチの作成を参照してください) し、2 つを作成バッチ。

  • %HU オンライン請求システム (クラス名 SIIRegisterReport_HU) 請求書の処理と送信

  • %HU オンライン請求システム (クラス名 SIIRegisterReport_HU) を要求する状態

バッチ ジョブ

前処理/送信する請求書には、%HU オンライン請求システムのバッチは、2 つのタスク (タスクの表示] ボタン) を作成します。

  • (パラメーターの状態の作成) を前処理 (クラス名 SIIRegisterReport_HU)

  • 請求書 (パラメーターのステータスのプリプロセス) (クラス名 SIIRegisterReport_HU) を送信します。

バッチ タスク 11

バッチ タスク 12

%HU オンライン請求システムのバッチのステータス要求の 1 つのタスクを作成します。

  • 状態要求 (パラメーターの保留中の応答、クラス名 SIIRegisterReport_HU)

バッチ タスク 2

財務上の理由によりセットアップ

財務理由をオープンに設定するのには組織管理 > 設定 > 財務上の理由から

財務理由を設定する場合は請求書の処理を手動で指定すると転記と請求書を作成することがあります。システム、請求システムのマニュアルをオンラインで指定された次の操作をサポートしています: 変更および逆仕訳を作成します。

などのユーザーは、請求書および選択の変更操作を作成する場合ユーザーが、以前に転記された請求書の変更と請求書を検討します。システムがシステムの登録を請求する、オンラインで請求書レコードを作成するこの例が、ユーザーを指定する必要があります請求書への参照を変更する変更は、レコードの状態を登録するまで、この請求書を送信できません。

財務上の理由から

同じ操作をいくつかの理由を作成することがあります。

オンライン請求システムの登録

システムの登録を請求するオンラインフォームは、Dynamics AX をオンラインの請求システムとの対話のために使用されます。

概要を送信発行された請求書を開くと総勘定元帳 > 定期 > オンライン請求システムの登録します

オンライン請求システムの登録

フィールド (テーブル) を説明します。

フィールド名

フィールドの説明

タイプ

顧客請求書には常になります。顧客請求書レコードを登録、アカウントの売掛金勘定の請求書仕訳帳から作成し、プロジェクトの請求書

状態

フィールドには、パターンの種類と対応の請求書の実際の状態が反映されます。このフィールドでは、レジスタに請求書を追加するだけで自動的に入力できます、次の値を持つことができます。

  • 作成: 請求書登録に追加されますが、まだ web サービスに送信されません。

  • 拒否: 要求は、web サービスに送信されましたが、オンライン請求システムをいくつかの理由によって拒否された場合。

  • プリプロセスが実行された操作の前処理済み

  • PendingResponse -請求書を送信し、システムが請求書のステータスをオンラインからの応答を待機する請求書のシステム

  • 承諾済み: とき、請求書が web サービスに送信され、オンライン請求システムによって受け付けられました。

  • 除外- この状態は自動的に設定の場合は変更と逆仕訳をシステムが請求書の参照を定義できない場合、ユーザーは、オンラインの請求システム パラメーターで指定された日付よりも小さい日に登録の請求書を追加する場合 (の全般的な元帳 >セットアップ > 税 > 外部 > オンライン請求システムのパラメーター)。

送信日付

これは、日付と時刻の最後の請求書のステータスが変化します。

アカウント番号

顧客の口座番号

ソース ドキュメントの ID

請求書の Id

ソース日付

Inoice 日

フィールドの説明 (右側のフォーム パーツの詳細、エラー)。

フィールド名

フィールドの説明

操作

作成、変更、逆仕訳します。

システムは、自動的に作成および変更する操作を定義します。システム操作を定義を作成する元の請求書と操作の変更がないの参照がある場合、元の請求書への参照がある場合

財務を介してのみ逆仕訳の操作を定義する必要があります"storno"操作を [操作] フィールドに理由です。

ユーザーには、請求書上の逆仕訳操作が指定されている場合、システムは除外ステータスの登録レコードを作成します。ユーザーは、元の請求書への参照を入力し、作成するレジスタの状態を変更する可能性があります。

元の登録

元の請求書の登録のレコードへの参照。変更または元の逆仕訳がフィールドを登録する登録操作と等しい場合それ以外の場合、オンライン請求システムからのエラーを入力する必要があります。

最後の行の参照番号

作成 – 最後の番号は、請求書の明細行の数量と等しい

変更/逆仕訳の最後の数の請求書明細行の数量 + 元の請求書明細行の数量、同じ元のレジスタに呼ばれるすべての請求書の数量の集計行と同じです。

手動操作とは

場合登録操作の入力フィールドを持つ金融の理由で請求書のレコードが作成されました。

エラー コード

エラー コードは、オンラインの請求システムから受信しました。

エラーの説明

エラーの説明

関数

このフォーム内のすべての機能がありますのいずれかを自動的に実行される (バッチの設定を参照してください)、または手動でします。

自動と手動の両方のプロセスは、次の状態を使用して (一般) なります。

  • オンラインの登録を請求するレコードを追加します。

  • トークンの要求と受信

  • エンコードされた請求書を使用して要求を送信して、トランザクション ID を受信

  • 請求書の要求と受信の状況

オンラインのシステムを自動的に請求する請求書を送信を実行するバッチを設定する必要が (セクションの設定を参照)。

手動の政権は、ユーザーが自身のすべての手順を実行する必要がありますを意味します。

関数

ボタン

レジスタにレコードを追加します。

レコードを追加する顧客の請求書/

トークンを送受信

送信

エンコードされた請求書を使用して要求を送信して、トランザクション ID を受信

送信

請求書の要求と受信の statuse

送信

レコードを追加します。

注: VAT 額を計算するには、システムは、タイプの税、売上税コード、

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×