2016 年 10 月 4 日を Outlook 2013 (KB3118367) の更新します。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

この資料では、2016 年 10 月 4 日にリリースされた Microsoft Outlook 2013 用の更新プログラム KB3118367 について説明します。この更新プログラムは、Office Home and Student 2013 RT. にも適用されます。この更新プログラムには、必要条件があります。

Microsoft ダウンロード センターの更新プログラムは、Office 2013 の Microsoft インストーラー (.msi) ベースのエディションに適用されます。Microsoft Office 365 ホームなど、Office 2013 クイック実行のエディションには適用されません。(確認する方法は?)。

機能強化と修正

  • デジタルを表示する機能がレジストリ キーを使用、ネイティブの HTML 形式の電子メール メッセージとテキスト形式でメールが署名されていない署名を追加します。詳細については、 を参照してください。

  • レジストリ キーを使用前に警告するダウンロード コンテンツの編集、転送、または電子メールに返信するときのオプションを指定する機能を追加します。詳細については、 を参照してください。

  • Outlook 2013 の詳細表示の設定で [その他の設定] ダイアログ ボックスで複数の言語で [フォント] ボタンに変換します。

  • このオプションを使用すると、Exchange Web サービス (EWS) の URL と保存されている項目に関連付けられているスコープのトークンを取得します。

  • 次の問題が修正されます。

    • 次のような状況を考えます。

      • Outlook 2013 でのキャッシュ モードを有効にするとします。

      • 同じプロファイルには、2 つ以上の Exchange アカウントを追加します。

      • 手動またはグループ ポリシーによって、これらのアカウントでは、キャッシュ モードが無効にします。

      • 関連付けられている .ost ファイルを削除するとします。

      このような場合は、Outlook 2013 は、電子メール メッセージを送信できませんし、電子メール メッセージが送信トレイ フォルダーに保持されています。

    • Outlook 2013 に .eml ファイルを開くと、Bcc 受信者が表示されません。

    • Outlook 2013 を有効にする HTTP プロトコル経由で MAPI を持つ Exchange Server 2013 に接続すると、予期しないパスワード プロンプトが表示されます。

    • 埋め込まれた電子メール メッセージの受信者の数が多い場合は、フォルダーにドラッグできません。

    • Outlook 2013 内のフォルダーが再同期化では予期せず。新しい同期の動作と、修正プログラムに関連付けられているコントロールの詳細については、 を参照してください。

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

Microsoft Update

更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールするには、を使用します。

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動でダウンロードおよびインストールすることもできます。Office Home and Student 2013 RT. には、ダウンロード センターから更新プログラムをインストールできません。

  • Download

  • Download

実行しているプラットフォーム (32 ビットまたは 64 ビット) がわからない場合は、 を参照してください 。さらに、を参照してください。

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、 がインストールされている必要があります。

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

詳細

Office のインストール方法が、クイック実行または MSI ベースのどちらであるかを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. Microsoft Outlook 2013 を起動します。

  2. [ファイル] メニューで、アカウントを選択します。

  3. Office 2013 クイック実行インストールでは、更新プログラムのオプション項目が表示されます。MSI ベースのインストールでは、更新オプションの項目は表示されません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×