概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows の脆弱性を解決します。この脆弱性により、特別に細工された Web サイトを閲覧するか、特別に細工されたファイルを開くか、または特別に細工された DLL ファイルが含まれる作業ディレクトリ内のファイルを開くように攻撃者がユーザーを誘導した場合、リモートでコードが実行される可能性があります。

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS15-020 を公開しました。このセキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールのヘルプ:
Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナルのためのセキュリティ ソリューション:
セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する:
ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート:
その他の地域のサポート

詳細

既知の問題およびこのセキュリティ更新プログラムの関連情報

以下の資料では製品バージョン別に、このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている場合があります。このような場合、既知の問題は各資料のリンクの下に列記されています。

  • 3033889 [MS15-020] Windows テキスト サービス用のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 3 月 10 日)セキュリティ更新プログラム 3033889 の既知の問題:

    • このセキュリティ更新プログラムをインストールした後で、日本語の IME を使用する一部のシステムが応答しなくなる場合があります。または、エクスプローラーがクラッシュする場合があります。
      マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×