概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、ユーザーが特別な細工のある Office ファイルを開くと、リモートでコードが実行される可能性があります。これらの脆弱性の詳細については、 を参照してください。

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の がインストールされている必要があります。このセキュリティ更新プログラムを適用した後で、Internet Explorer で保護モードで Web コンテンツを開く必要がある Web サイトを示すポップアップ ウィンドウが表示されることがあります。参照先: を参照してください。

影響を受ける Microsoft Office ソフトウェアのすべてのバージョンの一覧については、サポート技術情報 を参照してください。

機能追加と修正

このセキュリティ更新プログラムを適用すると、次のセキュリティ以外の問題も修正されます。

OverrideDisableAllActiveX グループ ポリシー設定の設定後、DisableAllActiveX グループ ポリシー設定を設定したのにもかかわらず、Access 2010 で信頼される WebBrowser ActiveX コントロールまたはインポート ウィザードを実行できない問題。さらに、インポート ウィザードに以下のエラー メッセージが表示されます。

このコントロールにはオブジェクトがありません。

この問題は、 の適用後に発生します。グループ ポリシー設定を次のレジストリ キーに設定します:

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Common\Security

Microsoft Internal Support Information

BUG #: 903545 (Office14)

更新プログラムを入手してインストールする方法

方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法については、「」を参照してください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得することができます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。


詳細

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、サポート技術情報 を参照してください。

このセキュリティ更新プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい更新プログラムがリリースされている可能性もあります。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

サポートされているすべてのバージョンの Word 2010 (x86 ベース)

更新プログラムのインストールに関するヘルプ:

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション:

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する:

国ごとのローカル サポート:

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×