目次
×

リリース日:

2019/11/12

バージョン:

OS Build 15063.2172

Windows 10 Version 1703 の現在の状態

Windows 10 Version 1703 は、すべてのエディションについてサービスを終了しました。 セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き入手するには、Windows 10 の最新バージョンに更新することをお勧めします

Surface Hub デバイスは引き続きサポートされます。 2019 年 11 月 13 日以降、Windows 10 Version 1703 の更新プログラムは Surface Hub デバイスでのみ入手可能になります。 このページには、更新プログラムの情報と Surface Hub の既知の問題が掲載されます。

サービスのタイムラインの詳細については、「Windows ライフサイクルのファクト シート」を参照してください。

注目点

  • Internet Explorer と Microsoft Edge を使用する際のセキュリティを改善する更新プログラム。

  • 外部デバイス (ゲーム コントローラー、プリンター、Web カメラなど) および入力デバイス (マウス、キーボード、スタイラスなど) を使用する場合のセキュリティを改善する更新プログラム。

  • Microsoft Office 製品を使用する際のセキュリティを改善する更新プログラム。

機能追加および修正

このセキュリティ更新プログラムでは、品質が強化されました。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • BitLocker 回復キーを Azure Active Directory に正常にバックアップできない問題を修正します。

  • Windows Defender のアプリケーション制御のコードの整合性に基づくイベントが判読不能になる問題を修正します。

  • Intel® Processor Machine Check Error の脆弱性 (CVE-2018-12207) に対する保護機能を提供します。 ガイダンスのサポート技術情報の説明に従ってレジストリ設定を使用してください(このレジストリ設定は既定で無効です)。

  • Intel® Transactional Synchronization Extensions (Intel® TSX) の Transaction Asynchronous Abort の脆弱性 (CVE-2019-11135) に対する保護機能を提供します。 レジストリ設定は、Windows クライアントの資料の説明に従って使用してください (Windows クライアント OS エディションの場合、これらのレジストリ設定は既定で有効です)。

  • Microsoft Scripting Engine、Internet Explorer、Windows アプリ プラットフォームおよびフレームワーク、Microsoft Graphics コンポーネント、Windows Input および Composition、Microsoft Edge、Windows Fundamentals、Windows 暗号化、Windows Virtualization、Windows カーネル、Windows Datacenter Networking、Windows 用周辺機器、Microsoft JET データベース エンジンのセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。

Windows Update の機能強化

マイクロソフトは、信頼性を向上するために、Windows Update クライアントに更新プログラムを直接リリースしました。 Windows Update から自動的に更新プログラムを受け取るように構成されている Windows 10 (Enterprise および Pro エディションを含む) を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性と Windows Update for Business の延期ポリシーに基づいて、最新の Windows 10 機能更新プログラムが提供されます。 この更新プログラムは、長期的なサービス エディションには適用されません。

この更新プログラムの既知の問題

マイクロソフトでは、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールし、マイクロソフトのセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。 

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4523201) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。 

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

使用可能

次の手順

Windows Update および Microsoft Update

あり

なし。 この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。

Microsoft Update カタログ

あり

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。

Windows Server Update Services (WSUS)

あり

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期されます。

製品: Windows 10

分類: セキュリティ更新プログラム

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4525245 のファイル情報をダウンロードしてください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×