目次
×

リリース日:

2017/04/18

バージョン:

マンスリー ロールアップのプレビュー

機能追加および修正

このセキュリティ以外の更新プログラムには、マンスリー ロールアップ KB4015550 (2017 年 4 月 12 日リリース) に含まれていた機能強化と修正プログラムが含まれています。また、次回のマンスリー ロールアップ更新プログラムのプレビューとしてこれらの新しい品質強化も含まれています。

  • WSMan Service で複数の Windows リモート管理 (WinRM) 要求が実行されているときに、WSMan Service (WsmSvc) がランダムにクラッシュすることがある問題を修正しました。

  • Windows リモート管理 (WinRM) とイベントの転送を使用しているときに、イベント サブスクリプション サービスが停止し、コレクター サーバーにイベントが送信されず、イベントがドロップされる問題を修正しました。

  • Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 を実行しているコンピューター上で、Wmiprvse.exe プロセスによる CPU 使用率が高くなる問題を修正しました。 WMI に照会するスクリプトまたはソフトウェアを実行している場合、スクリプトまたはソフトウェアの停止後でも、Wmiprvse.exe プロセスに大量の CPU リソースが消費されることがあります。

  • 変更ブロックのトラッキング (CBT) を有効にして増分バックアップの実行すると、Hyper-V ホストがクラッシュすることがある問題を修正しました。

  • ネットワーク ファイル システム (NFS) クライアントが NFS v3 プロトコルを使用して ‘ls’ コマンドを発行した場合、NFS サーバーがすべてのディレクトリ エントリを NFS クライアントに返さないことがある問題を修正しました。

  • アーカイブ (または変換) されているファイルに対する読み取りまたは書き込み操作問題が拒否され、クラッシュが発生する問題を修正しました。

  • グループ管理サービス アカウント (gMSA) を使用するサービスの負荷が高くなると、Active Directory サーバーが応答しなくなり、再起動が必要になる問題を修正しました。

  • CSV ボリュームを有効にした Hyper-V クラスターで、バックアップが失敗する問題を修正しました。

  • チェック条件 "Illegal request, LUN not available (sense codes 05/25/00)" が発生した場合に、MPIO が適切にサービスを復元しない問題を修正しました。

  • バックアップまたはメンテナンス期間など、I/O アクティビティが多いときにノード クラスターがときどきクラッシュする問題を修正しました。 エラー: Common bucket ID  (WIN8_DRIVER_FAULT) - 0x3B_msiscsi!iSpReleaseConnectionReferences

  • 次の更新プログラムのいずれかをインストールした後に、プリンターで OPENGL ラスター グラフィックを印刷できない問題を修正しました。 KB3164035、 KB3205394、 KB3207752、 KB3212646  および  KB4012215

  • アクセス ポイント名データベースを更新しました。

  • 不明な Extension Mechanisms for DNS (EDNS) バージョンで、クエリに対する BADVERS のリターン パスが破損する問題を修正しました。

  • コンピューターを別のホストをライブ マイグレーションする際、仮想スイッチ ポートのリーク時に CPU パフォーマンスが低下する問題を修正しました。

  • 特定の URI に対して、インターネット インフォメーション サーバーから不適切な 500.19 内部サーバー エラーが返される問題を修正しました。

  • タイム ゾーン情報の更新の問題を修正しました。

  • サーバーに接続しているシン クライアントでエラー (STOP 0x3B) が発生し、保存されていないデータが失われる問題を修正しました。

  • Windows Presentation Foundation テクノロジ、マウス、およびタッチスクリーンを使用するアプリケーションが断続的に応答しなくなる問題を修正しました。

  • Simple Certificate Enrollment Protocol (SCEP) を使用して証明機関 (CA) から証明書失効リスト (CRL) を取得できない問題を修正しました。

  • ドメイン コントローラー上の大規模なレコード セットで LDAP フィルターを評価するときに、LSASS のメモリ使用量が過度になる問題を修正しました。

この更新プログラムの既知の問題

現象

回避策 / 解決方法

PC で AMD Carrizo DDR4 プロセッサを使用している場合、この更新プログラムをインストールすると、その後の Windows 更新プログラムのダウンロードとインストールがブロックされます。

この問題は KB4022726.で解決されています。

Server 2012 R2 システムで Intel Xeon (E3 v6) ファミリのプロセッサを使用している場合、この更新プログラムをインストールすると、今後の Windows 更新プログラムのダウンロードとインストールを実行できなくなります。

この問題は KB4022726.で解決されています。

イベント転送が有効になっているコンピューターにこの更新プログラムをインストールした後に、WinRM サービスがクラッシュすることがあります。 また、システム パフォーマンスの問題が発生したり、 WinRM サービスでデッドロックが発生 したためログオンが応答を停止したりすることがあります。 

注: この更新プログラムは、2017 年 4 月 19 日から 2018 年 1 月 9 日までにリリースされたすべての KB に適用されます。

この問題は KB4057401 で解決されています。

この更新プログラムを適用すると、iSCSI ターゲットが使用できなくなった場合に、再接続の試行によってリークが起こる問題が発生します。 使用可能なターゲットへの新しい接続を開始すると、問題なく動作します。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、 今後のリリースで更新プログラムを提供します。 この問題の詳細については、以下のセクションを参照してください。

Windows Server 2012 R2 および Server 2016 コンピューターで、iSCSI が接続されているターゲットとの接続が切断する問題が発生している場合、他の多数の現象が発生している可能性があります。  たとえば、次のような現象です。

  • オペレーティング システムが応答しない。

  • Stop エラー (Bugcheck エラー) 0x80、0x111、0x1C8、0xE2、0x161、0x00、0xF4、0xEF、0xEA、0x101、0x133、または 0xDEADDEAD が発生する。

  • ユーザー ログオン エラーと共に "使用可能なログオン サーバーがない" エラーが発生する。

  • 使用できるエフェメラル ポートがないため、アプリケーションとサービスのエラーが発生する

  • システム プロセスによって、非常に多くのエフェメラル ポートが使用されている。

  • システム プロセスによって、非常に多くのスレッドが使用されている。

原因

この問題は、Windows Server 2012 R2 および Windows Server 2016 RS1 コンピューターでロックの問題が発生し、iSCSI ターゲットへの接続の問題が発生することが原因です。 この問題は、以下のいずれかの更新プログラムをインストールした後に発生する可能性があります。

Windows Server 2012 R2

リリース日

KB

資料のタイトル

2017 年 5 月 17 日

KB 4015553

2017 年 4 月 19 日 — KB4015553 (マンスリー ロールアップのプレビュー)

2017 年 5 月 10 日

KB 4019215

2017 年 5 月 10 日 — KB4019215 (マンスリー ロールアップ)

2017 年 5 月 10 日

KB 4019213

2017 年 5 月 10 日 — KB4019213 (セキュリティのみの更新プログラム)

2017 年 4 月 19 日

KB 4015553

2017 年 4 月 19 日 — KB4015553 (マンスリー ロールアップのプレビュー)

2017 年 4 月 12 日

KB 4015550

2017 年 4 月 12 日 — KB4015550 (マンスリー ロールアップ)

2017 年 4 月 12 日

KB 4015547

2017 年 4 月 12 日 — KB4015547 (セキュリティのみの更新プログラム)

2017 年 3 月 22 日

KB 4012219

2017 年 3 月 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の月例品質ロールアップのプレビュー

Windows Server 2016 RTM (RS1) 

リリース日

KB

資料のタイトル

2017 年 5 月 17 日

KB 4023680

2017 年 5 月 27 日 — KB4023680 (OS ビルド 14393.1230)

2017 年 5 月 10 日

KB 4019472

2017 年 5 月 10 日 — KB4019472 (OS ビルド 14393.1198)

2017 年 4 月 12 日

KB 4015217

2017 年 4 月 12日 — KB4015217 (OS ビルド 14393.1066 および 14393.1083)


確認

  • システム上にある次の MSISCSI ドライバーのバージョンを確認します。

    c:\windows\system32\drivers\msiscsi.sys

    この動作になるバージョンは、Windows Server 2012 R2 の場合は 6.3.9600.18624、Windows Server 2016 の場合は 10.0.14393.1066 です。

  • 次のイベントがシステム ログに記録されます。

    イベント ソース

    ID

    テキスト

    iScsiPrt

    34

    A connection to the target was lost, but the Initiator successfully reconnected to the target. Dump data contains the target name.

    iScsiPrt

    39

    The Initiator sent a task management command to reset the target. The target name is given in the dump data.

    iScsiPrt

    9

    Target did not respond in time for a SCSI request. The CDB is given in the dump data.

  • システム プロセスで実行されているスレッド数を確認し、通常の作業時の基準と比較します。

  • システム プロセスで現在開かれているハンドル数を確認し、通常の作業時の基準と比較します。

  • システム プロセスによって使用されているエフェメラル ポート数を確認します。

  • 管理 PowerShell から次のコマンドを実行します。

    Get-NetTCPConnection | Group-Object -Property State, OwningProcess | Sort Count

    または、管理コマンド プロンプトから、"Q" スイッチを使用して次の NETSTAT コマンドを実行します。 その結果、接続されていない "バインドされている" ポートが表示されます。 

    NETSTAT –ANOQ

    システム プロセスが所有しているポートに注目します。

    上記の 3 つの点について 12,000 を超える数値があれば、そこが問題の可能性があります。  SCSI ターゲットがコンピューターにある場合、この問題が発生する可能性が高くなります。

解決策

多数の再接続が発生していることがイベント ログに記録されている場合は、iSCSI およびネットワーク ファブリック ベンダーに相談し、エラーの理由を診断して解決し、iSCSI ターゲットへの接続を維持してください。  また、現在のネットワーク ファブリックで iSCSI ターゲットにアクセスできることを確認してください。 更新された修正プログラムがリリースされた場合はインストールします。 修正プログラムがリリースされた場合はこの資料の内容を更新し、インストールする修正プログラムのサポート技術情報番号も修正する予定です。

注: 3 月、4 月、5 月、または 6 月のセキュリティ ロールアップをアンインストールすることは推奨されません。 アンインストールすると、マンスリー更新プログラムで軽減されている既知のセキュリティの脆弱性や他のバグの影響を受けることになります。 まず iSCSI ターゲットおよびネットワーク ベンダーに相談し、ターゲットの再接続をトリガーしている接続の問題を解決することをお勧めします。 

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムは、Windows Update のオプションの更新プログラムとして提供されています。 Windows Update の実行方法については、「How to get an update through Windows Update」(英語情報) を参照してください。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Microsoft Update カタログ  Web サイトにアクセスします。

  • 必要条件 
    この更新プログラムを適用するには、Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 の更新プログラム: 2014 年 4 月 (KB2919355)  がインストールされている必要があります。

  • ファイル情報
    この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム KB4015553 のファイル情報をダウンロードしてください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×