関連トピック
×
You have multiple accounts
Choose the account you want to sign in with.

リリース日:

2022/02/15

バージョン:

OS ビルド 22000.527

Windows update の用語については、Windows update の種類毎月の品質更新プログラムの種類についての記事をご覧ください。 Windows 11 (オリジナル リリース) の概要については、その更新履歴ページをご覧ください。

新しいコンテンツが Windows リリース正常性ダッシュボードに公開される時期を確認するには、@WindowsUpdate をフォローしてください。

ハイライト 

  • 最新情報! Microsoft Edge の Internet Explorer モードと Microsoft Edge の間で、Cookie を共有する機能を提供します。 

  • 最新情報! 他のモニターをデバイスに接続するときに、時計と日付を他のモニターのタスク バーに追加します。

  • 最新情報! タスク バーが中央に配置されているときに、タスク バーの左側に天気予報コンテンツを追加します。 天気にカーソルを合わせると、ウィジェット パネルが画面の左側に表示され、領域からカーソルを移動させると非表示になります。

  • Microsoft Edge の Internet Explorer モードのダイアログ ボックスに影響する問題を更新します。

  • F1 キーを押したときに、Microsoft Edge の Internet Explorer モードが動作しなくなる問題を更新します。

  • エクスプローラーのコマンド メニューとエクスプローラーのコンテキスト メニューに右から左 (RTL) の言語テキストを左構えで表示する問題を更新します。

  • 管理者ではないユーザーに対して、設定のタイム ゾーン リストが空白に表示される可能性がある問題を更新します。

  • エクスプローラーのコマンド メニューとコンテキスト メニューに右から左 (RTL) の言語テキストを左構えで表示する問題を更新します。

  • バッテリー、ボリューム、Wi-Fi などの他のアイコンにカーソルを合わせると、タスク バーの空の領域に不適切なツールヒントが表示される問題を更新します。

改善点

重要: このリリースの一部の新機能を期待どおりに動作させるためには、Microsoft Store の Windows Web エクスペリエンス パックが最新の状態である必要があります。 [アプリ設定] > [アプリ更新] 設定が有効な場合、最新版のパックが自動的にインストールされます。 また、現在の Windows Web エクスペリエンス パックを手動でインストールすることもできます。 Windows Web エクスペリエンス パックの更新と Microsoft Store からの自動更新を有効にする方法については、「Microsoft Store で Windows Web エクスペリエンス パックを更新する方法」を参照してください。

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主な変更は、次のとおりです。

  • 最新情報! Microsoft Edge の Internet Explorer モードと Microsoft Edge の間で、Cookie を共有する機能を提供します。

  • 最新情報! ブラウザーの [スタート] メニューの推奨セクションにある Microsoft Office ファイルを開きます。 この現象は、デバイスに適切な Microsoft Office ライセンスがなく、ファイルが Microsoft OneDrive または Microsoft SharePoint に保存されている場合に発生します。 ライセンスがある場合、ファイルは代わりにデスクトップ アプリで開かれます。

  • 最新情報! 他のモニターをデバイスに接続するときに、時計と日付を他のモニターのタスク バーに追加します。

  • 最新情報!  タスク バーが中央に配置されているときに、タスク バーの左側に天気予報コンテンツを追加します。 天気にカーソルを合わせると、ウィジェット パネルが画面の左側に表示され、領域からカーソルを移動させると非表示になります。

  • 最新情報! タスクバーから開いているアプリケーション ウィンドウを Microsoft Teams 通話に直接すばやく共有する機能を追加しました。

  • 最新情報! 不揮発性メモリ (NVMe) 名前空間のホット アドおよび削除のサポートを追加しました。

  • 最新情報!  タスクバーから Microsoft Teams 通話を瞬時にミュート/ミュート解除する機能を追加しました。 通話中、タスクバーにアクティブなマイク アイコンが表示されるため、Microsoft Teams 通話ウィンドウに戻らなくても、簡単に音声をミュートできます。

  • 特定のクラウド コンピューティングの仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) を使用して Windows Server 2016 をターミナル サーバーとして実行する場合に発生する問題に対処します。 その結果、一定期間実行した後、ランダムにサーバーが応答しなくなります。 また、デッドロックを回避するために rpcss.exe の CSharedLock が正しく設定されているかどうかを積極的に確認する回帰にも対処します。

  • 管理者ではないユーザーに対して、設定のタイム ゾーン リストが空白に表示される可能性がある問題に対処します。

  • Windows 検索サービスに影響し、近接演算子を使用してクエリを入力した場合に発生する問題に対処します。

  • タスク マネージャーでスタートアップの影響値が表示されない問題に対処します。

  • iexplore.exe が Microsoft Edge Internet Explorer モード コンテキストで実行される場合に、ShellWindows() Internet Explorer オブジェクトを返さない問題に対処します。

  • Microsoft Edge の Internet Explorer モードのダイアログ ボックスに影響する問題に対処します。

  • F1 キーを押したときに、Microsoft Edge の Internet Explorer モードが動作しなくなる問題に対処します。

  • 動的データ交換 (DDE) オブジェクトのクリーンアップが不適切になる問題に対処します。 これにより、セッションが切断され、セッションが応答を停止するのを防ぐことができます。

  • 一部の低整合性プロセス アプリで印刷が正常に動作しない問題に対応します。

  • Windows Hello for Business Cloud Trust のサポートを導入します。 これは、Windows Hello for Business のハイブリッド展開のための新しい展開モデルです。 Fast IDentity Online (FIDO) セキュリティ キーのオンプレミス シングル サインオン (SSO) をサポートするのと同じ技術と展開手順を使用しています。 クラウド トラストは、Windows の展開に必要な公開鍵基盤 (PKI) の要件を取り除き、Windows Hello for Business の導入を簡略化します。

  • ドライバーが Hypervisor-protected Code Integrity (HVCI) を保護されている場合に、ドライバのアンロードとリロードができない問題に対処します。

  • Silent BitLocker 有効化ポリシーに影響し、意図せずトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) プロテクターを追加してしまう可能性がある問題に対処します。

  • ターミナル サーバー セッションにクライアントのローカル ドライブをマウントするためのリモート デスクトップ アプリの使用に影響する信頼性の問題に対処します。

  • エクスプローラーのコマンド メニューとコンテキスト メニューに右から左 (RTL) の言語テキストを左構えで表示する問題に対処します。

  • Windows Management Instrumentation (WMI) ブリッジを使用して LanguagePackManagement 構成サービス プロバイダー (CSP) に到達できない問題に対処します。

  • サインイン時にリモート デスクトップ セッションのキーボードとリモート デスクトップ プロトコル (RDP) クライアントが一致しない問題に対処します。

  • バッテリー、ボリューム、Wi-Fi などの他のアイコンにカーソルを合わせると、タスク バーの空の領域に不適切なツールヒントが表示される問題に対処します。

  • サービス プリンシパル名 (SPN) エイリアス (www/contoso など) を書き込もうとして、HOST/NAME が別のオブジェクトに既に存在する場合に発生する問題を修正します。 衝突しているオブジェクトの SPN 属性に対するRIGHT_DS_WRITE_PROPERTYを持っている場合は、アクセス拒否”エラーを“受け取ります。

  • OS を再起動してサインインすると、ネットワーク ドライブ上のオフライン ファイルが切断される問題に対処します。 この問題は、ネットワーク ドライブに分散ファイル システム (DFS) パスがマップされている場合に発生します。

  • ネットワーク ドライブをマウントする場合に、認証ダイアログが 2 回表示される問題に対処します。

  • マルチスレッドの GDI タスクを処理する場合にレース コンディションを引き起こす可能性がある問題に対処します。 その結果、断続的にエラーが発生したり、アプリが異常終了したり、アプリやドキュメントの印刷時に文字のレンダリングに失敗したりする場合があります。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows 11 のサービス スタック更新プログラム - 22000.469

この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上します。 サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることで、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを利用し、デバイスで Microsoft の更新プログラムを受信し、インストールできるようになります。 

この更新プログラムに関する既知の問題

適用対象

現象

回避策

すべてのユーザー

OneDrive や OneDrive for Business などの再解析データを含むフォルダーを持つアプリで Windows デバイスをリセットしようとした場合に “すべてを削除” オプションを選択しても、OneDrive からローカルにダウンロードまたは同期したファイルが削除されない場合があります。 この問題は、Windows 内で開始されたマニュアル リセット、またはリモート リセットを試行した場合に発生する可能性があります。 リモート リセットは、モバイル デバイス管理 (MDM) の他に、Microsoft Intune やサードパーティ ツールなどのその他の管理アプリケーションから開始する場合があります。 OneDrive ファイルはローカルにダウンロードまたは同期されないため、”クラウドのみ” またはデバイスでダウンロードされていないか開いていないファイルが影響を受けることはなく、保持されません。

メモ 一部のデバイス メーカーやドキュメントでは、こデバイスをリセットする機能を "PC のリカバリー"、"PBR"、"この PC を初期状態に戻す"、"PC を初期状態に戻す"、または "新たに開始" と呼ぶ場合があります。

この問題は、KB5011493 で対処されました。 一部のデバイスでは、KB5011493 のインストールからこの問題に完全に対処し、リセット後にファイルが保持されないようにするまで最大 7 日かかる場合があります。 即時の効果を得る場合は、[Windows Update トラブルシューティング ツール]の手順を使用して、Windows Update トラブルシューティング ツールを手動でトリガーできます。 デバイスまたはデプロイ用に準備された OS イメージを管理する組織の一部である場合、Windows をインストールして回復するための互換性更新プログラムを適用することで、この問題に対処することもできます。 これにより、Windows 回復環境 (WinRE) の更新に使用される "安全なオペレーティング システム" (SafeOS) が改善されます。 これらの更新プログラムは、Windows 11 (オリジナル リリース) 向けの KB5012414 を使って「Windows RE に更新プログラム パッケージを追加する」の手順に従ってデプロイできます。

重要 デバイスが既にリセットされていて、OneDrive ファイルが保持されている場合は、上記の回避策を使用するか、上記のいずれかの回避策を適用した後にもう一度リセットを実行する必要があります。

IT 管理者

影響を受けるバージョンの Windows に 2022 年 1 月 11 日以降にリリースされた Windows 更新プログラムをインストールした後、コントロール パネルでバックアップと復元 (Windows 7) アプリを使用して作成された回復ディスク (CD または DVD) が起動できない場合があります。

2022 年 1 月 11 日より前にリリースされた Windows 更新プログラムがインストールされているデバイス上のバックアップと復元 (Windows 7) アプリを使用して作成された回復ディスクは、この問題の影響を受けず、想定どおりに起動します。

注意現在、この問題の影響を受けることがわかっているサード パーティのバックアップ アプリまたは回復アプリはありません

この問題は KB5014019 で解決されています。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) を最新の累積更新プログラム (LCU) と組み合わせて提供されます。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」 と 「サービス スタック更新プログラム (SSU): よく寄せられる質問」 を参照してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update または Microsoft Update

はい

[設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] に移動します。 [利用可能なオプションの更新プログラム] 領域に、更新プログラムをダウンロードしてインストールするためのリンクがあります。

ビジネス向け更新プログラム

いいえ

ありません。 これらの変更は、このチャネルに対する次回のセキュリティ更新プログラムに含まれる予定です。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、「Microsoft Update カタログ」Web サイトに移動してください。

Windows Server Update Services (WSUS)

いいえ

この更新プログラムは WSUS に手動でインポートできます。 手順については、「Microsoft Update カタログ」を参照してください。

LCU を削除したい場合

SSU と LCU の統合パッケージをインストールした後に LCU を削除するには、DISM/Remove-Package コマンド ライン オプションに LCU パッケージ名を引数として指定します。 パッケージ名を調べるには、次のコマンドを使用します。DISM /online /get-packages

複合パッケージの /uninstall スイッチを使用して Windows Update スタンドアロン インストーラー (wusa.exe) を実行しても、複合パッケージに SSU が含まれているため動作しません。 インストール後に SSU をシステムから削除することはできません。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、「更新プログラム 5010414 のファイル情報」をダウンロードしてください。 

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、SSU のファイル情報 - バージョン 22000.469 をダウンロードしてください。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×