はじめに

マイクロソフト ダイナミクス CRM オンライン 9.1.0 用サービス更新プログラム 56 が利用可能になりました。この資料では、Service Update 56 に含まれる修正プログラムと更新プログラムについて説明します。

バージョン番号とサービス更新プログラムの間のリンクを明確にするために、命名規則が変更されたことに注意してください。 たとえば、サービス更新プログラム 56はバージョン番号56XX に対応します。場合によっては、サービス更新プログラムがキャンセルされ、関連するすべての修正が次のサービス更新プログラムにロールバックされるため、サービス更新番号が常に増え続けるとは限りません。

このリリースはグローバルに展開されるため、引き続き修正プログラムを追加し、バージョン番号が変更される可能性があります。 このリリースに追加された修正を引き続き文書化する場合は、この資料を定期的に確認してください。

詳細情報

パッケージの更新

バージョン番号

マイクロソフト ダイナミクス CRM オンライン 9.1.0 のサービス更新プログラム 56

9.1.0.5627

組織でこの更新プログラムが適用されたかどうかを確認するには、Microsoft Dynamics CRM オンラインのバージョン番号を確認してください。右上隅の歯車アイコンをクリックし、[について]をクリックします。

修正ステートメントの最後に (*) は、この修復項目が複数のサービス更新プログラムリリースに組み込まれたことを示します。

サービス更新プログラム 56 では、次の問題が解決されます。

予期しない動作

次の一覧では、意図したとおりに動作しない Dynamics で実行されたアクションを解決する問題について詳しく示します。

  • エンティティのソーシャルプレーン上のメモに "<" 文字が含まれていると、他の文字に置き換えられました。

  • HTML は、Exchange で作成され、Dynamics 365 に同期された予定の本文に表示されます。

  • ユニファイド クライアントでは、JavaScript が [概要] タブで 2 回トリガーされ、期待されたタブ状態が返されませんでした。

  • 日付がフォームに入力されると、日付の月と日が場所を入れ替えました。

  • Internet Explorer を使用して Dynamics 365 にアクセスする場合、電子メールの本文に挿入されたテンプレートは、目的のカーソル位置ではなく、電子メールの先頭に表示されます。

修復された機能

次の一覧では、Dynamics で解決策が機能していない項目を修復する問題について詳しく説明します。

  • ユニファイド クライアントは、ロックされた属性のビジネス ルール条件を無視しました。

  • ビジネス ルールは、レコードの変更を防ぐことができず、自動保存はトリガーされず、変更が行われた後に表示される [保存] ボタンが予期された [保存されない変更] ボタンの代わりに表示されます。

  • ユニファイド クライアント資格エンティティの JavaScript を使用してカスタムの追加ビューをフィルタリングできませんでした。

  • ファイル レポートでソリューションをアンインストールできませんでした。

  • Dynamics 365 の連絡先のアドレス フィールドの値は、既定の標準の "マイ 連絡先" ユーザー フィルターを使用して Outlook の同期化が発生すると、変更時に消えなくなります。

  • ルックアップ フィールドをカスタム エンティティに使用できませんでした。

  • LinkedIn パッケージはデフォルトでインストールされています。

  • ユニファイド クライアントのプロセス インスタンスで状態変更操作を実行できませんでした。

  • ユーザー ビューが有効になっているとき、リソース サブグリッドの 2 ページ目にレコードが期待どおりに表示されませんでした。

  • 現在のステージにアクション ステップが含まれている場合、ユーザーはビジネス プロセス フロー (BPF) ステージ間を移動できませんでした。

  • 新しく作成されたグラフはレンダリングされなかったか、Y 軸ラベルの書式設定なしでレンダリングされました。

  • 大量のレコードを含む Excel テンプレートがエクスポートされたときに SQL タイムアウトが発生しました。

  • ワークフロー電子メールの本文の動的フィールドが設定されていません。

  • グローバル クイック作成メニューのカスタム エンティティのアイコンが見つかりませんでした。

  • フォームがアプリ モジュールに追加されたときにダッシュボードを切り替えることができませんでした。

エラー メッセージ、例外、およびエラー

次の一覧では、エラー、未処理の例外、またはシステムまたはコンポーネントの障害を引き起こすアクションを解決する問題について詳しく示します。

  • エンティティ マップ情報、属性マップ情報、および属性マップ ID 情報がエラー メッセージから見つかりませんでした。

  • コネクタを接続した zip ファイルとしてアンマネージ ソリューションをインポートし、ソリューションをエクスポートするときにエラーが発生しました。

  • アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) 呼び出しを介して Fetch XML を使用するときにエラーが発生しました。

  • 一部のコピー操作が失敗しました。

  • 早期バインド クラスの生成時にエラーが発生しました。(エラー: "SolutionComponentDefinition" には、"EntityLogicalName" の定義が既に含まれています。

  • WebClient では、空白のエラーダイアログ ウィンドウが表示され、SharePoint ドキュメントの関連グリッド セクションに特殊文字の URL を含む場所が追加されたときに閉じることができませんでした。

  • 作業指示書の作成時にエラーが発生しました。(エラー: "ソリューションの依存関係が存在し、アンインストールできません。*

  • 複数の "not-in" 条件を使用してフィルタを作成し、要求を実行するときにエラーが発生しました。

  • オフライン プロファイルの発行時にエラーが発生しました。

  • オフライン時に、作成または変更されたフィールドを含むグリッドの読み込みに失敗しました。

  • 管理アクションの実行中にエラー メッセージが表示されました。(エラー: "UserId は空の guid:)*

リリースリストに戻る

リリースノートに関するフィードバックがある場合は、こちらからご意見をお寄せください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×