目次
×

リリース日:

2019/06/18

バージョン:

OS Build 17134.858

Home および Pro エディション用の Windows 10 April 2018 Update は、2019 年 11 月 13 日にサービスを終了します。 Windows 10 April 2018 Update を実行しているデバイスに確実にサービスを提供し、セキュリティで保護された状態を維持するために、2019 年 7 月 17 日から、これらのデバイスの更新を開始します。         詳細については、リリース情報ダッシュボードの Windows 10 Version 1903 のセクションを参照してください。  

新しいコンテンツがリリース情報ダッシュボードに公開される時期を確認するには、@WindowsUpdate をフォローしてください。 

注意: 3 月 13 日と 4 月 10 日の 2 つの更新プログラムは Windows 10 バージョン 1803 の最後のデルタ更新プログラムになります。     セキュリティ更新プログラムと品質更新プログラムは、高速および完全な累積更新プログラム パッケージを介して今後も入手できます。 この変更の詳細については、こちらのブログを参照してください。

マイクロソフトは、更新プログラム KB4499183 以降、機能更新プログラムをインストールするタイミングをユーザーが決められる機能を導入しています。 デバイスを最新の状態に保ちながら、同時に機能更新プログラムを取得するタイミングを制御します。 対象となるデバイスで利用できる機能更新プログラムは、Windows Update ページ ([設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update]) で別のモジュールに表示されます。 すぐに使用できる更新プログラムを入手する場合は、[今すぐダウンロードしてインストールする] を選択します。 この機能の詳細については、このブログを参照してください。 

Windows 10 デバイスがサービス終了または数か月後にサービス終了になる場合、Windows Update では機能更新プログラムが自動的に開始されます。 これでデバイスのサポート状態が維持され、デバイスのセキュリティとエコシステムの正常性に不可欠なマンスリー更新プログラムを受け取ることができます。

機能追加および修正

この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • 形式が正しくないアイコン ファイルが見つかった場合に、オペレーティング システムで新しいアイコン ファイルを読み込めない問題を修正します。

  • アプリケーション内のリンクを選択したときに特定のシナリオで Microsoft Edge が適切に開かない問題を修正します。

  • 元年の設定を有効にしても、電卓アプリケーションがその設定に従わない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。

  • マウスを押すイベントと放すイベントで余分なマウス移動イベントが発生することがある問題に対処しました。

  • 多くの子ウィンドウを持つウィンドウをスクロール中に、ユーザー インターフェイスが数秒間応答しなくなることがある問題を修正します。

  • [コンピューター]\[管理用テンプレート]\[コントロール パネル]\[個人用設定]\[ロック画面とログオン イメージを変更できないようにする] ポリシーを有効にしても、ユーザーがサインインの背景画像を無効にすることができる問題を修正します。

  • メール項目を閉じるときに Microsoft Outlook が動作しなくなることがある問題を修正します。

  • Windows のすべての更新プログラムに対してアプリケーションとデバイスの互換性を確保できるように Windows エコシステムの互換状態を評価する処理に関する問題を修正します。

  • 接続グループが以前に公開された後に接続グループに含まれるオプションのパッケージを発行するときに、ユーザー ハイブを更新できない問題を修正します。

  • ユーザーがモバイル デバイス管理 (MDM) サーバーからデバイスを削除したとき、または Microsoft Intune によって UserRights ポリシーが削除されたときに、セキュリティ グループ内のすべてのユーザーから UserRights ポリシーが削除される問題を修正します。

  • CleanPC 構成サービス プロバイダー (CSP) を呼び出すためにプロビジョニング パッケージが使用されているときに、パッケージが適切に適用されないことがある問題を修正します。

  • Windows Defender アプリケーション制御の使用時に、ユーザーが ActiveX コントロールに対して構成できるセーフ リストのサポートを追加します。 詳細については、「Windows Defender アプリケーション制御ポリシーで COM オブジェクトの登録を許可する」を参照してください。

  • データ保護アプリケーション プログラミング インターフェイス NG (DPAPI-NG) またはグループ保護された個人情報交換形式 (PFX) ファイルの使用に関する問題を修正します。 Windows 10 Version 1607 および Windows Server 2016 以前でこれらのメカニズムのいずれかを使用して保護したデータは、Windows 10 Version 1703 以降を使用して復号化できません。

  • Azure Active Directory アカウントで Microsoft Surface Hub デバイスにサインインできない問題を修正します。 この問題は、前回のセッションが正常に終了しなかったために発生します。

  • Windows 情報保護 (WIP) でリムーバブル USB ドライブに暗号化を適用できないことがある問題を修正します。

  • トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) を使用すると、Windows アカウント マネージャー (WAM) でエラーが発生し、ユーザーが認証されない問題を修正します。

  • 一部のリムーバブル ディスクが Windows に存在する場合、[ディスクの管理] と DiskPart が応答しなくなる問題を修正します。

  • 起動前カーネルのダイレクト メモリ アクセス (DMA) 保護が有効なシステムに関する問題を修正します。 Windows がセーフ モードで起動されると、システムはエラー “DRIVER_VERIFIER_DMA_VIOLATION” で動作しなくなります。

  • Office 365 アプリケーションを App-V パッケージとして展開すると、そのアプリケーションが開いた後に動作しなくなる問題を修正します。

  • Internet Explorer と WebBrowser コントロールのインターネット ゾーンと制限付きサイト ゾーンで、Microsoft Visual Basic Script (VBScript) を既定で無効にします。

  • Internet Explorer 11 のプログラムによるスクロールに関する問題を修正します。

  • イベント ビューアーでカスタム ビューを展開、表示、または作成しようとすると、“スナップインのエラーが MMC により検出されたので、スナップインがアンロードされます” というエラーが表示されることがある問題を修正します。 さらに、アプリケーションが応答しなくなったり、停止したりすることがあります。 組み込みのビューまたはログで [操作] メニューの [現在のログをフィルター] を使用したときにも、同じエラーが発生することがあります。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題

現象

回避策

名前の変更など、クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、“STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)” というエラーで失敗する場合があります。 このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

次のいずれかの操作を行います。

  • 管理者特権を持つプロセスから操作を実行する。

  • CSV 所有権を持たないノードから操作を実行する。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

更新プログラムのインストール後の最初のログオン時に、ごく一部のデバイスが黒い画面で起動することがあるという報告を調査中です。

この問題は KB4519978 で解決されています。

この更新プログラムをインストールした後、Internet Small Computer System Interface (iSCSI) を使用している一部の記憶域領域ネットワーク (SAN) デバイスへの接続に問題が発生することがあります。 また、イベント ビューアーシステム ログ セクションに、iScsiPrt からイベント ID 43 のエラーと、“ターゲットはログイン要求に時間内に応答できませんでした。” という説明が表示されることがあります。

この問題は KB4509478 で解決されています。

WDS サーバーにこの更新プログラムをインストールした後に、Windows 展開サービス (WDS) または System Center Configuration Manager (SCCM) から発行された Preboot Execution Environment (PXE) イメージを使用してデバイスを起動すると、起動に失敗し、エラー "状態: 0xc0000001、情報: 要求されたデバイスが接続されていないか、デバイスにアクセスできません" が発生することがあります。

この問題は KB4512509 で解決されています。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU のインストール時に発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。  

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4497398) が自動的に提供されます。最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログで検索してください。     

この更新プログラムのインストール

この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4503288 のファイル情報をダウンロードしてください。  

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×