2017 年 6 月 27 日 — KB4022723 (OS ビルド 14393.1378)

リリース日:

バージョン:

2017/06/27

OS ビルド 14393.1378

機能追加および修正

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • KB4022715 で紹介されている Internet Explorer および Microsoft Edge でのフレームからの印刷によって「404 not found or blank page printed. (404 見つからないか、空白のページが印刷されました。)」というエラーが発生するという問題が解決しました。

  • 電子メールのワークフローで返信ボタンを押すと、CRM の UI がハングすることがあるという問題を修正しました。

  • ボリューム ライセンス サービス ロールをアクティブ化しようとしているときに、“Indicates two revision levels are incompatible (2 つのリビジョン レベルに互換性がないことを示しています)“ というエラーによって、ボリューム アクティベーション サービス ツール (vmw.exe) が動作を停止する問題を修正しました。

  • マルチパス I/O でのフェイルオーバー シナリオで使用できる他のパスを使用しないという問題を修正しました。

  • ユーザーが USB デバイスを USB ポートに差し込んだ後、PC が不定期にクラッシュするという問題を修正しました。

  • 統合書き込みフィルターが有効になっている場合、ブルー スクリーンになり、システムの起動プロセスで "unmountable_boot_volume" メッセージが表示されるという問題を修正しました。

  • 電話機をモデムとして使用するためにコンピューターに追加しようとすると、コンピューターが動作を停止するという問題を修正しました。

  • 簡易ネットワーク管理プロトコル (SNMP) アプリケーションがトラップの受信を停止するという問題を修正しました。

  • ゼロ ページ要求に対するページ フォールトが非常に低速 (10% 未満) になり、多数のプリケーションの動作が遅くなるという問題を修正しました。

  • Active Directory フェデレーション サービスが有効になっている場合、ユーザーがアプリケーションからサインアウトするとエラーが発生するという問題を修正しました。

  • SHA1 が無効になっている場合、資格情報に基づく認証に失敗したためにノードがクラスターに参加できないという問題を修正しました。

  • サーバー メッセージ ブロックの帯域幅制限機能が動作していないという問題を修正しました。

  • ストレージ レプリケーション ドライバー (wvrf.sys) が無限ループに入っているという問題を修正しました。

  • 2012 R2 以下のリモート デスクトップ ライセンス サーバーで 2016 リモート デスクトップ サービスのホストがクラッシュし、クライアントへのセッションの提供を停止するという問題を修正しました。

  • certutil.exe でサポートを追加すると、証明書のテンプレートが Windows Hello 用としてマークされるという問題を修正しました。

  • いずれかのマルチパス I/O パスでエラーが発生した場合、使用できるパスがあっても、ストレージ ディスクにアクセスできなくなる可能性があるという問題を修正しました。

  • SAML で設定されたアプリケーションからユーザーがサインアウトを開始する場合の WS-Federation のサインアプトに関する問題を修正しました。 この場合、ADFS Admin イベント 364 エラーで識別された ADFS 例外により、サインアウトが失敗します。 この問題は ADFS 4.0 に限定されます。

  • 選択したすべてのディスクに対して物理的なディスク割当てが手動に設定されている場合、Windows Server 2016 のストレージ領域で仮想ディスクの作成が失敗するという問題を修正しました。

  • Windows Search の安定性の問題を修正しました。

  • Improved performance by addressing an issue that was introduced in KB3213986 で紹介されている Microsoft Application Virtualization (App-V) の接続グループ機能に関する問題を修正することで、パフォーマンスを改善しました。 このパフォーマンスの改善によって、個々のユーザーではなく、ユーザーが属する実質的なグループに基づいてユーザー設定をグループ化することで、リモート デスクトップ サービス (RDS) ゲートウェイに使用されるレジストリの領域が大幅に減りました。

  • AMD I/O 仮想化テクノロジ (IOMMU) が搭載されたコンピューターで、BIOS の制限なしでブートできるようになりました。

  • 印刷、Access Point Name (APN) データベースの更新プログラム、[スタート] メニューとタスクバー、Internet Explorer と Windows Shell に関するその他の問題を修正しました。

  • Microsoft Standard NVM Express Driver が誤って非アクティブな名前空間をディスクとして OS に公開するという問題を修正しました。 OS は非アクティブな名前空間を使用できないため、このような名前空間は OS に公開しないでください。

  • KB3179574 を適用した後に、リムーバブル デバイスの監査が有効な場合、リムーバブル デバイスが期待どおりに動作しない問題を修正しました。

この更新プログラムの既知の問題

現象

回避策

この更新プログラムをインストールした後に、一部の Web サイトにアクセスすると、Internet Explorer 11 が突然終了することがあります。 問題が発生すると、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

[前の URL] に戻ることができませんでした。
Internet Explorer はこの Web サイトの復元を中止しました。 Web サイトに継続して問題が発生している可能性があります。

この問題は、Web サイトが複雑で特定の Web API を使用している場合に発生することがあります。

この問題は 2017 年 7 月 12 日 - KB4025339 (OS ビルド 14393.1480) で解決されています。

iSCSI ターゲットが使用できなくなった場合に、再接続を試行するとリークが発生します。 使用可能なターゲットへの新しい接続を開始すると、問題なく動作します。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

Windows Server 2012 R2 および Server 2016 コンピューターで、iSCSI が接続されているターゲットとの接続が切断する問題が発生している場合、他の多数の現象が発生している可能性があります。 たとえば、次のような現象です。

  • オペレーティング システムが応答しない。

  • Stop エラー (Bugcheck エラー) 0x80、0x111、0x1C8、0xE2、0x161、0x00、0xF4、0xEF、0xEA、0x101、0x133、または 0xDEADDEAD が発生する。

  • ユーザー ログオン エラーと共に "使用可能なログオン サーバーがない" エラーが発生する。

  • 使用できるエフェメラル ポートがないため、アプリケーションとサービスのエラーが発生する

  • システム プロセスによって、非常に多くのエフェメラル ポートが使用されている。

  • システム プロセスによって、非常に多くのスレッドが使用されている。

原因

この問題は、Windows Server 2012 R2 および Windows Server 2016 RS1 コンピューターでロックの問題が発生し、iSCSI ターゲットへの接続の問題が発生することが原因です。 この問題は、以下のいずれかの更新プログラムをインストールした後に発生する可能性があります。

Windows Server 2012 R2

リリース日

KB

資料のタイトル

2017 年 5 月 17 日

KB 4015553

2017 年 4 月 19 日 — KB4015553 (マンスリー ロールアップのプレビュー)

2017 年 5 月 10 日

KB 4019215

2017 年 5 月 10 日 — KB4019215 (マンスリー ロールアップ)

2017 年 5 月 10 日

KB 4019213

2017 年 5 月 10 日 — KB4019213 (セキュリティのみの更新プログラム)

2017 年 4 月 19 日

KB 4015553

2017 年 4 月 19 日 — KB4015553 (マンスリー ロールアップのプレビュー)

2017 年 4 月 12 日

KB 4015550

2017 年 4 月 12 日 — KB4015550 (マンスリー ロールアップ)

2017 年 4 月 12 日

KB 4015547

2017 年 4 月 12 日 — KB4015547 (セキュリティのみの更新プログラム)

2017 年 3 月 22 日

KB 4012219

2017 年 3 月 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の月例品質ロールアップのプレビュー

Windows Server 2016 RTM (RS1)

リリース日

KB

資料のタイトル

2017 年 5 月 17 日

KB 4023680

2017 年 5 月 27 日 — KB4023680 (OS ビルド 14393.1230)

2017 年 5 月 10 日

KB 4019472

2017 年 5 月 10 日 — KB4019472 (OS ビルド 14393.1198)

2017 年 4 月 12 日

KB 4015217

2017 年 4 月 12日 — KB4015217 (OS ビルド 14393.1066 および 14393.1083)


確認

  • システム上にある次の MSISCSI ドライバーのバージョンを確認します。

    c:\windows\system32\drivers\msiscsi.sys

    この動作になるバージョンは、Windows Server 2012 R2 の場合は 6.3.9600.18624、Windows Server 2016 の場合は 10.0.14393.1066 です。

  • 次のイベントがシステム ログに記録されます。

    イベント ソース

    ID

    テキスト

    iScsiPrt

    34

    A connection to the target was lost, but the Initiator successfully reconnected to the target. Dump data contains the target name.

    iScsiPrt

    39

    The Initiator sent a task management command to reset the target. The target name is given in the dump data.

    iScsiPrt

    9

    Target did not respond in time for a SCSI request. The CDB is given in the dump data.

  • システム プロセスで実行されているスレッド数を確認し、通常の作業時の基準と比較します。

  • システム プロセスで現在開かれているハンドル数を確認し、通常の作業時の基準と比較します。

  • システム プロセスによって使用されているエフェメラル ポート数を確認します。

  • 管理 PowerShell から次のコマンドを実行します。

    Get-NetTCPConnection | Group-Object -Property State, OwningProcess | Sort Count

    または、管理コマンド プロンプトから、"Q" スイッチを使用して次の NETSTAT コマンドを実行します。 その結果、接続されていない "バインドされている" ポートが表示されます。

    NETSTAT –ANOQ

    システム プロセスが所有しているポートに注目します。

    上記の 3 つの点について 12,000 を超える数値があれば、そこが問題の可能性があります。 SCSI ターゲットがコンピューターにある場合、この問題が発生する可能性が高くなります。

解決策

多数の再接続が発生していることがイベント ログに記録されている場合は、iSCSI およびネットワーク ファブリック ベンダーに相談し、エラーの理由を診断して解決し、iSCSI ターゲットへの接続を維持してください。 また、現在のネットワーク ファブリックで iSCSI ターゲットにアクセスできることを確認してください。 更新された修正プログラムがリリースされた場合はインストールします。 修正プログラムがリリースされた場合はこの資料の内容を更新し、インストールする修正プログラムのサポート技術情報番号も修正する予定です。

注: 3 月、4 月、5 月、または 6 月のセキュリティ ロールアップをアンインストールすることは推奨されません。 アンインストールすると、マンスリー更新プログラムで軽減されている既知のセキュリティの脆弱性や他のバグの影響を受けることになります。 まず iSCSI ターゲットおよびネットワーク ベンダーに相談し、ターゲットの再接続をトリガーしている接続の問題を解決することをお勧めします。

 

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×