2015年2月10日 SharePoint 用の FAST Search Server 2010 の更新プログラム (KB2760409)

この記事では、2015年2月10日にリリースされた SharePoint の Microsoft FAST Search Server 2010 の更新 KB2760409 について説明します。 この更新プログラムには前提条件があります。

機能追加および修正

  • 部分分割されたフィールドを持つドキュメントのトークン化を改善しました。注: 化の詳細については、こちらを参照してください。

  • 一連のドキュメント内の語句を検索すると、その語句を含むドキュメントのみが返されます。

  • 次の問題を修正しました。

    • Java Database Connectivity (JDBC) コネクタを使用して、1つのインクリメンタルコネクタの実行を通じてドキュメントを削除すると、% TIMESTAMP% または% の TIMESTAMP% JDBCSQL 入力パラメーターが使用されます。クロールは失敗します。注:JDBC コネクタは、Java 用の API です。 JDBC 技術を利用して、どのようなドライバーにも接続できます。

    • 次の条件が満たされると、重複したおすすめが返されます。

      • スペルチェッククエリの再有効化が有効になっている。

      • 結果は表示されません。

      • おすすめのコンテンツはクエリで利用できます。

    • 複数ノード環境でのリンク分析に関連する情報が不足しているため、検索エンジンで関連性の低下と取り消しを行うことができます。

マイクロソフト内部サポート情報

BUG #: 901490 (Office14)

更新プログラムのダウンロードおよびインストール方法

Windows Update

を使用して、更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールします。

Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。

マイクロソフトは、本ファイルの公開日に利用可能な最新のウイルス検知ソフトウェアを使用して、このファイルのウイルス スキャンを実行しました。 このファイルは、不正な変更を防ぐためにセキュリティ強化サーバーに保管されています。

更新情報

詳しく

この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、 がインストールされている必要があります。

詳細情報

この更新プログラムには、次の表に記載されているファイルが含まれています。64-bitFsserver-x-none ファイルの情報

関連情報

ては、こちらを参照してください。 「」には、Office のすべてのバージョンの最新の管理者用更新プログラムと展開用リソースが掲載されています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×