目次
×

リリース日:

2018/03/13

バージョン:

OS ビルド 14393.2125 および 14393.2126

: このリリースには、2018 年 3 月 21 日にリリースされた Windows 10 Mobile 用更新プログラム (OS ビルド 14393.2126) の更新プログラムも含まれています。

機能追加および修正

この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • タッチ スクリーンが応答しなくなる問題を修正します。 ほとんどの場合、電源ボタンを押して画面をオフにしてからオンに切り替えると、応答するようになります。 起動時にタッチスクリーンが応答しなくなり、スマートフォンを再起動することが唯一の回復方法の場合もあります。

  • デバイスで外付けキーボードまたはスキャナーを使用すると、スクリーン キーボードの再表示が遅れる問題を修正します。   OEM は、このようなカスタマイズに対して遅延値を定義している可能性があります。 詳細については、「On-screen keyboard delay」(英語情報) を参照してください。 

  • Internet Explorer と Microsoft Edge の XML ドキュメントの印刷に関する問題を修正します。

  • F12 ベースの開発者ツールを使用していると、Internet Explorer が動作しなくなる問題を修正します。

  • Internet Explorer のレガシ ドキュメント モードのセル表示を更新します。 

  • ブラウザー ヘルパー オブジェクトがインストールされている特定のシナリオで、Internet Explorer が応答しなくなる問題を修正します。

  • オンライン ビデオの再生が応答しなくなる問題を修正します。

  • AD FS サーバーの問題により、再起動後に WID AD FS データベースを使用できなくなる問題を修正します。 この問題で、AD FS サービスが開始されないことがあります。

  • マイクロソフトはウイルス対策 (AV) パートナーと連携することで、AV ソフトウェアは Windows 更新プログラムとの幅広い互換性を安定して維持しています。 利用可能なデータを分析した後、Windows Update を介して、AV と 2018 年 3 月の Windows セキュリティ更新プログラムとの互換性チェックをサポート対象の Windows 10 デバイス向けに解除しています。 今後も AV ソフトウェアの互換性を維持する予定です。 既知の AV ドライバーの互換性の問題があるデバイスは、更新プログラムからブロックされます。 インストールされた AV ソフトウェアの互換性については AV プロバイダーに問い合わせることをお勧めします。

  • タッチまたはスタイラス対応システムで実行されている WPF アプリケーションが、タッチ操作をしない状態でしばらく経つと、動作しなくなる、または応答しなくなることがある問題を修正します。

  • Internet Explorer、Microsoft Edge、Microsoft Scripting Engine、Microsoft Windows Search コンポーネント、Windows Desktop Bridge、Microsoft Graphics コンポーネント、Windows カーネル、Windows シェル、Windows MSXML、Windows Datacenter Networking、Windows Installer、および Windows Hyper-V のセキュリティ更新プログラム。

注: Windows Server 2016 の高速インストール ファイルでは、この更新プログラムを使用できません。 

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

Windows Update の機能強化

マイクロソフトは、信頼性向上のために Windows Update クライアントに直接更新プログラムをリリースしました。 Windows Update から自動的に更新プログラムを受け取るように構成されている Windows 10 (Enterprise および Pro エディションを含む) を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性と Windows Update for Business の延期ポリシーに基づいて、最新の Windows 10 機能更新プログラムが提供されます。 この更新プログラムは、長期間のサービス エディションには適用されません。

この更新プログラムの既知の問題

現象

回避策

次の条件に該当する場合、一部の Windows Server 2016 (WS2016) AD FS 機能 (デバイス認証や OAuth 検出など) が機能しなくなる可能性があります。

  1. KB4041685 (またはそれ以降のマンスリー リリースまたはプレビュー リリース) がインストールされている WS2012R2 AD FS サーバー ファームに 1 つ以上の WS2016 AD FS サーバーが追加されました。

  2. サーバー ファームは WS2016 ファーム動作レベルにアップグレードされました。

  3. KB4088787 が WS2016 AD FS ファームにインストールされました。

この問題の影響を受けると思われる場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。

2018 年 3 月 14 日以降の Windows 10 バージョン 1607 の累積的な更新プログラムをインストールした後は、最新の Windows 10 の機能更新プログラムのみが適用可能と表示されます。  その結果、ConfigMgr (Current Branch) と Windows 10 サービス プランを使用する以前にリリースされた機能更新プログラムが展開されなくなります。

この問題は KB4103723 で解決されています。

 

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4088787 のファイル情報をダウンロードしてください。  

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×