修正: SQL Server 2012 におけるパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。

テンプレート: 汎用的な修正プログラム

BUG #: 186325 (コンテンツ管理) VSTS: 1242856

Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1 の修正プログラムは、1 つのダウンロード ファイルとして配布されます。いる修正プログラムは累積的な新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2012 Service Pack 1 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリース。 

現象

SQL Server 2012 でパフォーマンスの低下が発生する可能性があります。SQL Server パフォーマンス モニター ツールをチェックするときは、次の要素が表示します。

  • SQLServer:Buffer Manager\Page の寿命のパフォーマンス カウンターの値に急速な低下を示す。この問題が発生した場合、カウンターは 0 に近いです。

  • ピーク値、 SQL Server: バッファーの manager\LazyWrites/秒のカウンターは、 1よりも、数秒間です。

  • SQLServer:Memory Manager\Free メモリ (KB)のパフォーマンス カウンターの値が増加します。

原因

リソース モニターと SQL Server レイジー ライターの活動は、キャッシュのサイズとメモリが不足している状況を回避するのには空きリストの容量を維持するために設計されています。まれな状況では、SQL Server データベース エンジンのメモリ マネージャーを有効に圧縮状態の必要なより長いバッファー プールに。メモリ ターゲットに近づいて、メモリ割り当ての失敗し、再試行の内部メモリの割り当ての急激な増加が発生します。再試行アクティビティ中に、メモリ マネージャーは新しいメモリ要求をサポートするために圧縮状態は、さまざまなキャッシュを有効にできます。これらの再試行回数] の下が小さなウィンドウでは、圧縮状態を有効に残ることがありますが空きリストの容量を復元するのには必要以上に長くします。

これにより、安定した状態に戻すために必要な容量以上のメモリの一時的なリリースです。たとえば、バッファー プールは、データ ページ、必要以上の空きリストの深さを膨らませると、ページの寿命予測値 (PLE) のバッファー プールを減らすことをリリースできます。この状況では、 SQLServer:Buffer Manager\Page の寿命のパフォーマンス カウンターの値でのクイックの辞退してクイックSQLServer:Memory Manager\Free メモリ (KB)のパフォーマンス カウンターの値が大きくなることがわかります。

解決策

SQL Server 2012 SP1 用の累積的な更新プログラム 4

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 4 で最初にリリースされました。取得する方法の詳細については、SQL Server 2012 SP1 の場合は、この累積的な更新プログラム パッケージは、マイクロソフト サポート技術情報の記事に移動する次の資料番号をクリックします。

2833645累積では、SQL Server 2012 SP1 の 4 を更新します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×