目次
×

リリース日:

2019/10/08

バージョン:

OS Build 18362.418

新しいコンテンツがリリース情報ダッシュボードに公開される時期を確認するには、@WindowsUpdate をフォローしてください。 

注: このリリースには、2019 年 10 月 9 日にリリースされた Microsoft HoloLens (OS ビルド 18362.1034) の更新プログラムも含まれています。 マイクロソフトは、この最新の OS ビルドに更新されていない Microsoft HoloLens 上の Windows Update の信頼性を向上するために、Windows Update クライアントに直接更新プログラムをリリースする予定です。

Microsoft Edge での ePub サポートの終了

Microsoft Edge では、数か月後に .epub ファイル拡張子を使用する電子書籍のサポートを終了します。 詳細については、「電子書籍の利用を続けるには、ePub アプリをダウンロードしてください」を参照してください。

緊急、セキュリティ、ドライバー、サービス パックなど、さまざまな種類の Windows 更新プログラムの詳細については、こちらの記事を参照してください。

注目点

  • Internet Explorer と Microsoft Edge を使用する際のセキュリティを改善する更新プログラム。

  • ユーザー名およびパスワードの検証に関する更新

  • ファイルの保存と管理に関する更新

機能追加および修正

このセキュリティ更新プログラムでは、品質が強化されました。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • Extended Master Secret (EMS) RFC 7627 をサポートしていないクライアントまたはサーバー コンピューターで接続の遅延と CPU 使用率が増加することがあるセキュリティ情報 CVE-2019-1318 の問題を修正します。 この問題は、EMS をサポートしていないデバイス (特にサーバー) から完全な Transport Layer Security (TLS) ハンドシェイクを実行するときに発生します。 EMS サポートは、暦年の 2015 年以降、サポートされているすべてのバージョンの Windows で利用可能であり、2019 年 10 月 9 日以降のマンスリー更新プログラムのインストールで段階的に適用されています。

  • 印刷ジョブの処理に Windows JavaScript エンジン (jscript.dll) を利用するアプリケーションとプリンター ドライバーに関する問題を修正します。

  • Windows シェル、Internet Explorer、Microsoft Edge、Windows アプリ プラットフォームおよびフレームワーク、Windows 暗号化、Windows Authentication、Windows ストレージおよびファイルシステム、Windows カーネル、Microsoft Scripting Engine、Windows Server のセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。

Windows Update の機能強化

マイクロソフトは、信頼性を向上するために、Windows Update クライアントに更新プログラムを直接リリースしました。 Windows Update から自動的に更新プログラムを受け取るように構成されている Windows 10 (Enterprise および Pro エディションを含む) を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性と Windows Update for Business の延期ポリシーに基づいて、最新の Windows 10 機能更新プログラムが提供されます。 この更新プログラムは、長期的なサービス エディションには適用されません。

この更新プログラムの既知の問題

現象

回避策

Out of Box Experience (OOBE) 中に新しい Windows デバイスの設定中に入力方式エディター (IME) を使用すると、ローカル ユーザーを作成できないことがあります。 この問題は、中国語、日本語、または韓国語の言語で IME を使用している場合に影響することがあります。

注: この問題は、OOBE 中の Microsoft アカウントの使用には影響しません。

この問題は KB4530684 で解決されています。

2019 年 10 月 9 日以降にリリースされた Windows の更新プログラムは、CVE-2019-1318 で追跡されていますが、TLS 接続内の情報またはデータへの不正アクセスを可能にする攻撃に対する保護を提供します。 この種の攻撃は、中間者攻撃の悪用として知られています。 Windows は、再開用の Extended Master Secret をサポートしていない TLS クライアントおよびサーバーへの接続に失敗することがあります (RFC 7627)。 RFC サポートがないと、次のエラーまたはログに記録されたイベントが 1 つ以上発生することがあります。

  • 「要求が中止されました: SSL/TLS のセキュリティで保護されたチャネルを作成できませんでした」

  • システム イベント ログに SCHANNEL イベント 36887 が次の説明ともにログされます。「リモート エンドポイントから警告を受け取りました。 TLS プロトコルで定義されているこの致命的な警告のコードは 20 です。」

詳細については、KB4528489 を参照してください。

 

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールし、マイクロソフトのセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。  詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4521863) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

使用可能

次の手順

Windows Update および Microsoft Update

あり

なし。 この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。

Microsoft Update カタログ

あり

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。

Windows Server Update Services (WSUS)

あり

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期されます。

製品: Windows 10 Version 1903 以降

分類: セキュリティ更新プログラム

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4517389 のファイル情報をダウンロードしてください。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×