目次
×

NEW 11/9/2021
大事な祝日と今後の西日本の新年の間は最小限の操作のため、2021 年 12 月のプレビュー リリース ("C" リリースと呼ばれる) は行えません。 2021 年 12 月には、月次セキュリティ リリース ("B" リリースと呼ばれる) が提供されます。 B リリースと C リリースの両方の通常の月次サービスは、2022 年 1 月に再開されます。 

更新プログラムの用語Windows、更新プログラムの種類と月次品質更新 Windowsの種類に関する記事を参照してください。 Windows 11 (Windows リリース) の概要については、更新履歴ページを参照してください

@WindowsUpdateして、新しいコンテンツがリリース正常性ダッシュボードに発行Windows確認します。

お使いのブラウザーはビデオをサポートしていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、または Internet Explorer 9 をインストールします。

ハイライト 

  • オペレーティング システムのセキュリティWindows更新します。    

機能強化および修正

このセキュリティ更新プログラムでは、品質が改善されました。 主な変更は、次のとおりです。 

  • 一部のユーザー インターフェイス要素をレンダリングしたり、アプリ内で描画したりするときに、特定のアプリで予期しない結果が発生する可能性がある問題を修正します。 この問題は、GDI+ を使用し、1 インチあたりのドット数 (DPI) または解像度が高いディスプレイに 0 (0) 幅のペン オブジェクトを設定するアプリ、またはアプリがスケーリングを使用している場合に発生する可能性があります。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新ガイドの Web サイト November 2021 セキュリティ更新プログラムを参照してください。

Windows 11 サービス スタック更新プログラム - 22000.280

  • この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上します。 サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることで、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを利用し、デバイスで Microsoft の更新プログラムを受信し、インストールできるようになります。

この更新プログラムに関する既知の問題

適用対象

現象

回避策

IT 管理者

この更新プログラムをインストールした後Windows、印刷サーバー上で共有されているリモート プリンターに接続するときに、印刷クライアントで次Windows可能性があります。

0x000006e4 (RPC_S_CANNOT_SUPPORT)

0x0000007c (ERROR_INVALID_LEVEL)

0x00000709 (ERROR_INVALID_PRINTER_NAME)

この問題で説明されているプリンター接続の問題は、印刷サーバーに固有であり、自宅使用用に設計されたデバイスでは一般的に観察されません。 この問題の影響を受ける印刷環境は、企業や組織でよく見受け取ります。

この問題は KB5007262 で解決されます

IT 管理者

この更新プログラムをインストールした後、Microsoft インストーラー (MSI) でアプリの修復または更新に問題が発生する可能性があります。 影響を受ける可能性が知られているアプリには、Kaspersky の一部のアプリ が含まれます。 更新または修復が試行された後、影響を受けるアプリが開かない場合があります。

この問題は KB5007262 で解決されます

すべてのユーザー

Windows 11 をインストールした後、一部の画像編集プログラムは、特定のハイ ダイナミック レンジ (HDR) ディスプレイで色を正しくレンダリングしない場合があります。 これは、明るい黄色または他の色で表示される可能性のある白色で頻繁に観察されます。

この問題は、特定のカラー レンダリング Win32 API が特定の条件下で予期しない情報またはエラーを返す場合に発生します。 すべてのカラー プロファイル管理プログラムが影響を受けるわけではなく、Microsoft カラー コントロール パネルを含む Windows 11 の [設定] ページで使用できるカラー プロファイル オプションが正しく機能することが期待されます。

この問題は KB5008353 で解決されています。

すべてのユーザー

Microsoft Outlook デスクトップ アプリケーションの検索結果に最近のメールが表示されない可能性があります。 この問題は、PST または OST ファイルにローカルに保存されているメールに関連しています。 POP アカウントと IMAP アカウント、および Microsoft Exchange と Microsoft 365でホストされているアカウントに影響を与える可能性があります。 Microsoft Outlook アプリの既定の検索がサーバー検索に設定されている場合、問題は高度な検索にのみ影響します。

この問題は KB5010386 で解決されています。

すべてのユーザー

OneDrive や OneDrive for Business などの再解析データを含むフォルダーを持つアプリで Windows デバイスをリセットしようとした場合に “すべてを削除” オプションを選択しても、OneDrive からローカルにダウンロードまたは同期したファイルが削除されない場合があります。 この問題は、Windows 内で開始されたマニュアル リセット、またはリモート リセットを試行した場合に発生する可能性があります。 リモート リセットは、モバイル デバイス管理 (MDM) の他に、Microsoft Intune やサードパーティ ツールなどのその他の管理アプリケーションから開始する場合があります。 OneDrive ファイルはローカルにダウンロードまたは同期されないため、”クラウドのみ” またはデバイスでダウンロードされていないか開いていないファイルが影響を受けることはなく、保持されません。

メモ 一部のデバイス メーカーやドキュメントでは、こデバイスをリセットする機能を "PC のリカバリー"、"PBR"、"この PC を初期状態に戻す"、"PC を初期状態に戻す"、または "新たに開始" と呼ぶ場合があります。

この問題は、KB5011493 で対処されました。 一部のデバイスでは、KB5011493 のインストールからこの問題に完全に対処し、リセット後にファイルが保持されないようにするまで最大 7 日かかる場合があります。 即時の効果を得る場合は、[Windows Update トラブルシューティング ツール]の手順を使用して、Windows Update トラブルシューティング ツールを手動でトリガーできます。 デバイスまたはデプロイ用に準備された OS イメージを管理する組織の一部である場合、Windows をインストールして回復するための互換性更新プログラムを適用することで、この問題に対処することもできます。 これにより、Windows 回復環境 (WinRE) の更新に使用される "安全なオペレーティング システム" (SafeOS) が改善されます。 これらの更新プログラムは、Windows 11 (オリジナル リリース) 向けの KB5012414 を使って「Windows RE に更新プログラム パッケージを追加する」の手順に従ってデプロイできます。

重要 デバイスが既にリセットされていて、OneDrive ファイルが保持されている場合は、上記の回避策を使用するか、上記のいずれかの回避策を適用した後にもう一度リセットを実行する必要があります。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、オペレーティング システムの最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) と、最新の累積的な更新プログラム (LCU) を組み合わせたものになります。 SSU の一般的な情報については、「 サービス スタックの更新プログラムとサービス スタック更新プログラム (SSU): よく寄せられる質問」を参照してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update および Microsoft Update

はい

ありません。 この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。

ビジネス向け更新プログラム

はい

ありません。 この更新プログラムは、構成済みのポリシーに従Windows更新プログラムから自動的にダウンロードおよびインストールされます。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスしてください。

Windows Server Update Services (WSUS)

はい

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期します。

製品: Windows 11

分類:セキュリティ更新プログラム

LCU を削除したい場合

結合された SSU パッケージと LCU パッケージをインストールした後に LCU を削除するには、引数として LCU パッケージ名を指定して DISM/Remove-Package コマンド ライン オプションを使用します。 パッケージ名を調べるには、次のコマンドを使用します。DISM /online /get-packages

結合Windowsパッケージに SSU が含まれているため、結合されたパッケージで /uninstall スイッチを使用してスタンドアロン インストーラー (wusa.exe) を更新する操作は機能しません。 インストール後に SSU をシステムから削除することはできません。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラムのファイル情報をダウンロード5007215。 

サービス スタックの更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、SSU - バージョン 22000.280 のファイル情報をダウンロードしてください。  

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×