"FIX: 無効な URL パス エラー外部ユーザーが、共有の予定表に接続しようとしています。

現象

次のような状況を考えます。

  • Microsoft Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010 を使用して任意の場所では、Microsoft Exchange OWA または Outlook を発行します。

  • 他ので iCal の外部のユーザーまたは HTML 形式のカレンダーを共有するのには Exchange の [予定表を発行する] 機能を使用するユーザーがログオンします。

このシナリオでは、ユニファイド アクセス ゲートウェイ サーバー経由で接続している外部のユーザーでは、共有の予定表に接続しようとしたときに次のエラー メッセージが表示されます。

URL のパスが無効です。

原因

Exchange の [予定表を発行する] 機能正しくクライアントをリダイレクトしない予定表の共有、URL を生成する web ページにするためにこの問題が発生し、URL は次のようになります。

http://webmail.company.com/owa/calendar/firstName.Name@company.com/Calendar/calendar.html
既定では、アクセス ゲートウェイの統合 Exchange の公開テンプレートでは、このような URL を許可する URL のセットは含まれません。

解決策

Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010 Service Pack 4 のプログラムのロールアップ 1でこの問題を解決するとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×