目次
×

リリース日:

2021/10/26

バージョン:

OS ビルド 19041.1320、19042.1320、および 19043.1320

10/12/21
重要Windows 10バージョン 2004 は、2021 年 12 月 14 日にサービスが終了します。 セキュリティと品質の更新プログラムを引き続き受け取る場合は、最新バージョンの更新プログラムに更新Windows 10。

2020/11/17

更新の用語Windowsについては、更新プログラムの種類と月次品質 更新Windowsに関する記事を参照してください。 バージョン 2004 Windows 10の概要については、更新履歴ページを参照してください

新しいコンテンツがリリース情報ダッシュボードに公開される時期を確認するには、@WindowsUpdate をフォローしてください。

 ハイライト

  • 特定のビデオ アプリやストリーミング ビデオ サイトで字幕が表示されない問題を更新します。  

  • かな入力モードのユーザーが Shift-0 キーの組み合わせを使用して疑問符 (?) を挿入できる問題を更新します。

  • ロック画面の背景として画像のスライドショーを設定した場合に、ロック画面の背景が黒く表示される場合がある問題を更新します。 

機能強化および修正

注: 対応済みの課題の一覧を表示するには、OS 名をクリックまたはタップして折りたたみ可能なセクションを展開します。

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 重要な変更は、次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10 Version 2004 のすべての機能強化が含まれています。

  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 重要な変更は、次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10 Version 2004 のすべての機能強化が含まれています。

  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 主な変更は、次のとおりです。

  • 準備済みエクスペリエンス (OOBE) 中に事前プロビジョニング ページにアクセスできる問題を修正します。 この問題は、サインイン用の資格情報ページが表示Azure Active Directory、Windows キーを 5 回押すと発生します。

  • ブラウザー間の特定のデータ転送を容易にする機能を追加します。

  • キオスク アプリケーションとして構成されている割り当て済みアクセス Microsoft Edge問題を修正します。 ユーザーがブラウザー ウィンドウを閉じると、これらのキオスクMicrosoft Edge再起動に失敗することがあります。

  • 資格情報ページでサインインするときに、App-V を使用すると黒い画面が断続的に表示される問題を修正します。

  • 特定のビデオ アプリやストリーミング ビデオ サイトで字幕が表示されない可能性がある問題を修正します。

  • Windows 10 仮想プライベート ネットワーク (VPN) ユーザーが Windows Server 2019 ルーティングおよびリモート アクセス サービス (RRAS) サーバーに接続できません。

  • 汎用ルーティング カプセル化 (GRE) VPN 帯域幅の制限をSoftware-Definedネットワーク (SDN) 仮想マシンの動作を妨げる問題を修正します。

  • VPN 接続がオフラインのときに VPN ユーザーが Windows Hello for Business を使用してサインインするときに発生するプライマリ更新トークン (PRT) 更新の問題に対応します。 ユーザーは、Azure Active Directory-Conditional Access でユーザー サインイン頻度 (SIF) 用に構成されたオンライン リソースに対して、 予期しない認証プロンプトを受け取Directory-Conditionalされます

  • サービス更新プログラムの後Windows BitLocker 回復に入る原因となる問題を修正します。

  • ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス (LSASS) Kerberos.dll動作を停止する原因となる可能性がある問題を修正します。 これは、LSASS が同じクライアント ユーザーに対して同時に Service for User (S4U) のユーザー間 (U2U) 要求を処理するときに発生します。

  • メモリ リークの原因となる可能性があるコード整合性の問題を修正します。

  • ランサムウェアや高度な攻撃を識別して傍受するエンドポイントの機能を強化します。

  • AutoPilot のプロビジョニングが失敗する原因Windows OOBE の問題を修正します。

  • かな入力モードのユーザーが Shift-0 キーの組み合わせを使用して疑問符 (?) を挿入できる問題を修正します。

  • スライドショーを設定すると、ロック画面が黒く表示される場合がある問題を修正します。

  • 資格情報画面でのネットワーク状態テキスト LogonUI.exeのレンダリングに影響する、 の信頼性の問題に取り組む。

  • バッファー サイズが大きい場合にサーバー メッセージ ブロック (SMB) クエリ ディレクトリ要求が失敗する問題を修正します。

  • 各フォレストに複数のフォレスト lsass.exe ドメインがある場合に発生する、フォレスト ルート ドメイン内のドメイン コントローラーでのメモリ リークの問題を解決します。 このSID-Nameマップ関数は、要求がフォレスト内の別のドメインから送信され、フォレストの境界を越えたときにメモリをリークします。

  • サイトの障害ドメインを無視する仮想マシン (VM) 負荷分散機能に関する問題を修正します。

  • インターネット印刷プロトコル (IPP) を使用したプリンターの正常なインストールを妨げる可能性がある既知の問題に対応します。

  • ネットワーク インターフェイス コントローラー (NIC) の切断と再接続のシナリオに影響し、NIC が失敗した状態を維持する可能性がある問題に対応します。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows 10 サービス スタック更新プログラム - 19041.1310、19042.1310、および 19043.1310

  • この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上します。 サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることで、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを利用し、デバイスで Microsoft の更新プログラムを受信し、インストールできるようになります。

この更新プログラムに関する既知の問題

現象

回避策

カスタム オフライン メディアWindowsカスタム ISO イメージから作成された Windows インストールを 使用しているデバイスでは、この更新プログラムによって Microsoft Edge 従来版 が削除されている可能性がありますが、新しい MICROSOFT EDGE に自動的に置き換えはされません。 この問題は、2021 年 3 月 29 日以降にリリースされたスタンドアロン サービス スタック更新プログラム (SSU) を最初にインストールせずに、この更新プログラムをイメージに滑り込み、カスタム オフライン メディアまたは ISO イメージが作成された場合にのみ発生します。

更新プログラムを受信するために Windowsに直接接続するデバイスは影響を受け取る必要があります。 これには、Windows Update for Business を使用するデバイスが含まれます。 Windows Update に接続しているすべてのデバイスは、追加の手順なしで常に SSU の最新バージョンと最新の累積的な更新プログラム (LCU) を受け取る必要があります。

この問題を回避するには、LCU を滑り流す前に、2021 年 3 月 29 日以降にリリースされた SSU をカスタム オフライン メディアまたは ISO イメージにまず滑り込む必要があります。 これを行うには、Windows 10 バージョン 20H2 および Windows 10 バージョン 2004 で使用される SSU パッケージと LCU パッケージを組み合わせて使用するには、結合されたパッケージから SSU を抽出する必要があります。 次の手順を使用して、SSU を使用して を抽出します。

  1. このコマンド ライン (例として KB5000842 のパッケージを使用) を使用して msu からタクシーを抽出します。[Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <destination path>

  2. 次のコマンド ラインを使用して、前に抽出したタクシーから SSU を抽出します。次のコマンド ラインを使用して 、/f:* Windows10.0-KB5000842-x64.cab/f:* <展開>

  3. その後、SSU タクシーが作成されます。この例では、 という名前SSU-19041.903-x64.cab。 このファイルをまずオフライン イメージに、次に LCU にストリームします。

影響を受けるカスタム メディアを使用して OS をインストールしてこの問題が既に発生している場合は、新しいカスタム メディア を直接インストールして軽減Microsoft Edge。 一般企業向け新しいMicrosoft Edge展開する必要がある場合は、「一般企業向け Microsoft Edgeをダウンロードしてデプロイする」を参照してください。

2021 年 6 月 21 日(KB5003690)更新プログラムをインストールした後、一部のデバイスでは、2021 年 7 月 6 日(KB5004945)以降の更新プログラムなど、新しい更新プログラムをインストールできません。 エラー メッセージ "PSFX_E_MATCHING_BINARY_MISSING" が表示されます。

詳細と回避策については 、KB5005322 を参照してください。

この更新プログラムをインストールした後、リモート デスクトップを使用して信頼されていないドメイン内のデバイスに接続すると、スマート カード認証を使用するときに接続の認証に失敗する可能性があります。 「資格情報が機能しなかった。」 というメッセージが表示される場合があります。 [デバイス名] への接続に使用された資格情報が機能しません。 新しい資格情報を入力してください。"ログイン試行に失敗しました" と赤色で表示されます。

この問題は、既知の問題のロールバック (KIR) を使用して解決されています。 解決が管理されていない個人用デバイスや非管理対象のビジネス デバイスに自動的に反映されるには、最大 24 時間かかる場合があります。 デバイスを再起動Windows、より速くデバイスに解決が適用される場合があります。 影響を受ける更新プログラムをインストールし、この問題が発生したエンタープライズ管理デバイスの場合は、以下にリンクされている特別なグループ ポリシーをインストールして構成することで解決できます。 特別なグループ ポリシーを構成した後、デバイスを再起動する必要があります。 ヘルプについては、「グループ ポリシーを 使用して既知の問題のロールバックをデプロイする方法」を参照してください。 グループ ポリシーの使用に関する一般的な情報については、「グループ ポリシーの概要 」を参照してください

グループ ポリシーのインストール ファイル:

重要 ご使用のバージョンのグループ ポリシーを使用していることを確認Windows。

この更新プログラムをインストールしたWindows、印刷サーバー上で共有されているリモート プリンターに接続するときに、Windowsが発生する可能性があります。

  • 0x000006e4 (RPC_S_CANNOT_SUPPORT)

  • 0x0000007c (ERROR_INVALID_LEVEL)

  • 0x00000709 (ERROR_INVALID_PRINTER_NAME)

この問題で説明されているプリンター接続の問題は、印刷サーバーに固有であり、自宅使用用に設計されたデバイスでは一般的に観察されません。 この問題の影響を受ける印刷環境は、企業や組織でよく見受け取ります。

この問題は KB5007253 で解決されます

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) を最新の累積更新プログラム (LCU) と組み合わせて提供するようになりました。 SSU の一般的な情報については、「 サービススタックの更新プログラムとサービス スタック更新プログラム (SSU): よく寄せられる質問」を参照してください

前提条件:

WSUS Windows Server Update Services、または Microsoft Update Catalog からスタンドアロン パッケージをインストールする場合:

デバイスに 2021 年 5 月 11 日更新プログラム(KB5003173)以降の LCU がインストールされていない場合は、2021 年 8 月 10 日 SSU(KB5005260)の特別なスタンドアロンをインストールする必要があります。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update または Microsoft Update

[セキュリティ更新設定> 更新& 更新プログラム] > Windows移動します。 [利用可能なオプションの更新プログラム] 領域に、更新プログラムをダウンロードしてインストールするリンクが表示されます。

ビジネス向け更新プログラム

いいえ

ありません。 これらの変更は、このチャネルの次のセキュリティ更新プログラムに含まれます。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスしてください。

Windows Server Update Services (WSUS)

いいえ

この更新プログラムは、WSUS に手動でインポートできます。 手順については、Microsoft Update カタログを参照してください。

LCU を削除したい場合

結合された SSU パッケージと LCU パッケージをインストールした後に LCU を削除するには、引数として LCU パッケージ名を指定して DISM/Remove-Package コマンド ライン オプションを使用します。 パッケージ名を調べるには、次のコマンドを使用します。DISM /online /get-packages

結合WindowsにSSU が含まれているため、結合されたパッケージで/uninstallスイッチを使用してスタンドアロン インストーラー (wusa.exe)を更新する操作は機能しません。 インストール後に SSU をシステムから削除することはできません。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 の累積的な更新プログラムのファイル情報を5006738。  

サービス スタック更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、SSU バージョン 19041.1310、19042.1310、および 19043.1310のファイル情報をダウンロードします。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×