Sign in with Microsoft
Sign in or create an account.

概要

: この記事は、MSI バージョンの Office には適用されません。

新しい更新プログラムが一般公開されている場合、既定で Microsoft Office のインストールを自動的に更新するように構成されています。 必要に応じて、以前のバージョンまたは Office インストールのビルドに戻す必要があります。 たとえば、自動更新で、Office アプリケーションのいずれかで予期しない動作が発生した場合などです。 このような場合は、発生した問題に対処する新しいバージョンがリリースされるまで、以前のバージョンに戻すことができます。

重要: この記事では、クイック実行を使用してインストールされた以前のバージョンの Microsoft 365、Office 2019、または Office 2016 に戻すための推奨手順について説明します。 この記事は、MSI バージョンの Office には適用されません。

詳細情報

問題の重大度を考慮する

以前のバージョンの Office クイック実行のインストールに戻す前に、発生している問題の重大度と、最新の更新プログラムに含まれているセキュリティ、パフォーマンス、信頼性の改善点を比較して検討する必要があります。

以前のバージョンの Office に戻す

以前のバージョンの Office に戻すには、次の手順を実行します。

重要: Office のインストールはインターネットからストリームされます。 インターネットへの接続の信頼性が高く、持続的であることを確認してください。

手順 1: 予定日に自動更新を有効にするリマインダーを設定する

Office のインストールを戻す前に、自動更新を無効にする必要があります。 予定日を逃さないように、今後のバージョンを手動で確認するリマインダーを設定します。 新しいバージョンが公開され、以前に発生した問題と同じ問題が新しいバージョンで発生しない場合は、自動更新を再び有効にすることができます。

自動更新を再び有効にするリマインダーを作成します。 Microsoft Outlook、Outlook.com、またはカレンダーがある他のアプリケーションでリマインダーを作成することができます。

Office の更新の詳細については、次の記事を参照してください。

Microsoft 365 Apps for enterprise の更新履歴 (日付別の一覧)

手順 2: 以前のバージョンの Office をインストールする

以前のバージョンの Office をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 以前のバージョン番号を決め、メモします。 次の Microsoft の Web サイトを参照して、現在のバージョンより前の更新バージョンを見つけます。

    Microsoft 365 Apps for Enterprise の更新履歴 (日付別の一覧)

  2. 次のダウンロード センター リンクから自己解凍型実行可能ファイルをダウンロードして実行します。 このファイルには、Office 展開ツールの実行可能ファイル (Setup.exe) とサンプル構成ファイル (Configuration.xml) が含まれています。

    Office 展開ツール

  3. メモ帳を起動し、次の XML をコピーします。 次に、手順 2 の Setup.exe ファイルと同じファイルの場所に Config.xml という名前のファイルを保存します。

    <Configuration>
    <Updates Enabled="TRUE" TargetVersion="16.0.xxxxx.yyyyy" />
    </Configuration>


    注: XML では、16.0.xxxxx.yyyyy は、手順 1 でメモした完全なバージョン番号を表しています。

  4. 管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。 この操作を実行するには、[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「cmd」と入力し、[cmd.exe] を右クリックして、[管理者として実行] をクリックします。 Setup.exe ファイルと Config.xml ファイルのファイルの場所に切り替えます。

  5. 次のコマンドを実行します。

    setup.exe /configure config.xml
    
  6. Office アプリケーション (Excel など) を起動し、[ファイル] > [アカウント] を選択します。

  7. [製品情報] セクションで、[更新オプション] > [今すぐ更新] を選択します。 

    注: Office のライセンス認証をもう一度実行するように求められたら、Microsoft アカウントとパスワードを入力します。 この手順を実行しても、このコンピューターがお使いのアカウントに重複して追加されることはありません。

手順 3: Office の自動更新を無効にする

この手順はとても重要です。 Office は、定期的に更新プログラムを自動的にチェックします。 Office が新しい更新プログラムを自動的にインストールしないようにするには、次の手順を実行します。

  1. Outlook を起動します。

  2. [ファイル] をクリックし、[Office アカウント] をクリックします。

  3. [製品情報] 列の [更新オプション] をクリックし、[更新を無効にする] をクリックします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×