目次
×

リリース日:

2018/04/17

バージョン:

OS Build 14393.2214

Windows 10 バージョン 1607 は、2018 年 4 月 11 日にサービスを終了する予定です。 Windows 10 Home エディションまたは Pro エディションで実行されているデバイスは、最新のセキュリティ脅威からの保護機能を含む毎月のセキュリティおよび品質更新プログラムを受け取ることができなくなります。 セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き受け取るには、最新バージョンの Windows 10 に更新することをお勧めします。

重要: Windows 10 Enterprise エディションおよび Windows 10 Education エディションについては、6 か月間無償で追加のサービスを受けられます。 長期サービス チャネル (LTSC) のデバイスは、 ライフサイクル ポリシーのページにより、2026 年 10 月まで更新プログラムを引き続き受け取ります。 Intel “Clovertrail” チップセットで実行されている Windows 10 Anniversary Update (バージョン 1607) は、Microsoft コミュニティ ブログにより、2023 年 1 月まで更新プログラムを引き続き受け取ります。 

機能追加および修正

この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • 日本語 IME の使用時に発生するアプリの問題を修正します。

  • MSI ファイルに適用されている AppLocker の発行元の規則がファイルと正しく一致しない問題を修正します。 

  • Microsoft と Azure Active Directory アカウントで、パスワード プロンプトが 1 回だけでなく繰り返し表示される問題を修正します。 

  • TPM ファームウェアの問題が原因で、Windows Hello が弱い暗号キーを検出したときに適切なキーを生成できない問題を修正します。 この問題は、TPM を要求するポリシーが構成されている場合にのみ発生します。

  • 証明書のプロパティを表示するときに名前の制限情報が適切に表示されない問題を修正します。 データが適切な形式で表示されず、16 進形式で表示されます。

  • 監査モードが有効の状態で認証ポリシーを使用している際に、失敗した NTLM 認証を単にログに記録するのではなくブロックする問題を修正します。 Netlogon.log に以下が表示されることがあります。

SamLogon: Transitive Network logon of <domain>\<user> from <machine2> (via <machine1>) Returns 0xC0000413

SamLogon: Transitive Network logon of <domain>\<user> from <machine2> (via <machine1>) Entered

NlpVerifyAllowedToAuthenticate: AuthzAccessCheck failed for A2ATo 0x5. This can be due to the lack of claims and compound support in NTLM

  • http.sys から証明書の検証エラー 0x800B0109 (CERT_E_UNTRUSTEDROOT) が生成される問題を修正します。   

  • ボリュームがもともと ReFS v1 を使用してフォーマットされていた場合、ReFS パーティションが拡大されない問題を修正します。

  • ホストされている VM の起動時に、ホストの Hyper-V ノードが動作しなくなる問題を修正します。

  • サーバーの可用性に影響を与えるカーネルのデッドロックを解決します。

  • 更新プログラムを適用した後にコンピューターを再起動またはシャットダウンした後に VM が保存されなくなる Windows Update に関する問題を修正します。この問題のために、vmms.exe は、vmwp.exe が VM メモリ データのコピーを終了するまで待機しません。 

  • XA の回復中に msdtcprx!CIConnSink::SendReceive で DTC が応答しなくなる問題を修正します。 このエラーが発生すると、同一の RMID を持つ IXaMapper オブジェクトが破損します。

  • クラスに無効なバックリンク属性が設定されている Active Directory オブジェクトを変更または復元できない問題を修正します。  “エラー 0x207D 属性のクラスが有効ではない属性を含むオブジェクトに変更しようとしました。” というエラーを受け取ります。

  • 未処理の更新トークン検証の問題を修正します。 次のエラーが生成されます。 “Microsoft.IdentityServer.Web.Protocols.OAuth.Exceptions.OAuthInvalidRefreshTokenException: MSIS9312: 無効な OAuth 更新トークンを受け取りました。 更新トークンで許可されている時間よりも早い時間にトークンを受け取りました。”

  • PowerShell のトランスクリプトが有効なクライアントで、ADDS DSAC が実行されない問題を修正します。 次のエラーが表示されます。 “どのドメインにも接続できません。 接続できるようになったら、更新するか、再試行してください。”

  • NFS サーバーから NFS クライアントへの通信がブロックされている場合、NFS サーバー クラスター リソースのフェールオーバーに時間がかかる問題を修正します。 フェールオーバーにかかる時間が 20 分を超えると、STOP エラー 0x9E (USER_MODE_HEALTH_MONITOR) が発生します。 

  • 実際に十分な容量が予約されている場合でも、クラスターの検証中または Debug-StorageSubSystem コマンドレットの実行中に容量の予約エラーが生成されることがある問題を修正します。 警告は、"記憶域プールには、最小の推奨予約容量がありません。  このため、ドライブ障害が発生した場合にデータ回復性を復元する能力が制限されます。" です。

  • 完全列挙同期セッション中に、一部のファイルがスキップされ、作業フォルダー内に重複ファイルが作成されることがある問題を修正します。

  • Windows Multipoint Server 2016 で、“このコンピューターでは、MultiPoint サービスが応答していません。 この問題を解決するには、コンピューターを再起動してください。” というエラーが生成されることがある問題を修正します。

  • ユーザー プロファイル ディスク (UPD) を読み込むことができない問題を修正します。 この読み込みの失敗で、エラー "アカウントにサインインできません" が生成され、ユーザーは一時プロファイルを受け取ります。 

  • ユーザーが RDP を使用してログインしたときに誤ってハイ コントラストのテーマ設定が適用される問題を修正します。

  • 低エネルギー Bluetooth デバイスのペアリングの問題を引き起こす原因の問題を修正します。

  • Microsoft Outlook に関する信頼性の問題を修正します。

  • ActiveX コンテナーでホストされている Microsoft Office アプリケーションを使用している場合、Alt キーを押しているときに発生する信頼性の問題を修正します。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、『セキュリティ更新プログラム ガイド』を参照してください。

Windows Update の機能強化

マイクロソフトは、信頼性向上のために Windows Update クライアントに直接更新プログラムをリリースしました。 Windows Update から自動的に更新プログラムを受け取るように構成されている Windows 10 (Enterprise および Pro エディションを含む) を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性と Windows Update for Business の延期ポリシーに基づいて、最新の Windows 10 機能更新プログラムが提供されます。 この更新プログラムは、長期間のサービス エディションには適用されません。

この更新プログラムの既知の問題

現象

回避策

2018 年 3 月 14 日以降の Windows 10 バージョン 1607 の累積的な更新プログラムをインストールした後は、最新の Windows 10 の機能更新プログラムのみが適用可能と表示されます。  その結果、ConfigMgr (Current Branch) と Windows 10 サービス プランを使用する以前にリリースされた機能更新プログラムが展開されなくなります。

この問題は KB4103723 で解決されています。

展開用にシールドされた VM と必要な成果物の作成中に信頼性に関する問題が見つかりました。 SCVMM インターフェースの有無に関係なく、シールド ファイル ウィザードの信頼性に関する問題も存在します。

: 既存のシールドされた VM と HGS は影響を受けません。

この問題は KB4284880 で解決されています。

 

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[オンラインで Microsoft Update から更新プログラムを確認します] を選択します。 

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Microsoft Update カタログ  Web サイトにアクセスします。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4093120 のファイル情報をダウンロードしてください。  

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×