目次
×

リリース日:

2019/10/15

バージョン:

OS Build 14393.3300

注意: Windows 10 Enterprise、Education、および IoT Enterprise エディションの追加のサービス提供は 2019 年 4 月 10 日に終了しました。さらに延長されることはありません。     セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き入手するには、Windows 10 の最新バージョンに更新することをお勧めします。

注意: 3 月 13 日と 4 月 10 日の 2 つの更新プログラムは Windows 10 バージョン 1607 の最後の差分更新プログラムになります。   Long-Term Servicing Branch (LTSB) をご利用の場合、セキュリティ更新プログラムと品質更新プログラムは、高速および完全な累積更新プログラム パッケージを介して今後も入手できます。 この変更の詳細については、こちらのブログを参照してください。

Windows 10 Version 1607 は、2018 年 4 月 11 日にサービスを終了しました。 Windows 10 Home または Pro エディションを実行しているデバイスには、最新のセキュリティの脅威からの保護を含む毎月のセキュリティおよび品質更新プログラムが送信されなくなります。 セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き入手するには、Windows 10 の最新バージョンに更新することをお勧めします。

重要: Windows 10 Enterprise および Windows 10 Education エディションは、無料でサービスが 2019 年 4 月 10 日まで延長されます。   ライフサイクル ポリシー ページに従い、長期的なサービス チャネル (LTSC) デバイスには 2026 年 10 月まで更新プログラムが引き続き送信されます。  Intel “Clovertrail” チップセットを実行している Windows 10 Anniversary Update (v. 1607) デバイスには、2023 年 1 月まで更新プログラムが提供される予定です (Microsoft コミュニティのブログを参照してください)。

Windows Server 2016 Standard Edition、Nano Server インストール オプション、Windows Server 2016 Datacenter エディション、Nano Server インストール オプションは、 2018 年 10 月 10 日にサービスを終了しました これらのエディションには、最新のセキュリティの脅威からの保護を含む毎月のセキュリティおよび品質更新プログラムが送信されなくなります。 セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き入手するには、Windows 10 の最新バージョンに更新することをお勧めします。

Windows 10 Mobile Version 1607 は、2018 年 10 月 9 日にサービスを終了しました。 Windows 10 Mobile と Windows 10 Mobile Enterprise を実行しているデバイスには、最新のセキュリティの脅威からの保護を含む毎月のセキュリティおよび品質更新プログラムが送信されなくなります。 セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き入手するには、Windows 10 の最新バージョンに更新することをお勧めします。

緊急、セキュリティ、ドライバー、サービス パックなど、さまざまな種類の Windows 更新プログラムの詳細については、こちらの記事を参照してください。

注目点

  • タブレットの画面が予期せず回転することがある問題を修正します。

  • Windows アップグレード プロセス中にシステムが動作しなくなる問題を修正します。

機能追加および修正

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • ノーフォーク島 (オーストラリア) のタイムゾーン情報を更新します。

  • フィジー諸島のタイムゾーン情報を更新します。

  • タブレットの画面が予期せず回転することがある問題を修正します。

  • RemoteApp を使用してアプリケーションを実行するときに、アプリケーション ウィンドウの表示がちらつくことがある問題を修正します。 さらに、セッション ホスト上で DWM.exe が動作しなくなることがあります。

  • グループ ポリシーの基本設定の “ローカル ユーザーとグループ” を使用してローカル グループにコンピューター オブジェクトを追加できない問題を修正します。 グループ ポリシー エディターから、エラー メッセージ “選択したオブジェクトは、対象ソースの種類と一致しません。 もう一度選択してください。” が返されます。

  • StartTimeWin32_LogonSession クラスのクエリ要求で、実際のログオン時刻ではなくエポックの値 (1-1-1601 1:00:00 など) が表示される問題を修正します。

  • App-V アプリケーションが開かなくなり、ネットワーク障害エラーが表示される問題を修正します。 この問題は、システムのバッテリー残量が少ない場合や予期しない停電が発生した場合など、特定の状況で発生します。

  • Microsoft AppLocker によってアプリケーションを実行できない、またはアプリケーションが実行されず、誤検知エラーが記録されることがある問題を修正します。

  • Windows Defender アプリケーション制御 (WDAC) のイベントの監査時に、イベント ログ エントリの一部として完全なファイル ハッシュを含めることができない問題を修正します。

  • Windows アップグレード プロセス中にシステムが動作しなくなる問題を修正します。 伝送制御プロトコル/インターネット プロトコル (TCPIP) に STOP エラー “SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED (7e)” が表示されます。

  • 表示モードまたはクエリ モードの場合、netdom.exe で新しいチケット保証チケット (TGT) 委任ビットが表示されない問題を修正します。

  • セッション オブジェクトを取得するときに CPU 使用率が高くなる問題を修正します。

  • 名前付きパイプの変更通知を利用するアプリケーションで、カーネル モードで入出力 (I/O) 要求パケット (IRP) オブジェクトのメモリ リークが発生する問題を修正します。

  • マウント マネージャーが特定の操作を実行しているときに、ソフトウェアがマウント マネージャーと対話しようとすると、Windows が応答しなくなる問題を修正します。

  • 競合条件により、Resilient File System (ReFS) ボリュームでのブロック クローン操作中にエラー 0x1E、0xA、または 0x50 が発生することがある問題を修正します。

  • ユーザーの認証に失敗する Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) の断続的な問題を修正します。 この問題により、さらに AD FS では、不適切な対象ユーザー Uniform Resource Identifier (URI) を使用して、ブラウザーが Microsoft Exchange クライアント アクセス サービス (CAS) にリダイレクトします。 具体的には、AD FS によって対象ユーザー URI にスラッシュが追加されます。 ユーザーにはエラー ページが表示され、Outlook Web App (OWA) にアクセスできません。

  • フィルターに “memberof” 式がある Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) クエリに関する問題を修正します。 クエリは、エラー “000020E6: SvcErr: DSID-0314072D、問題 5012 (DIR_ERROR)、データ 8996” で失敗します。

  • Windows のすべての更新プログラムに対してアプリケーションとデバイスの互換性を確保できるように Windows エコシステムの互換状態を評価する処理に関する問題を修正します。

  • ユーザーがウィンドウのサイズを縮小できないことがある問題を修正します。

  • ボリューム マウント プロセス (fileinfo.sys) とフィルター通知の登録解除の間に競合条件が発生し、オペレーティング システムが特定の仮想マシン上で動作しなくなる問題を修正します。 エラー コードは “0x7E” です。

  • 代替データ ストリームを使用してクラスター化共有ボリューム (CSV) に保存したファイルが、削除しようとしても削除されない問題を修正します。 また、この問題により、次にファイルのアクセスまたは削除を行おうとすると、"アクセスが拒否されました" というメッセージを受け取ることがあります。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows Update の機能強化

マイクロソフトは、信頼性を向上するために、Windows Update クライアントに更新プログラムを直接リリースしました。 Windows Update から自動的に更新プログラムを受け取るように構成されている Windows 10 (Enterprise および Pro エディションを含む) を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性と Windows Update for Business の延期ポリシーに基づいて、最新の Windows 10 機能更新プログラムが提供されます。 この更新プログラムは、長期的なサービス エディションには適用されません。 

この更新プログラムの既知の問題

現象

回避策

グループ ポリシー “パスワードの最小文字数” が 15 文字以上に構成されている場合、KB4467684 のインストール後、クラスター サービスがエラー “2245 (NERR_PasswordTooShort)” で起動できないことがあります。

ドメインの既定の "パスワードの最小文字数" ポリシーを 14 文字以下に設定してください。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

名前の変更など、クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、“STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)” というエラーで失敗する場合があります。 このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

以下のいずれかの手順を実行します。

  • 管理者特権を持つプロセスから操作を実行する。

  • CSV 所有権を持たないノードから操作を実行する。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールするときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。 

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4521858) が自動的に提供されます。最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログで検索してください。     

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

使用可能

次の手順

Windows Update または Microsoft Update

あり

[設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。

Microsoft Update カタログ

あり

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。

Windows Server Update Services (WSUS)

なし

この更新プログラムは WSUS に手動でインポートできます。  手順については、「Microsoft Update カタログ」を参照してください。 

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4519979 のファイル情報をダウンロードしてください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×