修正: 毎日のバッチ ジョブの開始 1 時間夏時間設定の Microsoft Dynamics AX 2009 年後に予想よりも早い

Bug #: 358520 (VSTSMBS)
BUG #: 48118 (AXSE)
BUG #: 182273 (コンテンツ管理)


この資料は、すべての地域の Microsoft Dynamics AX 2009 年に適用されます。

日軽コストの削減を開始するときに発生することが毎日のバッチ ジョブをスケジュールすると、毎日のバッチ ジョブは 1 時間を予定より前に発生します。このような日の光のコスト削減の設定が使用されて後は、毎日のバッチ ジョブでは 1 時間にスケジュールされた時刻より前が引き続き発生します。

たとえば、毎日のバッチ ジョブは、時間 2時 30分: 00 の予定です。日時間 2時 30分: 00 のセットを保存するその日の光が存在しないと、1時 30分: 00 代わりに、ジョブを実行します。ただし、次の日の前方から 1時 30分: 00 と 2時 30分: 00 ではなくを実行するバッチ ジョブが解決しません。

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールした場合、またはその他のテクニカル ・ サポートのご質問がある場合、パートナーにお問い合わせくださいまたは場合は、マイクロソフトから直接サポート プランに登録すると、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡して新しいサポート要求を作成します。 そのために以下のマイクロソフト ウェブサイトに移動してください。

https://mbs.microsoft.com/support/newstart.aspx特定の電話番号の国のこれらのリンクを使用して、電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに問い合わせるもできます。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトのいずれかを参照してください。

パートナー

https://mbs.microsoft.com/partnersource/support/お客様

https://mbs.microsoft.com/customersource/support/information/SupportInformation/global_support_contacts_eng.htmかかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

この修正プログラムは、Microsoft Dynamics AX 2009 の Service Pack 2 に収められる予定です。

「解決方法」セクションでは、最新 service pack または修正プログラムとして、この修正プログラムが提供されているかを示しています。比較およびテストでは、オリジナルの修正プログラムがあるで、

http://hotfixサイトです。

この修正プログラムをインストールする方法の詳細については、 Microsoft Dynamics AX の修正プログラムをインストールする方法を参照してください。

この修正プログラムを適用するのにはインストールされているMicrosoft Dynamics AX 2009 の Service Pack 1が必要です。

この修正プログラムを適用した後、アプリケーション オブジェクト サーバー (AOS) サービスを再起動する必要があります。

この修正プログラムでは、次のオブジェクトに影響します。

\Classes\Batchheader.xpo


\Classes\Batchheader.xpo のメソッド: new()


\Classes\Batchheader.xpo のメソッド: parmrecurrencedata()


\Classes\Batchheader.xpo のメソッド: parmstartdatetime()


\Classes\Batchheader.xpo のメソッド: saveheader()


\Classes\Batchrun.xpo のメソッド: serverprocessfinishedjobs()


\Data dictionary\Tables\Batchjob.xpo


\Forms\Batchjob.xpo


アプリケーション修正プログラムのインストールを検証するには、アプリケーション オブジェクト ツリー (AOT) で、SysHotfixManifest クラスを開きます。次に、インストールされている修正プログラムのサポート技術情報 (KB) の資料番号が含まれているメソッドの名前があることを確認します。さらに、することができますクロス チェックは、影響を受けるオブジェクト AOT で KBxxxxxxの .txt ファイルに対して、オブジェクトを表示することによって。したがって、SYP レイヤーまたは GLP のレイヤーにオブジェクトが正しく変更ことを確認の操作を行うことができます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×